霜降 どいや

《出会いに夢見るおっさん女子》承認欲求のために恋人を求めても

過去の私は恋愛思考から、承認欲求のために恋人や恋愛を求めていた。けれど、恋愛の数だけ失恋ばかりを繰り返していたから、承認欲求が満たされるどころか余計に精神的に悪い状況に陥っていった。承認欲求のために恋人を求めた結果は滑稽なもんなんだよ。

 

・数々の失恋は恋愛至上主義のせい

私は恋愛自体が面倒に感じられるほどに、恋愛をするたびに失恋を繰り返した。恋愛が苦手な性格だっていうのには気づいていたよ。でも、失敗を繰り返しながらも恋愛をやめられなかったのは、「恋人がいない自分なんて……」っていう考えに囚われてしまっていたからだ。恋愛をして恋人に恵まれてその後に別れることになったら、失恋のショックだけじゃなくて「恋人がいない今の私なんて」「私は誰にも必要とされない価値のない人間なんだ」ってな被害妄想にも襲われていた。

過去の私は、恋愛思考な価値観から自分自身を追い詰めていたって言っても言いすぎじゃねえんだよな。で、何度も失恋をして、その度に新しい出会いなり恋人なりを求めた。けれど、恋愛が苦手でうまく進められねえ不器用さとか、ネガティブ思考とかの性格は簡単に変わんねえからよ、恋愛の数を増やしても失恋数ばかりを更新するハメになったんだ。

こんな過去の私のように「恋人持ち」っていうステータスにすがったり、そのステータスを持つことで承認欲求を満たそうとしたり、そのために恋人を求めても良いことがねえよマジで。ただ単に私が恋愛が下手過ぎただけっていうのはヤバすぎるレベルで関係してるってのは、自覚してるから触れないで欲しい。

 

・恋愛に縛られた価値観がどんどん私を追い詰めた

過去の私のように、何でも恋人がいる・いないで判断する風潮も、世の中には全く無えとは言い切れねえんだよな。それこそ恋愛至上主義とか恋愛思考とかがそれにあたるんだろうよ。当然そういうものの考え方は絶対的なもんじゃねえ。むしろ、そういう物差しでしか物事の良し悪しを考えられねえのは、視野が狭すぎるだろって話だし。

でも、恋愛に必死になっていた頃の私はそれがわからなかった。だからこそ、恋愛と失恋とを繰り返して「私は何の価値もない人間だ」っていう最悪な考え方にまで陥ってしまったんだよな。マジで当時の私は我ながら滑稽だよ。言ってしまえば、承認欲求のために恋愛を求めた結果、出会いや恋愛それに恋人として交際を続けていくいえで何もうまく進まなかったから、私自身の評価も比例してどんどん下がっていったんだよ。

自己評価が下がれば下がるほど、少しでも自分自身を認めたい気持ちが恋愛への焦りを生んだ。その焦りがただでさえ恋愛が下手な私の、その下手さを加速させていって恋愛での悪循環になったのは言うまでもねえ。それに、出会いから晴れて恋人として付き合うことになったらなったで、「こんな目的のために恋愛や恋人を求めている私と、こんな素敵な人が付き合っちゃいけねえんじゃねえのか」なんて感情も芽生えたよな。どこまでクソ面倒な性格してんだよな。

 

・結局最高にハッピーな恋愛や交際っていうのは

結論から言えば、私自身は承認欲求のために恋人を求めても、その動機から始まった恋愛や交際は全然良い方向に進まなかった。私の中にある動機が動機なだけに、いつもどこかで相手に罪悪感や後ろめたさを抱いていたせいかもな。その時々の恋愛や恋人関係では幸せで楽しくて充実した時間を過ごせたし、その事実には本当に感謝しても感謝しきれねえくらいだ。でもそれだけじゃなくて、逆に辛かったり悲しかったり怒ったり……そんなマイナスな感情に悩まされたのも事実だ。

そんな私自身の恋愛経歴を振り返ってみると、私自身の承認欲求だかなんだかのわがままのために、その時々の相手に時間を使わせてしまって申し訳ないって気持ちがある。申し訳なさすぎてなんて言ったらいいかわかんねえくらいに。まあ、過去に私と付き合ったり恋愛的な何かがあって付き合ったりした人々は、今頃私の知らないところで最高にハッピーになってるだろうよ。一人おっさんみたいになっている私がこんなことを思ったところで、彼らにとっては余計なお世話かもしれねえけど。

今なら言える、クソしょうもねえ承認欲求のために誰かを巻き添えにして、本来は素敵で最高であるはずの恋愛すら謳歌できなくなったのはまさに自業自得だってな。そんな私だからこそ言いたい、承認欲求のために恋愛をしたってロクなことはねえよ。恋愛をすることに目的なんていらねえし、好きだと思える人と互いに愛し合えるのが1番だ。ただでさえ複雑で繊細な感情で成り立っている恋愛に、やれ目的だのやれ承認欲求だの面倒くせえ要素を足したところで良い方向に行くわけがねえんだよな。何事もシンプルがベストなように、恋愛も「ただ好きだと思える、愛し合えているから付き合う」くらいが最高にハッピーなんじゃねえのかな。




関連記事

  1. 【男前女子から一言いいか?】リスペクトがない恋愛は続かない
  2. 《出会いに夢見るおっさん女子》喧嘩と仲直りを繰り返すほどハマるの…
  3. 《出会いに夢見るおっさん女子》独り身でも楽しく過ごせられる今だか…
  4. 《吾輩はおっさん女子である》一緒に過ごす時間を多く求めないで
  5. 【男前女子から一言いいか?】「魔女宅」のトンボに惹かれる最近
  6. 《吾輩はおっさん女子である》優秀なアドバイザーとしての元カレ
  7. 【男前女子から一言いいか?】年上男性と付き合って思ったこと
  8. 【男前女子から一言いいか?】元カレに「友達」と紹介された
PAGE TOP