霜降 どいや

《出会いに夢見るおっさん女子》結局は諦めるor諦めないの二択だから

過去の恋愛、というか恋人との交際が「別れるかも」と感じるほど終盤に差し掛かってくると「悪あがき」をしていた。私なりに悪あがきをする目的はあったけれど、それが達成されるどころか状況を悪化させるだけだった。当時の私はもっと単純に考えるべきだったんだよな。

 

・恋愛終盤の不安から生まれた「悪あがき」

出会いから恋愛に発展して、それから恋人関係に繋げることができたのなら、その関係を円満に続けることが何よりも素敵なことだろうよ。言うまでもねえよ。でも、私はそれができなかったんだよな。私自身の未熟さや、その時々の相手との様々なことがあったから何度も失恋をして、最終的には恋愛が面倒になってしまったんだ。そういう恋愛経歴が今の「恋愛が面倒に感じられて、おっさんみたいになってしまっている現状」を裏付けているんだろうよ。

で、昔の恋愛の、それこそ「もしかするとこの人との恋人関係はもう長くは続かない」と感じられた頃は、変に「悪あがき」をしていたように感じるんだよな。なんつーか、出会って恋愛をして互いにOKとなって付き合い始めた頃は、そりゃあもうラブラブで「もうこの恋愛では別れるって選択肢が出てこないかも!」と感じられたもんだ。

でも、恋人として付き合っていく中で、出会った当初では知らなかった・分からなかった部分が互いに露呈してくる。ボロが出るってやつかもしれねえな。この段階に差し掛かってくると付き合い始めた当初では考えられなかった「別れるかもしれない」ってピンチがやって来ていた。「相手が私に飽きた」「他に魅力的な異性がいるのかもしれない」そんな様々な不安に襲われると、相手の愛情を確認するために「悪あがき」をしたんだよ。

 

・恋愛終盤の悩みも考えようでは非常に単純

例えば、付き合いはじめた当初ほどの恋愛感情を相手から感じられなかった時には、相手の口から「嫌いじゃないよ、まだ好きだよ」って台詞を引き出したいって理由で醜態を晒したこともある。「まだ私のことを愛してくれているはず」っていう一縷の望みにすがるような私の行動は見てられないものだったろうし、相手の気持ちはどんどん離れていくだけだった。良い方向への反応を期待していただけに、気持ちが離れていくことがまじまじと分かる相手の反応にはかなりショックを受けたもんだ。

私は相手の口や行動から愛情を確かめるために「悪あがき」をしたけれど、その行動によって相手の感情が離れていくことを想定していなかった。変なところでポジティブで、考え方がガキだったんだろうよ。当時の私を振り返ると、本当に無駄なあがきをしてどうすんだよって呆れそうになる。結局は「今の恋人関係を諦めて別れるか」と「悪あがきすらも諦めて好きでい続けるか」の二択なんだろって。なら、もうさっさと二択のうちからどちらを選択するか決めて、ズルズル引きずるような無様な真似はやめておけよ、と言いたいしそう感じてしまう。

恋人関係を続けていく中でいろんな感情が芽生えれば、「もう別れたほうが良いのかもしれない」「このままでは別れる方向になるかも」ってなふうに、関係を続けるか・続いていくのか不安になってしまう。でも、めちゃくちゃに単純に考えれば「この恋人を諦めて別れるか、あるいはこの恋人を諦めたくないか」の二択じゃねえかよって。他人に自分の現状を相談したときに、たとえどれだけ「もう諦めて別れなよ」って言われたとしても、自分自身が諦めきれなかったら恋人の関係を続けるんだろうし。その逆も然りだ。もしかすると、恋人関係に限った話じゃなくて、新たな出会いから好きな人ができたときにも同じことが言えるのかもしれねえな。

 

・あの時きちんと二択から片方の選択ができていれば

要は、恋人なり好きな人なり恋愛感情を抱く相手に対して、「諦めるor諦めない」の単純な二択からどちらかの選択を早くしたほうがすぐに楽になれるし、無様な姿を晒さずに悲しまずに済むんじゃないかって思うんだよ。一縷の望みにすがって無様な「悪あがき」をしていた私がもう少し早くこのことに気付くことができていたら、醜態を晒すこともなかったし相手の反応にショックを受けたり自分の愚かさが嫌になったりすることはなかったはずだ。

どちらからの選択を自身の意思できちんと決められたのなら、それに向かって強く立ち向かえる気がするし。ほら、きちんと自分の考えで白黒つけて吹っ切れたときってさ、その決断に自信を持てるし一度決めたことについて邁進していけるじゃん。言い方は悪いけど、一度開き直る・吹っ切れると強く出れるじゃん、何ごとでも。恋愛や恋人との交際でも同じじゃねえのかな。

悪あがきをするエネルギーを「諦めるor諦めない」の二択から後悔のない選択をするために費やしていれば……「諦める」と決めた時にはその恋人関係を良い形で終わらせられて、次の出会いや恋愛にサッパリした表情で迎えられていたのかもしれない。逆に、「諦めない」と心に決めたのなら、付き合っている恋人とうまく付き合っていけるように話し合ったり、私自身努力をしたりして打開策を見つけたのかもな。まあ今さらこんなことを言ったって、なんにもなんねえよ。ただ、これからは恋愛でももっと単純に考えられるようになりてえよ。「諦めるor諦めない」の二択に迫られることがあったとしても。




関連記事

  1. 《出会いに夢見るおっさん女子》異性に癒やしを求めるのはお門違い
  2. 【男前女子から一言いいか?】ソフレって新しいお菓子か何か?
  3. 【男前女子から一言いいか?】主食お菓子系男子って何だよ!
  4. 【男前女子から一言いいか?】中性的な人を好む女は面倒
  5. 《出会いに夢見るおっさん女子》別れを切り出すのなら責任を持て
  6. 【男前女子から一言いいか?】性根ブスにはなりたくない
  7. 《出会いに夢見るおっさん女子》「恋愛での普通」が違うと悲劇を生む…
  8. 【男前女子から一言いいか?】何度も思った「この人以上の人はいない…
PAGE TOP