霜降 どいや

《出会いに夢見るおっさん女子》大切にされたいと感じる恋愛は糞食らえ

過去の恋愛を振り返るといろいろ思うことがあるんだよ。中でもその当時の恋人に対して「大切にして欲しい」と思った恋愛に関しては、今から思えば糞食らえだったなって。「この人に大切にされたい」と感じた恋愛は、今から思えば本当にクソだった。

 

・過去の恋愛の中でも己のバカさを痛感するのは

恋愛や出会いに必死になっていた昔を振り返ると、「どうしてあの頃の私はあの恋愛を早く終わらせなかったんだろう」と思うことがよくある。いや、当時の私が必死に恋愛をしていたってのは私が1番わかってるよ。でもな、「もうちょっと冷静に考えたり判断したりして選択肢を決めていれば、あの交際でのあの時間を次の恋愛や出会いの可能性に繋げられたのに」と今になって思う恋愛が多いんだよ。特に、交際中に「この人に大切にされたい」と切に願った恋愛では。

過去の恋愛では、その相手の恋人の数だけ様々な関係があった。今でも「あの人は恋人として最高だった」と感じる交際があれば、「本当に最悪の別れ方だった」と当時の記憶を消したくなるものもあった。で、その中で最近になってようやく「あの恋愛はとっとと終わらせておくべきだった」と感じられるようになったのが、さっき書いた「この人に大切にされたい」と感じていた交際なんだよな。

 

・「この人に大切にされたい」と感じた恋愛の結末

「この人に大切にされたい」と切に感じたのは、交際を進めていく中でどんどん恋人が冷たくなっていったんだよな。なんつーか倦怠期ってのもあったのかもしれねえけど、そっけない態度を取られるし次第に会話も少なくなっていくし。良く言えばツンデレってやつなのかもしれねえけど、悪く言えばぞんざいに扱われてるっつーかさ。出会って恋愛をしてそれから付き合った当初には想像できなかった変わり様だったんだよな。

相手は「彼女と彼氏の関係なんだし、昔みたいに構わなくてもいいじゃん」とか「彼女なんだからこれくらい我慢しろよ」とか、そういうつもりだったのかもしれねえ。でも、私は「彼女なんだから大切にされたい」「彼女として特別扱いされたい」と真逆の考え方だったから相手の変貌ぶりが嫌だったし、態度を元通りにして欲しいと感じた。内心では「大切にされたい」「愛情を持って接して欲しい」と思っていたけれど、最後までそれを口に出さなかった。

その要望を口に出すと面倒臭がられて嫌われると思ったし、「出会った頃や付き合いはじめの頃に、相手の本性というかどういうタイプの人間なのかをきちんと知れなかった・見抜けなかった私にも非があるから悪くは言えない」って考えもあったからだ。だから、「私をもっと大切にして欲しい」と直接口には出して言わなかったものの、「もっと大切にしてもらえる彼女になろう」と努力したんだよ。すげえ健気じゃね?当時の私。でも、最終的にはその努力は報われねえどころか状況が余計に悪いほうに向かう一方で、結果的に別れたんだけどよ。

 

・恋人に大切にされるのは当然のことなんだよな

あの恋愛、あの交際を頑張っていた私は大変健気だったよ。ただ、とっとと終わらせりゃあ良い交際をズルズル引き伸ばしたほどにはバカだった。だってよ、恋人っていう大切な存在を大事にして、尊重して付き合うのが素敵なことだしそれが当然のことじゃん。本来あるべき恋人関係の健全な姿だろ、これが。でもよ、あの恋愛では私が「この人に大切にされたい」と切に願ってしまうほど、私は大切にされなかったんだ。少なくとも当時の私は大切にされている実感が無かった。

要するに、「大切にされたい」って思ってる時点で、恋人に大切にされてねえ証拠なんだよな。なのに当時の私はそれに気付いてねえバカ野郎だったから、「大切にされるために頑張ろう」なんて無駄なポジティブシンキングを発揮してしまったんだよ。あの恋愛はクソだったし、その恋愛に酔いしれていた私もクソ野郎だった。今更ながらに時間の無駄さを痛感するし、さっさと別れれば良かったんだ。振り向いてもらおうと努力しても、結局相手はそんな私に舐めてかかってきていたし。

それに、大事にしてくれない人と付き合っていると、周りからも「あの人はあんなふうに扱っても大丈夫な人なんだ」と思われてしまうリスクもオマケでついてくる気がするんだよ。どこまでクソなんだよ。そのせいで次の恋愛や出会いも最悪になりそうだし、実際私は次の恋愛でも最悪な思いをした。まじでなんなんだ、思い出しただけで腹が立ってきたっつーの。まとめると、「大切にされたい」と心の底から思った恋愛はどれもクソだったし糞食らえなんだよ。今や「大切にされて当たり前」と思えるほどには図太くなった。それによ、これからの出会いや恋愛から恋人ができたときには、私自身も相手に対して「互いに大切にし合って当たり前、だって恋人同士なんだからよ」とカッコつけたいもんだ。




関連記事

  1. 《吾輩はおっさん女子である》「愛されてる」と「重い」の境界線
  2. 【男前女子から一言いいか?】男に見せ場を作れるのが良い女?
  3. 《吾輩はおっさん女子である》常に主役でいたがる勘違い女
  4. 《出会いに夢見るおっさん女子》私が切り出した「別れよう」への後悔…
  5. 【男前女子から一言いいか?】「放っておいてちゃん」がモテる?
  6. 【男前女子から一言いいか?】恋愛で「追う側」になれない理由
  7. 【男前女子から一言いいか?】恋人という名のアクセサリー
  8. 【男前女子から一言いいか?】男からの頭ぽんぽんはアリか?ナシか?…
PAGE TOP