霜降 どいや

《出会いに夢見るおっさん女子》復縁の方が何倍も難しいと思うのは

恋愛自体が面倒な今は、昔と違って新たな出会いや恋愛を求めることでさえ難しい。ましてや昔の私でさえも無理だと感じた復縁や復活愛なんて、今の私では話にならねえ。そういう元カレとやり直すってのができねえのは、きっとこういう理由があるからだと思うんだよ。

 

・私が復縁とか復活愛だとかが無理な理由

出会いとかモテとか、そういうキャピキャピした恋愛沙汰が面倒に感じられる今の私は、どうすれば恋愛ができるのかさえわからなくなってんだよな。昔の恋愛に必死だった頃の私は、不器用なりに恋愛が下手なりに頑張ってたもんだ。それが嫌だったから、恋愛への努力に疲れたから恋愛が面倒になってしまったせいなんだろうけど、とにかくもう恋愛の

方法が訳わかんねえんだ。

今の私は新しい出会いや恋愛からの交際の方法すらわからねえ。でも、一昔前の恋愛に必死だった頃の私でさえも「こういう恋愛は無理だよな」と感じていたもんがあんだよ。それは復縁とか復活愛とか、かつての恋人と再び付き合うアレだ。当時の私でさえも無理だと感じていた復活愛が、今の私には到底できるとは思えねえ。それは良いんだ、諦めてるから。最近復活愛について何を思うかって、「私が仮にもう一度復活愛から恋愛に復帰しようとしたときの、その難易度の高さ」なんだよな。よ

そもそも、一度別れた相手ともう一度付き合う復縁や復活愛だとかが通常の恋愛よりも何倍も難しく感じるんだよな。つーのも、もともと私が誰かを嫌いになるその閾値がかなり高くて本当に嫌いになることはそうそう無いかわりに、一度嫌いになってしまうとなかなか相手のことを許せられねえんだよ。この性格がかなり復活愛とか復縁とかにマイナスイメージを抱かせてんじゃねえのかって思うんだよ。でも、私の個人的な性格だけじゃねえっていうのも否定できねえなって最近になって思うんだ。

 

・「別れる」という終わりを避け方がこれだとするならば

あんまり人のことを嫌いにはならねえけど、一度嫌いになった暁にはもう相手を許したり受け入れたりすることができねえ。互いの考えをもとに話し合いをして円満に別れた相手じゃなくて、それこそ最悪の別れ方をした奴とは絶対に恋人としての関係をやり直すなんて無理な話なんだよ。そもそもそういう最悪の別れ方をした奴と復縁をしてまで恋愛とか恋人とかそういうのが必要かと言えばそうじゃねえし、まっぴらごめんだよって話だけどよ。

でも、円満な別れ方を選択した相手との復縁はどうか?できるか?って言えば、これも難しんだよな。つーのも、「復活愛や復縁が無理な理由はなにか」って考えると、一度嫌いになった相手を受け入れられないって理由のほかに、また別の理由が1つが浮かぶからなんだよな。それは「一度別れた相手とかつてのような二の舞にならないようにするのは、不器用な私には難しい」ってやつだ。

一度別れた相手ともう一度やり直すにあたって、やっぱり「もう二度と別れるという選択をしないで済むように、別れる前の自分達とは全く違う自分にならなくちゃ」って意識付けをすると思うんだ。昔のように別れるなんてことにはならないように「昔はこうだったけど、今はこうしよう」「昔はこれが原因で別れたから、今度はこう」って考えるのは復活愛ならではの思考回路なんじゃねえのかな。ただでさえ新しい出会いとか恋愛とかが無理な私にそんな上級テクニックが使えるとは到底思えねえからこそ、復縁が無理なんだろうよ。

 

・交際時の事実を忘れることができたとしても

で、さらに「交際していたっていう過去」「過去の交際で私が相手にしたこと、相手が私にしたこと」を忘れることはできても、その事実は変えられねえんだよな。たとえ私が忘れていることでも相手が覚えていて、そのことについて何らかのマイナスな感情を持っていたとすれば、その信頼回復のために私は以前の何倍も努力が必要じゃんね。たとえ相手が忘れていることでも私が覚えているっていう逆の場合でも同じだろうよ。その場合にはそもそも私がその相手との復縁を希望しねえだろうけど。

新しい恋愛や出会いは、お互いあるいはどちらか片方の感情の大きさとか勢いで、ある程度力技っぽく乗り越えられることもあるしよ。でも、一度恋人として交際をして、ある程度の交際期間から互いのことをすでに知ってしまっている復活愛では、勢いだけで何とかなるもんじゃねえ。

一度「別れる」という選択肢をチョイスするほどの何かがあった者同士だから、新しい恋愛や出会いから発展する交際よりもなおさら慎重にならないといけねえはずだ。私はそれをできるほど器用でなければ、許容できるほど優しくもねえ。しかも、一度別れた相手に情が湧くほど懐も深くねえんだよな。こんな私が復活愛やら復縁やらができるわけがねえんだよ。




関連記事

  1. 【男前女子から一言いいか?】好きだからこそ好きなまま別れたこと
  2. 《出会いに夢見るおっさん女子》同時に複数人を幸せにできると思うな…
  3. 【男前女子から一言いいか?】男と女で「可愛い」の定義が違う
  4. 《吾輩はおっさん女子である》常に主役でいたがる勘違い女
  5. 【男前女子から一言いいか?】可愛いと言われると不安になる
  6. 【男前女子から一言いいか?】記念日って本当に必要か?
  7. 《吾輩はおっさん女子である》「愛されてる」と「重い」の境界線
  8. 《出会いに夢見るおっさん女子》異性に癒やしを求めるのはお門違い
PAGE TOP