霜降 どいや

《出会いに夢見るおっさん女子》恋愛の我慢はある意味ラクな選択だけど

ものの考え方とか価値観とかの内面的な要素が合う人と付き合うのが良いんだろうけど、私の過去の恋愛ではなかなかそういう人と出会えなかった。それぞれの恋人たちとは何かが違っていたから、私が何かを思っても相手に伝えることよりも我慢を選択していたんだ。

 

・内面的な要素が似ている人と付き合うのがベター?

価値観とか考え方とかがめちゃくちゃに似ている・合っている人と付き合えば、一緒に生活を送ったりデートしたりするうえで食い違うことが少ねえよな。考え方とか価値観とかが全く違うからこそ、お互いに惹かれたり関係が上手く続いたりすることもあるんだろうってのは否定しねえよ。でも、できる限り同じような考え方や価値観の人と付き合うほうが、付き合った後の様々なリスクが減らせられる気がするんだよな。なんつーか、恋愛を頑張っていた頃に「考え方が似ていたら、こんな喧嘩をせずに済んだのかもしれないのに」って何度思ったか分かんねえくらいだしよ。

つっても、性格だとか考え方とかそれに価値観だとかは、それまでの生まれ育った環境や経験が大きく関係していてなかなか変えられるもんじゃねえ。だからこそ、相手と自分との考えが食い違っていたら、喧嘩にもなる。で、そういうふうに感情的になって相手とぶつかるのは非常に疲れる、相手も自分も。「できる限り喧嘩をせずに穏やかで快適な恋人としての交際を続けていきたいな」と考える時には、やっぱり内面的な要素が自分と似ている人との交際がベターなんだろうな、って感じるんだよ。

でも、実際問題として自分の考え方・価値観が合う人、そういう内面的なものが100%合う人と付き合うどころか出会うことすらも難しいんだよな。まじで現実的じゃねえ。そりゃあ、考え方や価値観が自分と似ている人と付き合えば、日常生活の中での意見の衝突から喧嘩に発展することが少なくなって、それこそ互いに仲良く快適に恋人の関係が続けられるんだろうよ。そんな人と出会って付き合えることができるとすれば、それはもう最高に素敵な運命だよな、どんだけ低い確率なんだろうとは思うけどよ。

 

・何かが違う人と付き合っていた頃の「我慢」の選択

内面的な要素がめちゃくちゃに似ている人と出会ったり付き合ったりするのは、よほどの運命か奇跡が働かねえと無理なんじゃねえのかと感じる。だってよ、私がこれまでに付き合ってきた人のほとんどが、何かしら私と考え方や価値観が違っていたんだよな、当たり前っちゃあ当たり前のことなんだけどよ。そもそもそういう内面的な要素がめちゃくちゃに似ている人と恋愛をしたい・付き合いたいっていうのは、ハナから非現実的な話なのかもしれねえ。

「考え方や価値観がめちゃくちゃに似ている人と付き合うなんて奇跡じゃね?」と感じられるほどに、これまでの恋愛の相手は私と何かが違っていた。だから私の過去の恋愛ではどの相手ともお互いに衝突することもあれば、ストレスに感じることもあったんだよ。そんな「恋人との食い違いが感じられた場面」で、喧嘩をすることもあったよ。でも、喧嘩で疲れるのは好みじゃなかったし、「私さえ我慢すれば話は丸く収まる」って考え方は喧嘩以上にしていた。今になって思うんだけど、こういう場面での「我慢すること」の選択は、辛いようで実は1番楽だったのかもしれねえんだよな。

「相手がそう思うことに色々と感じるけれど、私さえ我慢すれば全てが丸く収まる」ってなふうに、我慢を選択したことはさっきも書いたけどめちゃくちゃにある。彼女として素敵な自分でいられるように、嫌われないように、嫌われたくないから、我慢を選択した。けれど、ずっと永遠に我慢し続けられなかったし、結局は食い違いの衝突を先延ばしにしただけだった。我慢が限界を迎えた時にはそれまで自分の中に留めておいた感情が一気に爆発したし、爆発した感情のせいでお互いにヒートアップ。結局は恋人と衝突したんだ。

 

・我慢はもうしたくないし、する必要のない人と付き合いたい

我慢を選択すれば、我慢している間だけは丸く収まった。けれど、根本的な解決策にはならなかったし、我慢を選択した私は何も相手に伝えられなかった。だから、考え方とか価値観とかについて話し合ってお互いが納得できるかたちにできなかったし、最終的には最悪のかたちでお互いの意見をぶつけ合うことになってしまった。「私はこういう考えであなたの◯◯なところがちょっと嫌だ」「お互いが快適に過ごせられるように、もっと話し合いたい」こんな台詞を口にすれば、あの恋愛はもっと素敵なものになったのかもしれねえっていう今更ながらの後悔が無いって言えば嘘になるくらいだ。

我慢を選ぶことは「私はこの人のことが好きだから我慢できる」とか「好きなこの人のために我慢できる」とかの、自分ひとりで気持ち良くなれる自己犠牲精神から「相手に尽くしている感」が得られる。それに、話し合いで生じるかもしれない色んな感情に疲れる心配もなくて楽だ。楽だけれどその分、後から我慢が爆発した時には想像以上のツケが返ってくる。ツケのせいで何度嫌な結果に終わったか分からない。だからこそ、これから先のいつかどこかでの恋愛では、お互いに我慢する必要のない人と正直に付き合いてえなって思うんだよ。




関連記事

  1. 《出会いに夢見るおっさん女子》結局、恋愛はしてみないと分からない…
  2. 【男前女子から一言いいか?】「放っておいてちゃん」がモテる?
  3. 【男前女子から一言いいか?】中性的な人を好む女は面倒
  4. 【男前女子から一言いいか?】仕切りたがりの女はモテないのに
  5. 【男前女子から一言いいか?】おっさん系女子に映画デートは○かも
  6. 《吾輩はおっさん女子である》 恋人を「作らない」訳を聞かれて悩む…
  7. 《吾輩はおっさん女子である》 女が嫌う女がモテても動じなくなった…
  8. 【男前女子から一言いいか?】可愛いと言われると不安になる
PAGE TOP