水沢 舞子

「舞子ママの酔いどれ恋話」キレイな字を書く男って、好印象よね~!

『男は字が汚い』と思っている女性って多いみたいね。
私もそんなイメージを持っているけれど、だからこそ達筆な男性を見るとドキッとしちゃうの。こういうのも“ギャップ萌え”っていうのかしら?

デパートで商品の配送をお願いしたり、役所で何かしらの手続きをしたとき、伝票や書類が綺麗な字で作られていくのを見ると「素敵な人なんだろうな」って思っちゃうの。私の字はおせじにも上手とは言えないから本当に羨ましいわ。お客様に御礼状や挨拶状を手書きで送付することも多いから、お手本のような達筆を見るたびに「見習わなくちゃ!」って思うんだけど…、これがなかなか難しいのよね~。
■字がキレイなお客様は神経質っぽいの

来店してくださったお客様に会員証を発行するとき、ちょっとしたプロフィールを書いてもらうの。項目は名前と生年月日、携帯番号、社名くらいなんだけど、もちろん書きたくないトコロがあれば仮名や白紙でもOKってことにしているわ。そのプロフィールを先日整頓していたんだけど、若い男性スタッフが「キレイな字でプロフを書いてくださっているお客様って、扱いに困る人たちが多いですよね」って言いだしたの。“扱いに困る”っていうのは『他の客より自分を優先するべきだ』『昨日は連絡がなかったけど、何をしていたの?』というちょっと俺様&ストーカー気質な方。あとは、『店の花が枯れかかっている』『トイレの流しが濡れていた』っていうクレームを出してくる細かい&潔癖な男かしらね。もちろん一人一人のお客様を大切にするべきだし、掃除は基本中の基本。それはわかってはいるんだけど…「そんなに神経質で疲れないのかしら?」と思うこともしばしばよ(笑)。

そんな“扱いに困る”お客様のプロフィールは、白紙で出されがちな生年月日の“年”や、社名まで丁寧な字で書かれているの。社名だけでなく部署までキチンと書いてくださっている方もいて「さすが〇〇さん!」と息をのむしかなかったわ。
■字がヘタなお客様は…、大雑把な人が多いわ

逆に適当な字でプロフィールを書き殴っている客様の性格は大雑把な方が多いの。こちらがミスをしても「いいよいいよ! 気にしないで」と笑ってくださるから本当に助かるんだけど、その一方で連絡もなく予約をドタキャンする方も…。しかもそのドタキャンに対して悪びれもなく、「いやー、前回はごめんね~」って笑いながらふらりと来店したりするんだから、ちょっと困ってしまうわ。

あと字が汚すぎて、名刺の裏に書いてもらった電話番号やメールアドレスが解読できないのはよくある話。それだけじゃなくて、名刺入れもクタクタだったり、名刺自体が汚れていることもあるから――「きっと出世はしないでしょうね」ってホステスの間で噂になることも。大きな会社に勤め、それなりの役職を貰っている人はキチンとしているもの。
■“字”が導いた恋の話

★ヤンキーな彼は…
そうそう、字が上手なことがキッカケで結びついた恋愛話もあるのよ。仕事帰り、ホステスたちとよく飲みに行くバーがあるんだけど、そこでヤンキーっぽい風貌の男子が働いていたの。一応“ですます”口調で話してはいるんだけど、なんかギコチナイのよね(笑)。
大学生ホステスと彼は互いのことが気になっている雰囲気だったんだけど、ホステスは「彼はきっと、家柄も素行も頭も悪いに違いない」って決めつけちゃって…。せっかくの出会いを無かったことにしようとしていたの。

でもある日、店に置いてあるメニュー表を彼が書いていると知って一同ビックリ! センス良く字体が崩されていて、何とも言えない雰囲気のあるキレイな字だったのよ。もともと彼に好意を抱いていたホステスは「すごい凄い!」って彼を誉め、意中の相手に褒められた彼は露骨なくらい嬉しそうに笑っていて…あとはもう、言わなくてもわかるわよね~。今でもラブラブで羨ましいくらいよ。

★字のせいで彼女にフラれたスタッフ
スタッフの中に、もの凄く字の上手な男性がいるの。彼にはいつも宛名書きを手伝ってもらっているんだけど、その彼がポツリと「妻と僕の出会いは“字”だったんですよ」って話してくれたの。
昔、字が汚かったという彼は、当時付き合っていた彼女に「字が汚すぎて恥ずかしい」と言われてフラれたんですって。それから硬筆教室に3年間通い、達筆をGETしたものの“字が汚い”というだけでフラれたことがトラウマになって、新しい恋愛が出来なかったそうよ。そんなある日、友人の結婚式で芳名帳を記入していたら、受付の女性に「字が綺麗ですね」って褒められたらしいの。それが物凄く嬉しくて、式が終わった後に連絡先を聞いちゃったんですって。

字が恋愛を左右するだなんて想像したこともなかったけれど、確かに“字が綺麗”って好印象よね~。もちろんそれぞれの人柄もあるんでしょうけど――私もペン習字、習おうかしら…と思うくらいにはグッとくる恋愛話だったわ。




関連記事

  1. 「舞子ママの酔いどれ恋話」女は基本的にメンドクサイ生き物だけどね…
  2. 「舞子ママの酔いどれ恋話」美人が結婚相手に選ぶ男は…ブサメン!?…
  3. 「舞子ママの酔いどれ恋話」お酒のせいで失敗することってあるわよね…
  4. 「舞子ママの酔いどれ恋話」派手な人になりたいと願うなら…
  5. 「舞子ママの酔いどれ恋話」意外と恋愛下手?ホステス恋愛あるある話…
  6. 「舞子ママの酔いどれ恋話」25歳になったら彼に結婚の意思を尋ねて…
  7. 「舞子ママの酔いどれ恋話」結婚を迫る女は、男に嫌われるわよ
  8. 「舞子ママの酔いどれ恋話」歩き方って恋には重要なポイントよ♪
PAGE TOP