水沢 舞子

「舞子ママの酔いどれ恋話」無理めな男を落とす必殺アイテムは3つよ!

恋愛は弱肉強食ってよく言うわよね~。合コンで「素敵~!」と思った男を、一瞬のスキに奪われた記憶もいくつかあるし、店で無理めな男にアプローチして玉砕したことも…。
それでも出会いを求めずにはいられないからこそ、ひとつふたつと自分の武器を増やして、私はパワーアップしていくのよ(笑)。

見た目はパッとしないけど、気遣いが良くできる賢いホステスが店にいたの。こういうタイプの女の子って指名はあまり取れないんだけど、ナンバー争いをしているようなイケイケホステスからすると、自分がほかの指名客の相手をしている間を任せるにはピッタリなのよね。自分の指名客を取られる心配も、不愉快な対応をすることもないから、「ママ、私がほかの席へ行っている間、〇〇さんにはあの子を付けておいて」って人気ホステスから指名されることも多いのよ。ホステスから指名を貰っても、彼女のお財布はちっとも温もらないんだけどね(笑)。
■彼女が恋をした相手は…遊び人

そんなパッとしないホステスは、人気No.2ホステスのお客様に恋をしていたの。打ち明けられたときは本当に驚いたけれど、そのお客様、若い女の子なら誰もが一度は憧れるような素敵なオジサマだったから、わからなくもなかったわ。どうにかして彼とお付き合いをしたいと願う彼女。「No.2ホステスちゃんには彼氏がいるんだから、私が彼の恋人になっても良いですよね?」と言われればそうなんだけど…、彼、もの凄い面食いなのよね~。
というのも、彼がNo.2の女の子を指名するようになった理由は“顔が可愛いから”なの。出会った瞬間、彼女の顔に一目惚れしたんですって。とはいえ、遊び人の彼にとっての一目惚れはよくある話で、“この店でのお気に入り”と言った方が良いかもしれないわね。経済的にも余裕のある彼はいろんなお店で遊んでいるらしく、クラブを経営しているママたちの間で、「最近〇〇さんは~」と話題になることも度々あったのよ。
■遊び上手な男を落とすって至難のワザなんだけど…

彼がどんな男なのかを正直に話しても引き下がらない彼女を見て、“とりあえず”協力することにした私。とりあえずってことはつまり、最初から無理だって思っていたのよね…。協力という名のもと、「たまには私とも同伴してくださいよ~」と彼を誘い、彼が指名しているNo.2ホステスと彼女を連れて和食屋さんへ赴いたんだけど、彼女ったら緊張のあまりミスを連発! ビールをひっくり返したり、刺身を上手に摘まめなかったり。店から出ていくときは他のお客様とぶつかりそうになって――その時、彼が「危なっかしいなぁ」と彼女を引き寄せたの。「これはもしかして?」と思った瞬間だったわ。

“ドジっ子”認定されてしまった彼女は、店につくまで「そこ、段差があるよ」「自転車通るよ」って事あるごとに彼から注意されるんだけど、構ってもらえたことが嬉しいんでしょうね。頬を染めて「ありがとうございます」「すみません」と笑う彼女からは“ほっとけないオーラ”がバシバシと出ていたわ。彼女は決して“ドジっ子”ではないんだけど、緊張からしてしまうドジを“素”だと思い込んだ彼は、その後も店内で会うたびに「気を付けて」って彼女を注意していたの。「オーダー、間違ってない?」「名刺ケース、ちゃんと持ってる?」って話しかけられるたびに、笑顔で「大丈夫です!」と笑う彼女。
そんな彼女を見る彼の表情もとても楽しそうで、恋を予感させるには十分だったわ。熟練のホステスが遊び上手な男を落とすときって、いかに自分が良い女か、価値のある女かをアピールするんだけど、それとはまるっきり逆の方法で遊び上手な男を落とした彼女。結局のところ、いくら女と遊んでいようが遊んでいまいが、男って天然っぽいドジな女の子と笑顔に弱いイキモノってことなのよね。
■体温で温めたハンカチの効き目はバッチリよ☆

めでたく交際を始めた2人。「うちの大事なホステスを泣かさないでよ」と喝を入れに席へお邪魔したとき、遊び人男を落とした最強のテク話を聞くことが出来たの。「意識し始めたきっかけって何だったの?」と尋ねた私に、「ほら、ご飯を食べに行ったとき、彼女がビールを零したでしょう」と語り始めた彼。私とNo.2ホステスはテーブルを拭くのに夢中で気付かなかったけど、その時、彼の手や頬にもビールが飛んじゃってたみたい。手や頬に散ったビールを拭くために、彼女はスカートのポケットからハンカチを取り出したんだけど、「そのハンカチが温かかったんだよね」とニヤリ。

ハンカチは男を落とす必須アイテムなのは重々承知していたけれど、“人肌で温めたハンカチ”がより効果的だと知ったのはこの時よ。それから私は、ポーチではなくスカートのポケットにハンカチを忍ばせることにしたの。恋愛は弱肉強食。良い武器を身につけておけば、より美味しい男を狩れるものね~(笑)。




関連記事

  1. 「舞子ママの酔いどれ恋話」香水選びって失敗すると悲惨だけど…
  2. 「舞子ママの酔いどれ恋話」結婚と節約を結びつけると男は逃げる?
  3. 「舞子ママの酔いどれ恋話」手を繋ぐのはせいぜい30代中頃までかな…
  4. 「舞子ママの酔いどれ恋話」イベント前は男を落とす絶好のチャンスよ…
  5. 「舞子ママの酔いどれ恋話」彼はあなたのダイエットを求めてないかも…
  6. 「舞子ママの酔いどれ恋話」病弱な女に男はコロッといくの…
  7. 「舞子ママの酔いどれ恋話」初恋が原因で恋を逃した女のハナシ
  8. 「舞子ママの酔いどれ恋話」“優しい人が理想”と言う女は婚期を逃す…
PAGE TOP