水沢 舞子

「舞子ママの酔いどれ恋話」イベント前は男を落とす絶好のチャンスよ

イベントに興味がない男ばっかり、って思ってる女が多いようだけど、意外と男もイベントには興味深々。
女が求める関心度とはまた別なんだけど、それでも「イベントの前に彼女が欲しい!」って願う男が多いのは、女としては嬉しい限りよね。

長年水商売をやっていると、“男を落とすべき瞬間”ってモノがわかってくるの。いつも明るいお客様が「今日は疲れた」と言ったり、恋人のいるお客様が「彼女と別れたんだ」と言った日は、もう絶対に“落とすべき瞬間”よ! でも相手の弱みに付け込むのって結構難しいのよね~。そもそも、そんな元気のない日に店に来てくれるのかしら? っていう問題もあるわ。
一般の会社で考えてみても、弱った自分を仕事仲間に見せたり、愚痴ったりはしないでしょう。男が弱った瞬間を狙うって王道テクなんだけど、案外ハードルが高いのよ。
■男だってひとりは寂しいのよ

――かといって全く手立てがないわけじゃないわ。実は最近、独身のお客様が口々に「出会いが欲しい」「ひとりは寂しい」っていうのよ。それを利用して高収入&イケメン彼氏をゲットしたホステスがいるわ。クリスマスにハイブランドのバッグを買ってもらっててね~。それはもう羨ましい限りなんだけど、この前その彼氏と喧嘩したみたいで…。原因を尋ねてみると、「私と付き合った理由は“ひとりが寂しかったから”なんていうのよ!」って泣き出しちゃったの。確かにこれを言われたら彼女としてはショックよね。それって、一緒にいてくれる相手なら誰でもいいってことなんだもの。

集まっていたホステス達も「ヒドイ!」「最低!」って彼氏を責めていたけど、ひとりのホステスがポツリと、「でも、その“ひとりが寂しい”っていう男の気持ちがキッカケで交際に発展したわけですよね? それって運がよかったってことじゃないですか?」って言ったのよ。確かにその男性、ホステスなんか…っていったら自分を下げるようで言いたくはないんだけど、でも本当に“ホステスなんか”とお付き合いをするような人ではないのよ。ただただラッキーな自分の状況に気付いた彼女は「それもそうね、私ってついてる」といって、即彼氏に「つまらないことで拗ねちゃってごめんね」って電話していたわ…。
■イベント前は、男を落とすチャンスなの

「出会いが欲しい」「ひとりは寂しい」っていうお客様に、「わかるわ」って共感するのではなく、「どうして?」と尋ねてみたの。そしたら多くのお客様が「もうすぐバレンタインだから」「いま出会いがあれば、花見に一緒にいけるかな~って」と、具体的な季節のイベント名を口にしたわ。男の人ってイベントにはあまり興味がないと思っていたから、この答えにはビックリ。実際お客様たちもイベントにはさほど興味がないみたいなんだけど、“彼女がいてイベントに参加しない”のと、“彼女がいなくてイベントに参加できない”のとでは全く意味合いが違うみたい(笑)。ホント、なるほど~って思っちゃったわ。

でもこれってつまり、イベントの前に恋人が欲しいって望むのは、女ばかりじゃないっていうコトよね。男だってクリスマスやお正月、バレンタインには恋人が欲しいな~って、頭のどこかでは考えてるってこと。意識してる証拠よね。
意中の男性が仕事に疲れているとか、恋人と別れたばかりっていう“男を落とすべき瞬間”は見逃しがちだけど、イベント前の「この時期、ひとりって寂しいですよね」というアピールは、私的にアリだと思ってるわ。
■バレンタインは最後の砦よ(笑)

実際、秋から春にかけての寒い時期、“彼氏持ちホステス”がもの凄く増えるわ。アッチでもコッチでも恋愛話に花を咲かせているから聞いていて楽しいの。それと同時に、「片思いの相手に彼女ができちゃったんです」というホステスのやけ酒に付き合うことも多いのよ。

それに比べて、恋の季節だと思われがちな夏は交際に繋がるほどのキッカケがないのよね~。海にバーベキューに花火大会…、男女が出会うイベントは多いのに――多すぎて、「この人!」って絞り切れないのかしら?(笑)。他にもいい人がいるはず、と次に期待してる間に夏が終わっちゃった~っていうパターンなら私にも経験アリよ。

そういう意味でも冬のイベントって程よい数よね。ひとつひとつのイベントに重みもあるし、本当にカップルにピッタリだわ。つまり、私が何をいいたいかって、とりあえずこのバレンタインデー前に男をゲットしておかないと、あとは年度末のクリスマスまで“男が落ちやすい時期”は訪れないわよ、ってこと。
私も今ね、狙っている男がいるのよ~。バレンタインまでには落とすつもりだから、うまくいくよう願ってて頂戴ね(笑)。




関連記事

  1. 「舞子ママの酔いどれ恋話」ホステスになった理由No.1は…ズバリ…
  2. 「舞子ママの酔いどれ恋話」ツンデレ女子は“モテ男”にモテるわよ〜…
  3. 「舞子ママの酔いどれ恋話」年上男or年下男、幸せになれるのは…
  4. 「舞子ママの酔いどれ恋話」迷惑な男性を賢くあしらう方法
  5. 「舞子ママの酔いどれ恋話」飴とガム、男ウケが良いのは…飴!
  6. 「舞子ママの酔いどれ恋話」お花見は恋のチャンスが多いイベントよ!…
  7. 「舞子ママの酔いどれ恋話」すぐに体を許す女は、都合の良い女なのよ…
  8. 「舞子ママの酔いどれ恋話」男は女の“素の表情”を見ているわよ
PAGE TOP