久々野 こころ

■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■独身の同性が恋愛を遠ざける?

ある日、カフェで女子会に盛り上がっている女性グループと遭遇した。彼女たちの会話の内容はほとんどが「彼氏が欲しい」といったものだった。楽しそうな彼女たちが羨ましく感じたと同時に、いろいろなことを考えてしまった。

 

■人間観察7:彼氏がいないと嘆き合う女性グループ

彼氏いない歴723日と13時間11分……。いつのことだっただろうか。私が珍しくスイーツを食べたくなって近くで人気のカフェに行った時のことだっただろうか。いつでもどこでも大抵はお一人様をキメる私にとって、カウンター席が無いスイーツが売りのカフェというのは「1人なのに2人席に座ってしまって申し訳ない」という気持ちに襲われるものだ。その日も向かい合ったふかふかのソファ席に通された。

ちょうど向かいのほうの大人数用ソファ席に5人ほどの女性達が楽しそうに会話していた。のんびりとくつろげるカフェでスイーツを楽しみられるお店なのだ、女子会にはもってこいだろう。注文の品を待つ間、華やかな彼女達の会話になんとなく耳を傾けていた。

「彼氏欲しいよね」
「わかる、まじ彼氏欲しい」
「でもこうして集まるのも楽しいから彼氏はいらないかも」
「でもやっぱり彼氏がいないと寂しいよね」
「良い人いないかな?」
「彼氏欲しいね」
「ほんとそれ」
「私達もいつか彼氏できるって、頑張ろ?」

どうやら彼氏がいないことが共通している友人よ集まりのようだった。とりとめのない話をしているかと思いきや、自分達の「彼氏欲しい」という願望を全面的に出し合いながらそれに同意し合っていた。彼氏がいない現状を嘆いているようでもあった。

 

□彼女たちが羨ましいという感情と……

カフェで遭遇した「彼氏がいないことを嘆き合いながら、互いに励まし合っている女性グループ」の彼女らに対してまず抱いたのが羨ましいという感情だった。私も彼氏がいないという点では彼女らと同じだ。しかし、私の場合は友人のほとんどには大切なパートナーがいる。大切なパートナーがいる友人達にしてみれば、たとえ友人の間柄とは言え「彼氏が欲しい」「彼氏がいない」と嘆いたところで少なくとも良い気分にはさせないだろう。そんな私にとって、恋人の有無や恋愛に関しての現状を励まし合える同性の友人が複数人いるのは大変羨ましい。彼女らのような友人がいれば、たとえ恋人がおらずとも楽しく過ごしていけるだろう。

しかし、自分自身と同じような境遇にある友人と楽しく過ごせられるというのは、一長一短でもあるような気がした。赤の他人である私が「彼女らのような友人がいれば楽しいだろう」と感じたほどには彼女らの雰囲気はとても良かった。だが、その居心地の良さが「彼氏がいなくても大丈夫」という安心感に繋がってしまわないだろうか。

私は周りの友人のほとんどに大切なパートナーがいる事実をそれ以上でも以下でもなくそのまま受け止めている。だからこそ、現状に焦りを感じたり「何とかしなければいけない」と漠然とした不安をも抱いたりしている。こうした負の感情を打開できるだけの変化が今のところ皆無だからこそ、お一人様中心の生活を送っているが、私と似た境遇にある親しい友人がいればどうなっていただろうか。私のことならきっとその友人との楽しい生活に甘んじ、何らかのアクションを起こさないだろう、私のことなのだから。

 

□時には安心感でさえ恋愛のチャンスを逃す原因に?

加えて、彼女らはきっと「恋人がいない」という共通点で集まっている以上、恋人ができると同じように顔を合わせられるのだろうか。私がもし彼女らの友人の1人で、出会いとそれからの恋愛で彼氏ができたとしたら、あのような女子会に参加することは躊躇われる。「私達は彼氏がいないけれど、あなたは最近彼氏ができたのだから良いじゃない」というのをなんとなく感じて居心地が良いとは言えないだろうから。

かと言って、彼女らの会話の内容が新たな出会いや出会いに繋がるかと言っても、そうは感じられなかった。「彼氏が欲しい→わかる」と堂々巡りで何の解決にもなっていなさそうだったし、解決策を求めるというよりは単に現状を嘆き合うことに意味があるように思えたからだ。それだけでも十分なんらかの発散になるだろうし、それさえもできずにいる私には羨ましく感じるものだが。

それに自分と同じように彼氏がいない同性の友人から、恋愛や出会いのチャンスとなり得る人物を紹介してもらえるのだろうか。少なくとも私は紹介してもらったとしても「私と同じように彼氏がいないあの人にとって彼氏としたくない、彼氏となり得る異性としては見られない人物なのか」とどうしても考えてしまいそうだ。あの女性グループからは居心地の良さや楽しげな様子に惹かれたものの、「私以外にも恋人がいない友人がいる」という安心感や恋愛を遠ざけているのかもしれないと考えられた。恋愛や出会いを引き寄せるには、時には付き合う友人も考えないといけなさそうだ。恋人の有無に関わらずいつまでも友人でいてくれるような、そんな関係が1番健全なのかもしれない。




関連記事

  1. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■恋愛漫画でのライバル的存在が羨ましい…
  2. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■恵まれている人は恋愛への情熱が薄い?…
  3. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■恋愛で楽しさは必要かもしれないけれど…
  4. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■やはり女は愛嬌が最強の武器なのか
  5. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■恋愛での善意と押し付けは表裏一体
  6. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■人間観察による恋愛への思わぬ副作用
  7. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■他人の趣味を否定しない人のおおらかさ…
  8. ■人間観察に学ぶ恋愛イロハ■出会いはそれに困らない人に集まる事実…
PAGE TOP