霜降 どいや

《出会いに夢見るおっさん女子》旅行で○○な相手とすぐに別れたのは

付き合ってしばらく経つと「マンネリによる別れ」が心配になる時期に突入するじゃん。恋愛を頑張っていた頃の私は、その危機を避けるために「マンネリ予防のための旅行」を恋人と楽しむようにしてたんだ。でも、逆にその旅行がきっかけで別れることになった相手もいるんだよな。

 

・マンネリ予防のための旅行が思わぬ結果を生んだ

「誰だって」とは言いすぎかもしれねえけど、人間って良い意味でも悪い意味でも「慣れる生き物」だからよ、交際でのマンネリ期間があんじゃん。恋愛に必死だった頃の私は、それこそ「マンネリ化によって飽きられて、結果別れてしまう」っていうのを何とかして避けたかったんだ。出会いから恋愛に発展して、それから付き合えることになった相手を手放したくなかったからな。だから、マンネリ防止のために恋人と旅行を楽しむようにしてたんだよ。

マンネリが気がかりになるほど、恋人との交際期間が長くなるほど、日常生活の中での生態を互いに知り合っている。出会いから惹かれ合う中で、互いのことをある程度は知れてるしよ。だいたいどういうのが好きで嫌いなのかっていう好みや趣味も理解し合えられてることが多いからよ、この時期の旅行は新鮮で楽しみやすかったんだよな。でも、「マンネリを予防して、長く付き合いたい」という本音から計画した旅行が、後々に別れを決断させる決定的なイベントになることもあったんだよな、皮肉にも。

 

・旅行がきっかけで別れた恋人の特徴は

マンネリ化予防のための旅行計画の全てがダメになったわけじゃねえ。そういう旅行を互いに思う存分楽しめられた相手もちゃんといたし、むしろそういう相手との交際は私の恋愛経験の中でも比較的長い期間を記録したよ。で、旅行に際してどういう恋人が「マンネリ化予防のための旅行がきっかけで気持ちが離れたのか」っていうと、いくつかのタイプに分かれるように思うんだよ。

まず、旅行の計画を立てる段階で意見が対立する場合。どのくらいの期間を旅行に当てるか、旅行の中で何に1番重きを置くかで揉めるともう旅行に行く前に嫌になる。やたらと自分の意見を私に推す割に、自分では全く予定を組んだり調べたりしねえ奴はもう「こいつこんなに自己中だったか?」と冷めてしまっていた。こんな場面になると逐一私が全部面倒を見なくちゃいけねえのかよって思わせられて。

で、その第一関門を突破して、旅行先に向かうとするじゃん。でも、その旅行先でハプニングが発生したときの相手の反応で気持ちが離れることもあるんだよな、悲しいことに。これはもう運がなかったとも言えるんだろうけどよ、旅行先っていうイレギュラーな環境でストレスに見舞われた相手からそれまでに見たこともない怒りや理不尽な一面を見せられると……「この人実はこういうタイプだったんだ」と引いてしまって、もうそれまでと同じように相手を受け入れることができなくなった。出会いから恋愛に発展して、それから恋人として交際を始めてしばらく経った旅行先で、今までに見たことのない恋人の一面がいかに衝撃的だったか。

 

・クソほどつまらねえ恋人との旅行から感じたのは

そんな旅行は大抵クソつまらなかったんだよな。私が相手の行動から愛情が冷めてしまっていたのと同じように、そんな私と同じように相手もまた私に愛想をつかせただろうしよ。「マンネリ予防のために旅行に行こう」と決断したことがきっかけで別れを決めた相手の皆さんは、ひょっとすると旅行に行かなければ、毎日の生活の中で普通に過ごしていれば何の不満もなかったはずだ。

でも、「非日常」「旅行先」っていうイレギュラーな環境下でストレスに悩まされた際に出てくる一面こそがその人の本性だと思うんだよな。旅行先で意外すぎるというかドン引きしてしまうような一面を見てしまった恋人は、たまたまそれまでにその一面を見る機会がなかっただけで、いずれにせよ交際を続けていく中でその怒りの矛先が私に向けられることだって考えられるわけだ。

旅行でつまらなかった相手とすぐに別れたのは、きっと「今までの交際からは意外すぎて引いてしまうほどの一面が、これから先の交際で私に向けられるときがくる」とどこかで感じていたからかもしれねえよな。その勘や直感はあながち間違ってなかったなって今も感じるし、マンネリが気になり始めるあの時期に恋人と旅行を計画するのは「交際を続けるか否か」の判断材料としてもかなり役立ったんじゃねえかって当時の私に拍手を送りたくなる。

ただ、マンネリ予防のための旅行を無事楽しく過ごせられた相手だからと言って、その後ずっと円満な交際を続けられたかと言えば……今のおっさんみたいな私がいることからもわかるように、残念ながらそうじゃねえんだよな。でも、少なくともクソみたいな旅行になってしまった奴よりは、円満に別れられたり交際期間が長かったり今でも連絡を取り合ったりしている人が多いのが事実だったりするんだよな。




関連記事

  1. 《出会いに夢見るおっさん女子》どっぷり沈んだ失恋ほど後悔がないの…
  2. 《吾輩はおっさん女子である》将来、相手越しに私自身を愛せるか
  3. 《出会いに夢見るおっさん女子》友人に恋人ができたときの切なさ
  4. 《吾輩はおっさん女子である》女はそこまで面倒な生き物じゃない
  5. 《吾輩はおっさん女子である》セックスに愛情を求める女の心理とは
  6. 【男前女子から一言いいか?】ナルシスト男が嫌いなのは私のせい?
  7. 【男前女子から一言いいか?】セックス好きは口下手?
  8. 《出会いに夢見るおっさん女子》辛いときほどそばにいて欲しかったの…
PAGE TOP