霜降 どいや

《出会いに夢見るおっさん女子》消極的な理由で恋人にこだわり続けても

恋愛に必死だった頃、私は消極的な理由で恋人にこだわり続けていたんだよ。相手と私との恋愛感情にすれ違いがあったとしても。でも、そんな消極的な理由で相手にこだわり続けても良いことはなかったんだ。

 

・交際相手によっては変にこだわりすぎていた

恋愛に必死になっていた頃は、交際中の相手に変にこだわり続けていたような気がするんだよな。これは私が正直「一度出会いから交際まで至ることができた相手を簡単に手放したくない」って気持ちがかなり関係してたように思うんだよな。「恋愛をしていないなんて」とか「彼氏がいないなんて」とか、そういう恋愛思考に縛られまくっていたからやすやすと「恋人持ちのステータス」を捨ててしまいたくはなかったんだろうよ。今の私からすれば、自分のことだけれどマジでしょうもねえなって思うよ。

ただ、交際中の相手なら誰でもこだわり続けていたってわけじゃねえ。浮気をされたり付き合ってから「こんな人だとは思わなかった」と感じたりした相手は、むしろ何の未練もなく別れたもんだ、当たり前のことだろうけど。特に交際相手がどんな人の場合にこだわり続けていたかっていうと、「私は相手のことが好きだけれど、相手が私に向けるそれが徐々に減ってきている気がする」ってときなんだよな。

 

・別れたくない気持ちが生んだ最後は

簡単に言えば、私が当時の彼氏に向ける恋愛感情のほうが、相手が私に向けるそれよりも大きい場合に私は必要以上にこだわり続けていたんだよ。そりゃあ、相手のことが好きだから、だからこそ「交際当時のように愛してもらいたい」とか「今ならまだ昔のような交際に戻ることができる」なんて思考になってたのかもしれねえけど。でも、実際そううまくはいかねえからよ、「交際がうまくいっていない気がするけれど別れたくない」「別れを切り出されそうだけれど別れたくない」って変に相手にこだわる感情ばかりが押し寄せてきてたんだよな。

そうなるともう別れたくない一心で相手の機嫌ばかりとったり相手が思い描く理想の彼女像に近づけたりした、私自身がどうありたいとかどう幸せになりたいとかは二の次で。その段階に来るともう交際当時の関係には戻れねえんだよな。完全に私のほうが下手に出てるし、「私が相手にぞっこん」って時点で相手のほうが有利だしよ。大事にされないどころか、言葉は悪いがどんどん「舐められる」ようになった。

当時の私は、この段階になって初めて「もうこの人との交際は続けられない」「昔のような関係には戻れない」ってようやく気付けたんだよな。マジで遅すぎるっつーの。別れたくない・相手にこれ以上嫌われたくない一心で、それこそ藁を掴む気持ちでがむしゃらに相手に振り向いてもらおうとしたけど全部空回りした。なんなら最後には好きだったはずの相手の嫌な部分を見てしまったがゆえのバッドエンドを迎えたこともある。当時の私は何もわかってなかったけどよ、もうハナからこだわり続けても意味ねえじゃんって今更ながらに思うんだよな。

 

・積極的な理由で別れを決断していれば

恋愛がうまくいっていなかったり互いの恋愛感情がすれ違っていたりしていても、私は「別れたくない」「昔のような関係に戻りたい」って消極的な理由から交際相手にこだわり続けていた。私の中には相手への恋愛感情が残っていたし。でも、そういう交際ではどれも最終的には別れるって決断を下したし、最後の最後に「こんな人を好きになってしまったのか」って残念な気持ちさえも味わってしまった。そんな気持ちがあったからこそ別れを決断できたとも言えるほどに。

それならハナからこだわり続けなければ良かったんだよ。もういっそのこと「今の人とは別れて、次の出会いや恋愛でもっと素敵な人と巡り会えるように頑張ろう!」ってかなり前向きな理由で別れを決断すれば良かったんだ。変にこだわって私ばかりが下手に出なければもっと良い女としてあり続けられたのかもしれねえし、数々の失恋で恋愛が面倒になった今の私を回避できたかもしれねえ。

それに、変にこだわり続けずにサクッとこちらから別れを決断していれば、別れても後から相手の方から復縁を迫られることもあり得たのかもしれねえじゃん。まあ、これら全部結果論だし、かなり楽観的で都合の良いな考え方だっていうのは重々承知してんだけどよ。都合の良い考えだとはわかってるけるよ、でもあの相手との交際のあの時に消極的な理由でこだわり続けるようなことをしなければ、とはたまに思うんだよな。過去の私自身を振り返ってみると、恋愛に必死になってる割には不器用で全然うまく交際ができてねえなって痛感するよ。「そりゃあ恋愛が面倒になるはずだよ」って納得するくらいに。




関連記事

  1. 【男前女子から一言いいか?】人のものを欲しがる病気
  2. 《出会いに夢見るおっさん女子》「◯◯だけど好き」が最強だと思う理…
  3. 《吾輩はおっさん女子である》「価値観の合う人」は意外に厳しい条件…
  4. 《吾輩はおっさん女子である》「ダメ女好きな男」が幻だと思う理由
  5. 【男前女子から一言いいか?】モテるか否かは「品」次第?!
  6. 【男前女子から一言いいか?】恋愛での「良い人」ってどんな人?
  7. 《出会いに夢見るおっさん女子》年下との交際も悪くないと思えた理由…
  8. 【男前女子から一言いいか?】そもそも付き合うってなんだ?
PAGE TOP