霜降 どいや

《出会いに夢見るおっさん女子》好きだけど付き合えない、この罪深さよ

恋愛が面倒でおっさんをこじらせすぎたせいか、最近では「私の周りの人はみんなハッピーになってほしい」「少なくとも私が原因となって迷惑をかけることはしたくない」って気持ちが強くなって人に優しくしている。モテとか異性ウケとか関係なく。でも、今の私の優しさと思わせぶりなのとは全然違うよなって思うんだ。

 

・優しくするのと思わせぶりなのとは違う

生きていく中で何かしらの人間関係は避けて通れないし、その人と人との関わりの中で身の振り方をうまくこなすことが上手に生きていくコツの1つだと思う。だからってわけでもねえけど、誰にとっても良いことがないような、そんな悪口だとか嫌がらせだとかは避けてえし、できることならみんなハッピーで何ごともなく暮らしたいもんだよ。面倒臭えことになったらダルすぎるし、無駄なことに余計な感情を使いたくねえよ。そういう考え方ってのもあって、できるかぎり人には優しくするようにしてるし、迷惑をかけないようにも気を遣ってる。

こういうのは「人としての優しさ」だと思って実行してるし、モテだの恋愛だのに全く関係のない話だ。いや、もう恋愛が面倒に感じられるし、おっさん具合が悪化しているからか最近では「もうみんなハッピーになればいいじゃん?」と謎に人類の幸福を願ってるくらいだから、せめて私の周りの人間には私が原因となるような嫌な思いはして欲しくないって気持ちが強いんだよな。で、最近よく思うのが、「人に優しくする」のと「思わせぶりな態度を取る」ってのは全然違うよなってことだ。

思わせぶりな態度を取るっていってもいろんなものがあるだろうけど、ここでは「異性へのアプローチとして優しくする・親切にする」に限定する。思わせぶりな態度ってのは「私はあなたに気があるのかもしれませんよ、そんな私に惹かれたほうが共に幸せになれるんじゃないですかね。でもあなたが振り返ったところで私はあなたの特別な存在になるかどうかは分からないけど」みたいなニュアンスを交えながら、何かしらの見返りを求めてるように思えてならねえんだよ。例えば、チヤホヤされたり特別扱いされたり、それに必要とされたり……そういう、誰かの特別な存在に割って入ってやろうっていうのをオブラートに包んだのが「思わせぶり」なんじゃないかって思うんだよ。

 

・思わせぶりな態度を取っておいて「付き合えない」は……

で、思わせぶりな態度の何がアレかって、「もしかするとこの人は私に好意があるのかもしれない」と相手に思わせるような言動を取っておきながら、いざその相手が勇気を出して告白なりアプローチなりをすると「好きだけど付き合えない」と言う人がたまにいるってことだよ。確かに、恋愛対象となる人に適当に愛想なり優しさなりを振りまいてチヤホヤされたり好意を繋ぎ止めたりするのは、さぞ気持ちが良いもんだろう。そういう人間の器用さが私には無いからこそ羨ましく感じなくもないけれど、散々その気にさせておいて「好きだけど付き合えない」っていうのは残酷で罪深い話だよなあって感じるんだよな。

私は恋愛が面倒に感じられておっさん具合に歯止めがかからないくらい不器用な人間だから「好意を繋ぎ止めておくために、異性へのアプローチとしての優しさや愛想を思わせぶりに振りまく」ってそんな器用なことはできねえな。今の私が人に優しくできるのは「私が原因となって嫌な思いをさせたくない」「迷惑をかけたくない」って気持ちが強くて、相手からの見返りを何も求めてねえし、むしろ保身や私のわがままがこういう優しさの原動力なんだと思う。

 

・相手にその気にさせるのが上手い人とは遭遇したくない

でも、恋愛や出会いそんな恋愛的なサムシングが絡む「恋愛対象となりうる人へのアプローチ」には、私の今の優しさは発揮できねえよ。だって、恋愛自体面倒に感じられるんだし、そもそもそういうのを求めてねえからこそ性別関係なく優しくできてるんだろうし。だから、出会った人誰彼にも「思わせぶりな態度」として良い顔はできないし、好きになった人にしか恋愛的なアプローチをしない。一人の人間として周りの人間には優しく接するけれど、それには恋愛的な感情は全く含まれてない。恋愛が絡まないと人に優しくできねえっていうのは、それはそれでちょっとケチじゃね?って感じるしよ。

で、こういうふうな考え方の私だからこそ、ある意味器用すぎて相手にその気にさせるのがうまい人と遭遇して結果的に「好きだけど付き合えない」と言われたもんなら、「は?そんな話ありかよ」ってすげえやりきれない気持ちになると思うんだ。「いやいやいや、お前あんだけ私に「気がある」みたいなことしたり言ったりしてた癖に、付き合え無いって何?じゃあなんであんなに思わせぶりな態度取った?そこまでして誰かの好意を自分に向けておきてえのかよ」くらいは絶対に思うね。

そりゃあ恋愛対象となる多数人からチヤホヤされたりよく思われたりするのは病みつきになってやめられないくらい気持ちの良いものかもしんねえよ。でも、私のような人間とは合わないのは目に見えて分かるから絶対に遭遇したくねえわ。むしろ、そういう奴のそういう奴のゆえんたる一面に直面してしまったら、「いいか、あいつは恋心を弄ぶ奴かもしれないから気をつけたほうが良いぞ」って注意報出したくなるね。まあ、そういう人に出会うフラグさえ立ってねえんだけど。




関連記事

  1. 《出会いに夢見るおっさん女子》「とりあえず付き合う」も悪くない?…
  2. 【男前女子から一言いいか?】主食お菓子系男子って何だよ!
  3. 《出会いに夢見るおっさん女子》恋愛以外で存在が認められているから…
  4. 《出会いに夢見るおっさん女子》結局、恋愛はしてみないと分からない…
  5. 《吾輩はおっさん女子である》セックスに愛情を求める女の心理とは
  6. 《出会いに夢見るおっさん女子》社交辞令を真に受けて何が悪い
  7. 【男前女子から一言いいか?】辛い時も一緒にいられるほどの相手
  8. 【男前女子から一言いいか?】浮気で愛情を確かめる関係性
PAGE TOP