久々野 こころ

■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■「別れました」で始められる恋愛の勝負

ある日、居酒屋で遭遇した女性が発した「別れました」の台詞。たまたまそのときに遭遇した私だったが、その出来事だけで彼女がいかに恋愛に関して器用であるかを知れた。それだけ彼女は、一言に様々な意味を含ませられる人間だと思えられた。

 

■人間観察2:居酒屋で高らかに宣言された「恋愛の開始」

彼氏いない歴688日と21時間32分……。居酒屋で居合わせた男女のグループを今でも覚えている。季節外れの寒さで熱燗が飲みたくなった、ある日のことだ。いつものように一人で飲みに出かけると、例によってカウンター席に通された。

そのすぐ後ろの席には、学生と思わしき男女のグループが楽しそうにお酒を酌み交わそうとしていた。サークル仲間か同じ学部の仲良しグループなのか、はたまた合コンのような何かなのか、そういうことに疎い私には詳細を計り知ることはできなかった。だが、私が店に入るちょうどその頃に、飲み会を開催しようとしていたことは間違いない。私が店員さんに注文を告げてぼんやりと待っている時に聞こえてきた、そのグループ内の女性による乾杯の音頭に驚いた。

女性「私事ですが先日彼氏と別れましたー!今日は飲んでスッキリしたいので、よろしくお願いしまーす!乾杯!!」

この音頭で「もしかするとこの女性の失恋を癒すために、『飲んでストレス解消しようぜ』と今回の飲み会が開催されたのかな」とも思った。この女性の高らかな「別れました宣言」によって、「新たな恋愛へのきっかけ」が幕を切って落とされたようにも感じられた。だからこそ、あの女性によるあのタイミングでのあの宣言には驚かされた。

 

□彼女が放った「別れました」の台詞に込められた意味

あの時、遭遇した飲み会でのあの女性が放った「別れました」には、文字通り「別れたという現状報告」の意味があるだろう。だが、私には「恋人がいなくて狙い時だからチャンスだよ。もしくは、身近に良い人がいたら紹介して欲しい」というニュアンスのほうが強く感じられた。

というのも、その乾杯音頭の後には彼女の周りで「良い人紹介しようか?」「あの人とかどう?」と声を掛ける同性の友人や、「大丈夫?話聞こうか?」と心配そうに近寄る男性も見受けられた。そもそもあの飲み会が開催されたのは「彼氏と別れて失恋中の彼女を励まそう」という目的だったのかもしれない。だからこそ、飲み会では彼女を中心に盛り上がっていたとも考えられる。私の勝手な想像だが。

あの飲み会に参加していた男女のグループの中には、「彼女に気があるものの、恋人が既に存在するから片想いすら願わなかった人」もいるかもしれない。あの場にいた誰かが「そういえばアイツはこの娘のことを気にしていたな」と、泣く泣く諦めた人に「彼女が最近恋人と別れたそうだよ」と伝えることだってあり得る。ただ単に「別れました」と失恋を報告したかのように見えて、実はもう次の恋愛や出会いのチャンスへと向かっているのかもしれない。

 

□「別れました宣言」をした彼女から得た教訓

これらの可能性を十二分に活かせられるあの「別れました宣言」をした彼女は、きっと恋愛が随分と上手な人間なのかもしれないと感じられた。恋愛ベタの私にはよくわからないが、世間では「片思い中の人に恋人がいる……そんな人が別れて失恋をしたときが距離を縮めるチャンス」とか「失恋のショックは新しい出会いや恋愛で打ち消そう」とか、そういう恋愛のメソッドがあるようだ。彼女の「別れました宣言」は、これらのメソッドを最大限に発揮させられるはずだから。

1つ前のコラムでは「回りくどい表現をすると相手に気持ちが伝わらないどころか、恋愛のチャンスを減らしかねないかもしれない」という旨を書いた。だが、「別れました宣言」をした彼女は「別れました」という台詞では間接的な表現を取ってはいるものの、確実に次の恋愛の一手となる意味を的確に込められている気がした。そういう言葉の使い方に関しての賢さが彼女にあるからこそ、失恋をしても慰めてくれる仲間・友人が存在するのかもしれない。

あの居酒屋では「さりげない一言だとしても、その台詞の中に的確にいろんな意味合いを込められたりさりげなくアピールしたりできる人こそ、恋愛を器用に進められるのかもしれない」と痛感させられたものだ。人付き合いが良さそうで仲間や友人に恵まれている彼女には、きっとまた良い男性との出会いや恋愛が待っているだろう。赤の他人である私がそう思えられるほど、たまたま遭遇したあの場面だけで彼女からは聡明さを伺い知ることができた。

彼女は私とは全くコミュニティに存在しているから、恋愛でのライバルになることはないだろう。しかし、これから先で知る人間が彼女のようなタイプではないとは言い切れない。だとすると、彼女のような言葉使いでの絶妙な聡明さを身につけることこそ、恋愛や出会いの場で一歩先んじる秘訣になり得るのかもしれない。




関連記事

  1. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■礼儀やマナーを嫌がる人がいるけれど
  2. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■何気ない配慮に幸せを感じる関係性よ
  3. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■「あの人よりもマシ」とは思いたくない…
  4. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■「異性として見ていない」と言わずとも…
  5. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■恋愛での善意と押し付けは表裏一体
  6. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■復活愛では相手に変化を求めるのではな…
  7. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■俺色に染まれよと言う男とドン引きする…
  8. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■他人の趣味を否定しない人のおおらかさ…
PAGE TOP