霜降 どいや

《出会いに夢見るおっさん女子》不安になる暇を何かに活用していたら

恋愛に必死になっていた頃、恋愛思考に囚われていた。その影響もあって出会いや交際の度にいろんな嫌な感情が湧いてきたもんだ。疲れたり凹んだりしたくらいなら、もっと建設的な時間の使い方をしていたらと今になって思うんだよな。

 

・不純な気持ちを否定できなかった交際

恋愛に必死になっていた頃は、「恋愛をしなくちゃ」という考えに囚われていたんだよ、何回書くんだよって話だけどよ。だから恋人がいないときには「早く恋人を作らなくちゃ」「出会いや恋愛を見つけなくちゃ」と必要以上に焦っていたもんだ。だから恋人がいない間の出会いの場なんかでは、恋愛対象となりうる相手にすぐ惚れていた。もともと惚れやすい性格なのかもしれねえけど、それに加えて「早く恋人を作らなくちゃ」なんて思考が私を必死にさせて相手をより魅力的に感じていたんだろうよ。

で、出会いから恋愛に発展して、晴れて恋人関係に繋げられたら今度は「この人と別れたくない」「この人とできるだけ長く付き合っていきたい」って気持ちが現れ始めてたんだよな。付き合い始めたてだから相手への恋愛感情もアツアツだったろうよ。でも、純粋に相手への愛情だけがそう思わせていたかって言えば決してそうじゃねえんだよな。「せっかく付き合ったこの恋人と別れてしまうと、また出会いから何もかもやり直し」って損得勘定があったのは否定できねえよ、正直な話。

それに何度も失恋を繰り返して「今度こそはこの人とずっと幸せでい続けたい」って過去の二の舞はもうマジ勘弁って気持ちもあった。何度も失恋を繰り返して最終的に恋愛自体が面倒になったおっさんみたいな今があるから言わずもがなだけどよ、当時の私が恋愛や交際でどう思おうがそれらは全部うまくいかなかった。「そりゃそうだよ、恋愛思考に縛られて半ば冷静さを失って恋愛を繰り返していたんだし」って今になって思う。

 

・恋愛でのメンタル的消耗は自業自得だった

恋愛に必死になっていた頃は、悪い意味で「恋人が好きだという感情」が肥大化しすぎていたように思うんだよ。純粋に相手のことが好きだってんなら何の問題もねえよ。ただ、それと同じくらい不純な気持ちもあったんだ。過去の私はその時々の相手に惚れていたし好きだったけどよ、「せっかく付き合ったこの人と別れたくない」「彼氏がいるっていうステータスを簡単に手放したくない」っていう思いも確かにあったんだよ。それぞれの感情がグチャグチャになって一緒になった結果、必要以上に「交際相手への恋愛感情」が大きくなり過ぎていたんじゃねえのかって。

そのせいか知らねえけど、少し会えない時間が増えただけでも今後の交際について不安になったり心配したりした。今の私だけでなく一般的にも「そんな些細なことで心配になるのかよ」っていうクソしょうもねえことでも凹んだり不安に悩まされたりしたもんだ。そりゃあ当時の私は凹んだり悩んだりしてメンタル的に消耗したけどよ、もとを正せば自業自得じゃねえのかよって。結局は私自身に不純な気持ちがあったから、そのせいで相手のことも色眼鏡で見てただけじゃねえかってやっと気付けたんだ。

私自身が不純な気持ちを否定できねえ状態にあったから余計に「恋人に嫌われたくない」「恋人に別れを切り出されたくない」って相手に対する気持ちが膨らんだんじゃねえのかって。私自身の中に「純粋に相手が好きだから付き合っている」って言い切れねえ感情があったから、相手に対しても「ひょっとすると相手は本当に私のことが好きじゃなくて他に女がいるのかもしれない」って偏見があったんだろうなって。マジで自業自得だし馬鹿じゃねえのって言いたくなるよ。

 

・あの時間をほかのことに活用していたら

正直、当時の私自身を振り返ってみると、些細なことでいちいちメンタルに波立たせてんじゃねえよと思うよマジで。それこそクソほどにガキだったんだろうなって痛感する。それに、恋愛や交際での少しのことで不安になったり心配になったり、そういうふうに色んな感情を頭で巡らせられるほどの時間を持て余していて暇だったんだろうなと。

暇だったから時間に余裕があったから些細なことに目が留まるし、暇だから目に留まったことが気になり始めて止まらなくなったんだろうよ。根暗で被害妄想が激しい私のことなら。そういう暇の使い方をした結果、メンタルが無駄に消耗して今の私に至った。あの暇をもっと他のことに使っていれば、私の現状が変わっていたかもしれねえ。

たとえば今度会うときには互いに最大限に楽しめられるようなデートプランを考えたり、綺麗になったねと言われるように自分磨きをしたり……そういう「良い彼女」であり続けるための努力に活用できていれば今のような恋愛が面倒でおっさんみたいな女になるほど、失恋を繰り返さずに済んだんじゃねえのかって今更ながらに思うよ。昔の私を思い返せば思い返すほど、当時は恋愛に必死になるわりに時間の使い方や恋愛の進め方が下手だったと苦笑してしまう。今の私があるのは至極当然のことかもしれねえと思えるほどに。




関連記事

  1. 【男前女子から一言いいか?】こだわりを押し付けられる同棲が無理
  2. 【男前女子から一言いいか?】男に見せ場を作れるのが良い女?
  3. 《出会いに夢見るおっさん女子》恋愛のために外見を磨く勇気があった…
  4. 《吾輩はおっさん女子である》恋愛相談は「恋人持ち」にするのが良い…
  5. 【男前女子から一言いいか?】自分ルールにしばられて逃した恋
  6. 《吾輩はおっさん女子である》喧嘩ができる恋愛ほど長続きする
  7. 【男前女子から一言いいか?】恋愛で「追う側」になれない理由
  8. 《出会いに夢見るおっさん女子》おっさんらしさを活かした恋愛もアリ…
PAGE TOP