水沢 舞子

「舞子ママの酔いどれ恋話」年上男or年下男、幸せになれるのは…

私は断然、年下より年上の男が好きなんだけど、「どちらが幸せになれる?」と尋ねられると、ちょっと考え込んでしまうわ。
どちらも良いところがあれば悪いところもあるし…、っていうか年齢なんて関係なく相手の性格次第ような気もするし――。ん~、でもやっぱり私は年上を選んじゃうわね!

仕事が終わった後、ホステスたちがひとつのテーブルを囲んでワイワイやっていたの。興味本位から顔をのぞかせると、輪の中心にいた20代のホステスが「3歳年下の男性と5歳年上の男性から告白されて困っているんです~」と顔を真っ赤にしていたわ。なんて贅沢な悩みなの…! と思いつつ、お酒片手に“年下男と年下男、どちらが幸せになれる?”という話題で朝まで語り明かしちゃったわ。
■トラブル時にこそ、男の価値がわかるのよ!

私の経験上、男はやっぱり年上がいいわね! 仕事柄、年上男性との出会いが多いから“慣れ”もあるんでしょうけど、年下と話すより年上と話した方が断然楽しいわ。話題も人生経験も豊富だし…これは年下男性にはマネできないトコロだと思うの。

これはとある高級料亭で働いているお客様のお話なんだけど、悪天候のせいで良いお魚を手に入れることが出来なかった日は、ご予約のお客様にお電話をして、事前に説明&謝罪して回るんですって。3か月に1度はこういう日があるらしく、“高級料亭あるある話”でもあるの。だからこそ、ご予約の時点で「ご希望のお魚料理をお出しできない日があります」と説明し、お客様からの了承を得ているんだけど…。

天候に恵まれなかった日、40代を過ぎた男性は文句を言わず、「お刺身がないのなら、タコのカルパッチョはできませんか?」「お刺身の代わりとなるような、新鮮なお肉はありませんか?」という風に、ご接待先や彼女の好みにあう代替案を提案してくれるらしいの。これは、色んなお店で良いものを食べているからこそできるワザよね~。
だけど若いお客様は、店側の代替案も受け付けてくれず「どうにかして魚を手に入れてくれ!」と叫ぶばかり…。そりゃあ、そこら辺の居酒屋に行けば悪天候でもお刺身を食べることが出来るんでしょうけど、高級料亭でお出しできるような品でないのはわかりきった話よね。

これは一例でしかないけど、経験値の差が生んだ“トラブル時の対処法”の違いでしょうね。
■年下男性と付き合うと、若くいられるわ

とはいえ、“高級料亭あるある話”を知らず、「どうにかして魚を手に入れてくれ!」と叫んでいた男も、年月と共に経験を重ねれば、素敵な大人の男性へと成長していくわ。「私は年下の男が好きよ」というホステスは、こういう男の成長を見守るのが大好きなのよね~。「私がいなければ銀座も歩けなかったのに」「バーでお酒を注文する方法も知らなかったのに」と話す女の顔って、本当にツヤツヤしているの。『私がこの男を一人前の男に育て上げました!』という、何物にも代えがたい感覚、…まぁ、わからなくもないわね(笑)。

それだけじゃなく、年下男性が相手だと「少しでも若く見られたい」と思って、スキンケアやダイエットを頑張る女が多いの。服やメイクも、相手に合わせて明るく華やかなものをチョイスするから、実年齢より若く見られるのよね。逆に、年上男性に合わせようと思うと、知らぬうちに服もメイクも大人しくなるの。デート先も落ち着いた場所が多くなって…老けこんじゃうのは確か。年下男性と付き合うメリットは“若くいられること”なのよ。
■年上男性と年下男性――私はやっぱり年上が好き☆

夜の世界で生きている女はとにかく離婚率が高いの。私が知っている中で一番強烈だったのは、出会って10日目に結婚し、その2か月後に離婚したホステスね。だから寿退社していくホステスには、「いつでも出戻ってきてね~」って冗談で声をかけるんだけど…、年上男性と結婚したホステスに比べて、年下男性と結婚したホステスの方が、断然“出戻り率”は高いのよね。
そして年下男性で結婚に失敗したホステスは、必ずと言っていいほど年上男性と再婚するのよ。

離婚の有無で人の幸せを計ることはできないってわかっているけど、「年上男性と年下男性、どちらと結婚すれば幸せになれる?」と尋ねられた際は、こういった経験に基づく統計を出すしかないわ。っていうか、私くらいの年齢になると、結婚での失敗は許されないからこそ、数字に頼ってしまうんだけど…ね(笑)。

結婚での失敗を許されない女たちが頼る先――、それはやっぱり年上男性。男は基本的に若い女が好きって、本能で知っているからこそ、永遠に自分が年下でいられる年上男性をパートナーに選ぶのかもしれないわ。だって、年下男性と結婚し、離婚した女に理由を尋ねると、ほとんどが“相手が若い女と浮気した”っていうんだもの。やっぱり、年下男性とお付き合いするって、結構リスキーなのよねぇ。




関連記事

  1. 「舞子ママの酔いどれ恋話」結婚と節約を結びつけると男は逃げる?
  2. 「舞子ママの酔いどれ恋話」彼はあなたのダイエットを求めてないかも…
  3. 「舞子ママの酔いどれ恋話」動物を飼っている男は恋人向きよ
  4. 「舞子ママの酔いどれ恋話」浮気バレ対策は、対策をしないこと!?
  5. 「舞子ママの酔いどれ恋話」彼の元カノが美人だったら、ツライわよね…
  6. 「舞子ママの酔いどれ恋話」手を繋ぐのはせいぜい30代中頃までかな…
  7. 「舞子ママの酔いどれ恋話」好きな人をデートに誘いましょう!
  8. 「舞子ママの酔いどれ恋話」女は基本的にメンドクサイ生き物だけどね…
PAGE TOP