水沢 舞子

「舞子ママの酔いどれ恋話」家事を手伝ってくれる男って、理想だわ~

男が思っている以上に、「家事が大好き!」っていう女って少ないわよね。
だからこそ女はみんな、家事や育児を手伝ってくれる夫が欲しいと思うんだけど――、好きな男にはつい、「私、家事が大好きなの!」なんて“いい女”アピールをしちゃうの。これって私だけかしら?(笑)

私が小さいときは、“女が家事をする”のが当たり前だったわ。友達から「お父さんが昨日、洗濯を干してて」なんて聞こうものなら、心の中で「〇〇ちゃんのパパ、尻に敷かれているのね」って可哀想に思っていたのよ。
それが今では、「洗濯機を回したのに、干してくる時間がなかったの~」って嘆くホステスに、「彼氏にお願いすればいいじゃない。シワもちゃんと伸ばすように伝えておかなきゃダメよ」なんてアドバイスをするようになっちゃった。女って年と共にドンドン強く、図々しくなっていく生き物なんだって実感した瞬間だったわ。
■家事は女の仕事っていうイメージだけど…

ホステスのイメージを尋ねると、「気が強そう」だとか「男から金を巻き上げてそう」ってよく言われるわ。確かにそういうホステスもいるんでしょうけど、案外“男に逆らえない女”が多いのよ。本当は、デートの時に荷物を持ってくれたり、ドアを開けてくれたり。自宅に行ったときにはコーヒーを入れてくれたりといった、気遣いのできる男と出会いたいと思っているのに、なぜか自分の理想とは逆の男に恋をしちゃう…。男を見る目がないと言われれば、それまでなんだけどね(笑)。

だから彼氏に家事をしてもらうだなんて、もっての外なの! 店には子持ちの既婚ホステスが3人いるんだけど、みんな子どもと旦那の世話をキチンと済ませ、家事もした上で働きにきてるんだから、ホント尊敬しちゃうわ。でも…、男女平等化が進んでいる今の世の中、もうちょっと男に家事をお任せしても良いと思うのも本音よ。
■何もしない男から、家事を手伝う男へ改造!

実は私、2年の交際を経て同棲をスタートさせたことがあるの。当時は“女が家事をして当たり前”だと思っていたから、ゴロゴロ部屋でくつろぐ彼氏を横目に、食事を作り掃除機をかけ、洗濯をして、布団を干して、仕事も行って…と忙しい日々を送っていたわ。でもね、年末年始で店が忙しいとき、「頼んでたアイロン、なんで出来てないんだよ!」って怒鳴られてプチッときちゃった。

「もう私は何もしません!」と宣言し、自分のことだけをするようになった私。とはいえ、彼が「言い過ぎたよ、ごめん」と一言謝ってくれれば、すぐに許そうと思っていたのよ。でも彼が私に謝ることはなく、むしろ何もしない私の代わりに、彼が家事をするようになったのよ。洗い物なんて私より丁寧だったわ(笑)。

気付けば仲直りしていた私たち。家事も私の仕事に戻ったんだけど、その喧嘩をきっかけに「洗濯しておいて」といえば洗濯機を回して干してくれるようになったし、「時間がないから洗い物お願い!」と頼めばイヤイヤながらもしてくれるようになったの。
そして、家事を手伝ってくれるようになった彼がある日、「家事ってもっと簡単だと思ってた」とポツリ。つまり、家事は簡単な仕事だから私に任せても大丈夫だと思っていたみたいね。だいたい男って“家事=洗濯&料理”と思ってる人ばっかりなの! 風呂掃除やコンロの掃除、窓拭き、床拭き、天井のホコリ落とし…あげればきりがないほど重労働な家事もあるわよね。そういうところを見ずに「家事は簡単☆」なんて思われてるんだから、ホント溜まったもんじゃないわ~。
■子どもを育てるように、男を育てよう(笑)

家事は大変だと知った彼は、別れるまでずっとお手伝いをしてくれていたの。そんな私の“元カレ改造成功談”を聞いたホステスは、「私も頑張ります!」って目をキラキラさせるのよ。家事と仕事の両立は大変だし、そこに育児や嫁業、地域行事なんかが加わると思うと、結婚に対しても尻込みしちゃうわよね。

でもね、彼に「家事を手伝って」とお願いしても、手伝ってもらえないパターンのほうが多いみたい。「もう彼に頼るのは諦めました」という女もいれば、「期待できないから、別れようと思います」と言い出す女もチラホラ。比較的、一人暮らしを経験してる男は家事を手伝ってくれるようだけど、“家事をしてやってる”という男の態度にイラッとする人もいるみたい。なんにしても、男に家事を手伝ってもらうって大変なことなのよね…。

そんな中でも“改造計画”に成功したホステスたちの話を聞くと、「まずはラーメンを一緒に作るところからスタートしました」「机の上のティッシュを捨ててもらうところから始めました」というの。まずは小さなハードルをいくつか超えてもらって、次第にレベルアップ。もちろん褒めることと感謝の言葉は忘れずに…ってなんだか子育て論を語ってるみたいだけど(笑)。でも、育児も育男も似たようなモノなのかもしれないわね(笑)。




関連記事

  1. 「舞子ママの酔いどれ恋話」口内ケアをしない人は、恋する資格なし?…
  2. 「舞子ママの酔いどれ恋話」25歳になったら彼に結婚の意思を尋ねて…
  3. 「舞子ママの酔いどれ恋話」タバコをこっそり吸う女って努力家よね
  4. 「舞子ママの酔いどれ恋話」できちゃった婚ってダメですか…?
  5. 「舞子ママの酔いどれ恋話」男を落とす前に、まずはボディチェック!…
  6. 「舞子ママの酔いどれ恋話」歯に青のり、頬に鼻クソ…注意できる?
  7. 「舞子ママの酔いどれ恋話」“優しい人が理想”と言う女は婚期を逃す…
  8. 「舞子ママの酔いどれ恋話」お花見は恋のチャンスが多いイベントよ!…
PAGE TOP