久々野 こころ

■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■恋愛で楽しさは必要かもしれないけれど

「恋愛では楽しさを最優先したい」と自身の恋愛観を語る女性と遭遇した。確かにどのような関係でも楽しさがあるほうが良いに決っているし、その女性の言うことも一理ある。しかし、彼女の恋愛観にはどうしても疑問が残ってしまう。

 

■人間観察34:ある女性が語っていた彼女自身の恋愛観は

彼氏いない歴972日と7時間17分……。私が勝手に人間観察をしているに過ぎないのだが、世の中には様々な恋愛観を持つ人がいるものだと日々痛感させられる。彼ら彼女らは自身の持つ恋愛観を最大限に出会いや恋愛のチャンスに反映させ、理想の恋愛や交際に繫げられているのだと思わせられる。今回のエピソードもある日遭遇した女性が語っていた恋愛観に関するものだ。

いつものように「お一人様」をしている私のすぐ近くに女性2人組がトークを楽しんでいた。彼女たちの普段の姿は知らないが、お酒が進んでいるからかかなり饒舌になっていた印象だった。会話の内容から判断するに、彼女たちは彼氏がいないもの同士だからこそ何の気兼ねもなく楽しんでいるようだった。

女性2人組は互いの恋愛観を語り合い、それぞれに対して「わかる」「本当にそれが大事よね」と頷き合っていた。私はそのうち1人の女性の恋愛観が特に記憶に残っている。彼女の恋愛観はこうだ、「恋愛でも楽しいのが1番だから、何事も一緒にエンジョイできる人と付き合いたい。恋愛は楽しいのが1番だし、やっぱり恋愛とか恋人とかの条件では楽しさを最優先したいよね」。

彼女の意見が記憶に残っているのは、「確かに恋愛では楽しいことも大切だろう」と思うと同時に、「果たして本当にそうだろうか」というモヤモヤとした疑問が消化しきれなかったからだ。

 

□「何よりも楽しさを最優先する」から感じた不安と疑問

恋愛や交際では、喧嘩がなく楽しいのがもちろん1番だろう。誰しもが進んで好きな恋人のことを傷つけたり、その恋人と諍いを起こしてストレスなり不満なりを募らせたりしたくないだろう。できることならいつまでも幸せで楽しい関係を維持したいはずだ。恋愛経験が乏しい私でさえも「喧嘩やトラブルがなく、幸せで楽しい交際が理想の恋人関係なのかもしれない」と感じるのだから。

しかし、あの日あの女性が口にしていた「恋愛では何よりも楽しさを最優先したい」という恋愛観や、そうした楽しさを最優先にした恋愛や交際はどうしても怖く感じられてならないのだ。いや、勝手に彼女の恋愛観を耳にして勝手に不安になってしまっただけで、あの恋愛観を口にしていた彼女さえそれで良ければ、私には何の影響も無ければ何の問題も無いのだが。確かに、恋人関係だけでなくどのような人間関係でも楽しい状態が続くのが1番だろう。しかし、楽しいだけでは恋愛や交際はうまくいかないはずだ。

時と場合によってはまじめに話し合わないといけないこともあるだろうし、互いが持つ意見を喧嘩という形で衝突させて妥協なり理解なりする必要も出てくるはずだ。楽しさを最優先するという恋愛観は、時にそうした場面で「楽しさが最優先だから、真面目に話し合ったり喧嘩したりするのは理想に反するから避けたい」と考えることにもならないのか?と考えてしまう。極論なのかもしれないが。

 

□楽しさだけでないメリハリのある関係を

「恋愛で楽しさを最優先する=楽しさの妨げになり得る、すべき場面での真面目な話し合いや意見の衝突をあえて避ける」だとするならば、恋人関係の維持は難しいのではないか。そうした場面は今後の関係にも大きく関わるある種の分岐点とも言えるだろうし、そんな時にヘラヘラして真面目に話し合えないのは今後も恋人関係を維持していくことを考えると致命的だろうから。

もちろん、価値観や考え方がまるっきり同じ人と出会い、その人と恋人として結ばれたのなら恋人としてぶつかることは本当に少ないだろう。しかし、そうした人間と出会えることはまず無いはずだ。もしもそんな人と出会えたのなら、もう奇跡としか言えないだろう。奇跡とも思える確率に賭けるのは、非現実的と思えてならない。

それならばどんな相手であれ、出会いから好意を抱き恋人として付き合っていく人に対しては……きちんと話し合ったり時には喧嘩をしたりして互いに歩み寄ろうとする姿勢があったほうが良いはずだ。むしろ「楽しさばかりを優先するばかりで、時に必要な話し合いや喧嘩を避ける」というのは、恋人関係のみならず知人友人など様々な人間関係の維持でも何らかの支障をきたしそうだ。真面目な場面で「楽しければそれで良いから」という態度を取られると、私ならその相手との今後の関係を考えるだろう。

確かに楽しさは恋人関係や恋愛のみならず様々な場面で必要だろう。しかし、全ての場面で楽しさを最優先するのではなく、楽しいときには楽しく&真面目なときは真面目にというメリハリがあってほしいものだ。こういうメリハリがあれば信頼関係もきちんと築けるだろうし、楽しさもさらに楽しいものになるはずだから。




関連記事

  1. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■人間観察による恋愛への思わぬ副作用
  2. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■モテる人だからこその悩みに震えた
  3. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■恋愛漫画でのライバル的存在が羨ましい…
  4. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■恋愛での善意と押し付けは表裏一体
  5. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■他人の趣味を否定しない人のおおらかさ…
  6. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■異性に共感されることも魅力の1つ?
  7. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■復活愛では相手に変化を求めるのではな…
  8. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■出会いはそれに困らない人に集まる事実…
PAGE TOP