久々野 こころ

■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■何気ない配慮に幸せを感じる関係性よ

たまたま「お喋りな彼女と寡黙な彼氏」という組み合わせのカップルと遭遇した。そのカップルの2人は、互いに理解し合えているからこその幸せそうな雰囲気を出していた。私はそのカップルから「こうした恋人関係で幸せを噛み締めたい」と痛感させられた。

 

■人間観察13:お喋りな彼女と寡黙な彼氏

彼氏いない歴765日と17時間29分……。出かけた先で遭遇したカップルが羨ましくてたまらなかった。そのカップルは寡黙でクールな彼氏とお喋りな彼女という一見不釣り合いな組み合わせでありながら、大変幸せそうだったからだ。

休日の日中出かけるとデートを楽しんでいると思しき数多くのカップルとすれ違う。お喋りな彼女と寡黙な彼氏のカップルは、そのうちの1組だった。一際目を引いたのは「ノンストップで彼氏に一方的に話しかける彼女」と「彼女のマシンガントークにたまに返事をする寡黙な彼氏」という組み合わせだったからかもしれない。

彼女の止まらないお話にうんざりしているかと思いきや、クールで感情が表情に出ていなかった。それが当たり前だと受け入れたうえで、むしろ「こんなふうに楽しく話しかけてくれるのが良い」と思っていそうな雰囲気を出していたようにも思う。それに、その彼氏は彼女分の荷物を飄々と持っていたし、車とすれ違う際にはそっと彼女から身を守るように車道側を率先して歩いていた。

 

□互いに互いの違う部分を受け入れているからこその

あの寡黙な彼氏はその性格からお喋りな彼女ほど口数が多くなく、彼女の話はたまに返事をする程度なのだろう。しかし、お喋りな彼女もその彼氏の性格を受け入れているからこそ、寡黙な彼氏に対して「その返事は冷たくない?」「ほとんどスルーするよね」という態度にならずに楽しくお喋りを続けているのかもしれない。

また、寡黙な彼氏もそんな彼女の一面を受け入れているがゆえに嫌な顔をしていないように感じられた。ひょっとしたら彼女は彼女で彼氏の「話を遮らずに聞いてくれるところ」が好きで、彼氏は彼女の「楽しそうに話しかけてくるところ」が好きだということも考えられる。2人が互いに「寡黙でクール」「お喋りで明るい」といった互いの違う部分を受け入れ合っている部分に私は惹かれた。

人との会話が苦手な私だから、出会った誰かと仲良くなるまでに時間がかかってしまう。それに「無理をして話さないといけないのでは」「気を遣って話してくれている」と普通の人なら気にかけないであろうことが気になって仕方がないから、どうしても会話がたどたどしくなってしまう。こんな私からすると、互いの言葉でのコミュニケーションについて理解し合えているあのカップルたちがとても羨ましい。会話が苦手な私だから余計そう感じるのだろう。私の場合にはたどたどしい会話をまどろっこしく感じず、補ってくれるような返事でサポートしてくれるようなそんな人との出会いから恋愛そして恋人関係へと発展したいものだ。

 

□寡黙な代わりに愛情を行動で伝える彼氏を見て

また、寡黙な彼氏は口数が少ない代わりだろうか、自身の行動で彼女に愛情を伝えているように感じた。あの時、私が目撃したのはそんな行動のほんの一部で、「ソファでいつの間にか寝ている彼女に毛布をかける」「彼女の好きなものを見つけると買って買える」そんなことを日常生活の中で数多く行っていそうだった。

それに、その時々の動作をする際に、黙ってスッと紳士的な行動に移せられるのは、彼女のことを愛している・大切に思っているからだろう。あの彼氏のことを私は何も知らないが、「寡黙でクールでありながら、彼女のことを想った配慮はきちんと行う」というその情報だけで「なんて素敵な良い人なんだ」と感じてしまった。

そのような配慮もまた、あの彼女にはたまらなく好きだと思えるポイントだろう。たまたまその場に遭遇した私でさえ、「何気ない配慮を普通にしてくれる恋人」が羨ましくて仕方がないのだから。本当になんて羨ましい関係性なのか。私も何気ない配慮から「普段はあまり話さないけれど、ちゃんと私のことを大切に思ってくれているんだ」と幸せを噛み締めたいものだ。

一見真逆のタイプにも思える、あの「寡黙な彼氏とお喋りな彼女」のあの2人は、互いに全く違うタイプの人間だからこそ出会いを経て惹かれ合い交際に至ったのだろうか。口下手な私も私とは逆と言える「私の言うことを汲み取り上手にフォローしてくれる、そんな包容力とコミュニケーション能力のある男性」と出会いたい。しかし、どうすればそんな男性と出会えるのだろうか、それが私にはわからない。いざ出会ったとしても口下手な私からはアプローチをすることなど到底無理だろうし、相手から何らかのアクションをしてもらえるような要素を磨く必要があるに違いない。




関連記事

  1. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■他人の趣味を否定しない人のおおらかさ…
  2. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■理想は時に相手を断る理由になる
  3. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■人間観察による恋愛への思わぬ副作用
  4. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■自慢は何のモテアピールにもならない
  5. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■ いつだって1人だという勇気を胸に
  6. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■やはり女は愛嬌が最強の武器なのか
  7. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■別れた理由に相手を挙げたとしても
  8. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■礼儀やマナーを嫌がる人がいるけれど
PAGE TOP