水沢 舞子

「舞子ママの酔いどれ恋話」男とはキレイ&丁寧に別れるべし!

どれだけ素敵な思い出を恋人と築き上げても、別れが最悪なら、彼との交際すべてが嫌な思い出になっちゃうのよね…。
「別れたくないぃぃ」と犯罪行為に及ぶ男もいるようだし、雑になりがちな“別れ”こそキレイに丁寧に対応しなくっちゃね!

どんなに運命的な出会い方をしても。誰もがうらやむ恋をしていても。…男と女の間に“別れ”はつきもの。「俺はもう、舞子ママ無しじゃ生きていけないんだ!」と情熱的に私を口説いていた男が、ある日突然「あの新人ホステス、可愛いね。上手く取り計らってくれないかな?」と言い出すことって結構あるんだから!
そのお客様への対応に悩んでいた私としては、他の女の子に目を向けてくれて助かったんだけど…、なんだかムカつく思いをしたのも事実(笑)。本当にいいんだけどね! でも…なんていうの…? もうちょっとこう、私(元好きな人)に気を使ってもいいと思うのよ。もし私がお客様の言葉を鵜呑みにして、恋におちていたら――その場は修羅場になっていたわよ。
■“別れ”は命の危機に繋がる可能性もアリ?

繁華街を歩いていると、あちらこちらで別れ話をこじらせたカップルが喧嘩をしているの。女性が男性をドンッと押した拍子に、私にぶつかって転びそうになったこともあるわ。「別れ話なんて、家でやってちょうだいよ」と愚痴る私に、若いホステスが「でも、別れ話ってこじらせると…命の危機に繋がるじゃないですか」っていうのよね。するともう一人のホステスが「そうそう、家には凶器になるハサミも包丁もあるんですよ!」と力説。まぁ、確かに浮気や金銭トラブルでの別れは命の危機に繋がるかもしれないけど、上手に別れ話を切り出せば、そんな危機には陥らないと思うの。

これは数年前まで私の店でNo.1を張っていたホステスの話なんだけど、彼女はランキングを維持するために、自分のお客様に「好き」「あなただけ」という言葉をささやき、1本数万円もするボトルをドンドン下ろさせていたの。お客様も「これだけ君にお金を使ったんだから」と体を要求してきたり、本気で恋をしていたり…。傍目から見ても、ちょっと危険だなって思っていたわ。

そんな彼女が、まさかの結婚! せめてお客様には黙っていれば良いのに、「筋は通したいから」とひとりひとりに結婚することを報告していたの。そして迎えたホステス最後の日――私は腕の立つボーイを2名、他店から借りてきて、イザという時に備えたわ。けれどコレといった波乱もなく、終始穏やかに“お別れ会”は進み、彼女は笑顔で店を去っていったのよ。
■キレイに別れる方法を3つ教えるわ

「私はてっきり、乱闘騒ぎでも起こるんじゃないかと思っていたわ」、と言いながら焼酎を傾ける私に、彼女は「そんなヘマはしないわよ」とビールを傾けてニッコリ。店を去っていった今でも、彼女とは年に数回飲みに行く仲なんだけど、会うたびに私は“お別れ会”の話をしちゃうのよね~。

彼女いわく、男には3つのタイプがあるらしいの。プライドの高いエリート男には「あなたの将来の邪魔はしたくない」「私はあなたにふさわしくない」と、自分をトコトン下げれば良いらしいわ。たとえ自分が浮気をして修羅場に陥ったとしても、「あなたの賢さについていけなかった」「あなたと自分を比べてしまって…つらくて…」と相手を持ち上げるんですって。立派だと散々褒められた後に、「別れたくないぃぃ!」だなんて――、プライドの高い男は縋って来れないと言っていたわ。

ちょっとキレやすく喧嘩っ早い男には「私、結婚するんだ!」とストレートに報告したんですって。「え?」というお客様に、「だっていつまで経っても○〇さん、プロポーズしてくれないから!」「あと半年以内には、絶対に子どもが欲しかったの」と、“結婚”“子ども”という男が恐れるワードをチラつかせると大人しくなるといっていたわね。自分が下手に出ると調子に乗ってくるから、あくまで強気&笑顔で対応するのがポイントなのよ。

真面目なタイプの男には、「あなたと出会えてよかった」「とても大切な思い出を作ることが出来ました」と、相手に感謝の言葉を贈ると良いらしいの。そうそう、「あなたにも素敵な出会いがありますように」と相手の幸福を祈ることも忘れずに…とのことよ。
■別れ方って大事なのよ

「〇〇さん、だ~い好き!」とお客様の心を奪い、ポンポンとボトルを下ろさせていたホステスの別れ術。私はこの話を店の若いホステスに話すたびに、女っていう生き物が怖くなるの。何が怖いって、「参考になりました」「彼氏と別れるときは使います!」というホステスの多さよ(笑)。
でも彼をストーカー化させないためにも“別れ方”って大事なのよね。私は別れを切り出す前に、険悪な雰囲気を作り上げたり、別れの雰囲気を匂わせたりするんだけど…、この方法もまぁまぁ使えるわよ(笑)。




関連記事

  1. 「舞子ママの酔いどれ恋話」初デートを成功させなきゃいけないのはね…
  2. 「舞子ママの酔いどれ恋話」女が人生で一番悩む年は29歳なのよ
  3. 「舞子ママの酔いどれ恋話」女は男の〇〇に騙されちゃうの…
  4. 「舞子ママの酔いどれ恋話」言葉を上手に操る女は、恋の覇者になれる…
  5. 「舞子ママの酔いどれ恋話」“優しい人が理想”と言う女は婚期を逃す…
  6. 「舞子ママの酔いどれ恋話」男ウケするポーズって、大変なのね…
  7. 「舞子ママの酔いどれ恋話」復縁を望むなら、自分を磨くことが大切よ…
  8. 「舞子ママの酔いどれ恋話」お酒で失敗しちゃう女のハナシ
PAGE TOP