水沢 舞子

「舞子ママの酔いどれ恋話」女は基本的にメンドクサイ生き物だけどね

友人の恋バナを聞いていて、「そんなことをグジグジいっていたら、彼氏に愛想つかされるわよ!」って思った経験、1度や2度はあると思うの(笑)。
基本的に女はめんどくさい生き物だと思っているんだけど、恋をしたらもっともっと、めんどくさくなっちゃうのよねぇ…。

 

クラブのママはね、お客様のお話を聞く以上にホステスの話に耳を傾けることが大切なの。新婚のお客様に、失恋したばかりのホステスを付けるのは酷だし、逆に離婚したばかりのお客様に、脳内お花畑状態のホステスを付けるわけにはいかないもの(笑)。「仕事なんだから、どんな時でもキチンと接客するべき」という意見もあるけど、ホステスだって人間よ。色恋沙汰での気持ちの揺らぎって、そう上手に隠せるものではないのよね…。
■「どうして彼はドリンクセットを注文しないの?」

私はお酒片手に恋の話を聞くのが大好きなの。特にホステスの恋バナは波乱万丈で面白いし、お酒のツマミにはピッタリ! そんな恋バナ大好きな私でも、「うわぁ、めんどくさい女だな」って思うような女が時々現れるの(笑)。

一番印象に残っているのは、「彼と食事に行ったんですけど、ドリンクセットを注文しなかったんですよ」っていう相談をしてきたホステスかしら。意味がわからず「どういうこと?」と尋ねた私に、「私はパスタにドリンクをセットでつけたかったんですけど、彼がドリンクを注文しなかったので、私も頼めなかったんです」とポツリ。
「ドリンクが飲みたかったのなら、普通に注文すればよかったじゃない」と言っても、彼女は「そんなの無理です、無理無理無理!」っていうのよね~。どうやら彼女は“金のかかる女”“贅沢が好きな女”って彼に思われるのが嫌だったみたい。

「たった200円のドリンクセットでそこまで思わないわよ」と突っ込むも、彼女は『どうして彼はドリンクセットを注文しなかったのか』でずっと悩んでいるの。「私の話がつまらないから、長居するのが嫌だったのかしら? それとも誰かに私と一緒にいるところを見られるのが嫌だったの?」っていう具合にネガティブな妄想をブツブツ。
ラチがあかないと思った私は、「彼に電話をして真相を確かめてみれば?」って10回ほどアドバイス。「そんなこと聞けないわ」という彼女に「大丈夫だから!」と言い、なんとか電話をさせた結果――彼の答えは「え? ドリンクセットなんてあったの?」よ。もう本当に疲れちゃった!(笑)
■“好き”という言葉を求めすぎて…

女はみんな、大好きな人から「好き」って言われたいわよね。私もその気持ちはとてもよくわかるのよ。でもね、度を越している女を見ると「めんどくさい女だな」って思うし、「男は疲れちゃうだろうな」って可哀想になっちゃう…。

1年ほど前、大学生ホステスに彼氏とのLINEを見せてもらったことがあるんだけど、彼氏とずっと“好き”のメッセージを送り合っているの。文字だけじゃなくてスタンプだったり、「これは俺の気持ち」という文字と共にアーティストの楽曲を添えてみたり。正直ドン引きだったけど、「今どきの大学生カップルはこんなものですよ~」と彼女がニッコリ笑うから、「まぁこれも時代の流れね」と思って素直にこのLINEのやり取りを受け入れたの。

でもね、それから3か月後、彼女は「出会った頃は1日に100回も“好き”っていうメッセージをくれていたのに、今は10回しかくれないんですよ」というの。“蜜月期”が終われば、自然とお互いの気持ちも落ち着いていくもの。むしろ100回も好き好き言われていたことの方が凄いし、当時を振り返って「あんな時期もあったわよね」って2人で照れ笑いすればいいと思うんだけど…。“「好き」って言われない=好かれていない”と思う女子って本当に多いのよねぇ。

2人は間もなく破局。1年半後、その彼と偶然再会したとき「“好き”って言わなくなったけど、俺は本当にお前のことが好きだった。なによりお互いの気持ちは100%通じ合っていると思っていた」との彼の気持ちを聞いて、彼女はワンワン泣いていたわ…。
■“めんどくさい女”から“イタイ女”へ

彼氏のことが好きだからこそ、“女”は“めんどくさい女”になっちゃうの。もちろん私にも心当たりはあるし、むしろ過去を振り返っては、当時の彼氏に土下座したいくらい“めんどくさいコト”を仕出かしちゃったこともあるわ(笑)。
“めんどくさい自分”を彼が受け入れてくれてるのを見て、「私って愛されてる!」って実感していた部分もあるのかもしれない。でも年を重ねると気付くのよ。男から好かれる女はネチネチと、めんどくさいことを考えたりはしてないってね。

めんどくさい女が可愛いのは24歳まで! それを超えたらただの“イタイ女”になっちゃうってお客様に言われてハッとした私。それからは少し落ち着いた、大人の恋を楽しめるようになったのよ。




関連記事

  1. 「舞子ママの酔いどれ恋話」ツンデレ女子は“モテ男”にモテるわよ〜…
  2. 「舞子ママの酔いどれ恋話」お酒で失敗しちゃう女のハナシ
  3. 「舞子ママの酔いどれ恋話」キャラクターを使って“なりたい自分”に…
  4. 「舞子ママの酔いどれ恋話」無理めな男を落とす必殺アイテムは3つよ…
  5. 「舞子ママの酔いどれ恋話」キレイ好きな女がモテるのは…嘘?
  6. 「舞子ママの酔いどれ恋話」彼氏が自分と別れたがってるかも!?
  7. 「舞子ママの酔いどれ恋話」グルメな男とは結婚しちゃダメ!
  8. 「舞子ママの酔いどれ恋話」“優しい人が理想”と言う女は婚期を逃す…
PAGE TOP