バリキャリ 美里

≪バリキャリ美里の出会い塾≫アウトドアデートの欠点を知る!

皆さんこんにちは。出会いを求めて日々婚活、努力を惜しまないOL美里です!今回のお題は「アウトドアデート」について。いつもと違ったデートを楽しむのは素敵なことだけど、実はアウトドアデートには危険もいっぱい。男性陣には、なにかと気遣いをしてもらわないと女性は楽しめなかったりするの。そこで、今日はアウトドアデートの欠点をチェックしていきましょう。それでは、開講~!

 

■季節によって温度の上下が厳しいことをチェック

アウトドアデートにも、季節によって様々な違いが出てきますよね。春だとハイキングといったように軽めにアウトドア感を楽しめますし、冬だとスキーやスケートといった本格的に楽しむことが出来ますね。そこで、季節毎には朝と晩でかなり温度に差が出ることを覚えておきましょう。女性は男性以上に寒がりな人が多く、体調を崩してしまいがち。寒い時期に外でなにかしらの遊びをしようと思っていた場合は、時間帯にも気を遣って、女性の負担感が増さないようにしてあげるのが良いでしょう。

「寒い時期に、日の出を見ようと誘われて…自分なりに防寒の準備はしていったけれど、それでもやっぱり寒かった。それなのに彼は薄着で、寒い寒いいう始末…。結局、わたしも寒いのに手袋を貸したりして、散々だったのを覚えています」(30代女性・公務員)

男らしさのカケラもないような対応、これだと女性はガッカリ…。むしろ、こういったタイミングは好感度アップにつなげられるようにしましょう!

「冬にスノボデートをしたときなんですけど、そこはレンタルで全身完璧になるんですよ。持って行く物も少なくていいし、車には温かい飲み物を入れた保温性の高いボトルを用意。遊び終わって帰るときに、温かい飲み物を彼女にあげて『至れり尽くせりだね!ありがとう』と言われましたよ」(20代男性・製造業)

季節によっては欲しい飲み物も温かいか冷たいか変わります。それに、準備で手間取るのも大変ですし、荷物が多くなるのも面倒ですよね。いかに女性が気軽に、そして身軽に、楽しめる環境を整えてあげるか…が重要です。

 

■服装にも気を遣って!アクティビティ選びは要注意

先ほども少し触れましたが、気温の上下や動き回った際に汗をかくといったように、服装にも気を遣う必要があるのがアウトドアデート。サプライズでアウトドアデートを考えていたときは、彼女の服装のことも考えてあげるのが大事です。男性のようにパンツスタイルが主ではないですし、足元だってスニーカーではなくパンプスやブーツなども考えられます。実際に、予想だにしていなかったようなアクティビティをしようと言われ、戸惑った経験のある女性は大勢います。

「でかけた先で、パークゴルフしようって言われて。天気は良かったし、パークゴルフは昔やったっきりで楽しめそうだと思ったけど、その日はヒールの高いパンプスだった。それに、ワンピースだったからあまり足を広げたりは出来ないし…。結局、芝生をヒールで掘ってしまってなんだか申し訳なかったし、楽しめなかった」(20代女性・公安職)

比較的穏やかそうな運動量のパークゴルフですが、それでも女性にとってみればなかなかの運動です。なにか体を動かすようなデートだと知っていれば、それに応じた服装を選ぶことだった可能ですから、男性は積極的に「こういうデート考えているんだけど行かない?」と誘ってみるようにしましょう。そうすることで、サプライズは叶わなくなってしまいますが、女性が「唐突で困るわ…」となってしまうトラブルを回避することができます!

 

■食事には期待しないように!自宅よりも高いレベルが求められます

食事に期待はしてはならない…というのも、これはキャンプやバーベキューでの食事について話すということを前置きさせてください。バンガローのように、調理器具が整った状態での調理ではなく、あくまでも簡易的な調理器具しかない環境で“彼女の手料理”を期待してはならないということです。普段家で料理している人だとしても、アウトドアな状況で食事を作るのはとても難しいです。にも関わらず、普段以上の食事を期待してはなりません。「カレーくらいなら出来るんじゃないか」と“作ってくれるはず”で用意を進めてしまうのは危険です。

「自炊していなくて、実家住まいで親に甘えてばかり。そんな中、急にキャンプ場で『カレー作ってよ』って彼に言われてビックリしました。カレーくらい作れないとダメなのかもしれないけど、出来て当たり前って感じですごく悲しかった」(20代女性・IT系勤務)

食事を作ってもらおう、限られた状況でもしっかりやってくれるはず…と勝手に期待をしてしまってはいけません。そもそもの料理が苦手な女性もいますし、調理器具がなにもない状況で料理をしろというのも酷な話です。女性の気持ちを汲んで、傷つけるような展開にならないように気を遣うのもアウトドアデートには必要な気配りといえます。

 

いかがでしたか?男性ではあまり意識しない部分でも、女性は悩んでいるということが分かっていただけたかと思います。それでは次回の講義も必ず参加してね。お楽しみに!




関連記事

  1. ≪バリキャリ美里の出会い塾≫浮気癖を直すのに必要な3つのこととは…
  2. ≪バリキャリ美里の出会い塾≫趣味ナシはNG!女子からモテる趣味と…
  3. ≪バリキャリ美里の出会い塾≫結婚を焦っているときにやりがちな失敗…
  4. ≪バリキャリ美里の出会い塾≫料理が出来るのにモテない理由とは
  5. ≪バリキャリ美里の出会い塾≫豪華なデートが無理なら、どうすべき?…
  6. ≪バリキャリ美里の出会い塾≫コンビニ大好き男…非モテな理由は?
  7. ≪バリキャリ美里の出会い塾≫趣味に多額のお金をかけていいの?
  8. ≪バリキャリ美里の出会い塾≫見た目重視過ぎる…デメリットとは?
PAGE TOP