黒崎 ハナ

『×1女史の恋愛通信簿』良くぞそこまで…モテたくて必死な男

皆さんこんにちは!人は皆モテたくて仕方ないものよね。実際に、もしも異性に声をかけられるのであれば、モテるためになにか努力をするハズ。魅力的な人間として見られるために、日々努力しているという人も少なくないんじゃないかしら。でも、今回はお話しするオトコは、モテた過ぎて必死なのよ。そこで、そんなモテたくて努力を惜しまない彼について評価していくわよ!早速、チェック!

 

【モテない期間が長過ぎて、なにがモテかもわからなくなった…】

非モテ期間が長過ぎて、「恋愛ってなんだっけ」状態になっていたという彼は、エンジニアの男性。仕事はキッチリ、頼まれたこと以上のことをこなしてきたし、仕事の早さも自信があるというのだけれど、とにかく恋愛と遠ざかり過ぎていたことから自分に自信を無くしていたんですって。

「なにせこの仕事って、女性との出会いが無いんですよ。会社の経理の女性と、総務の女性がいるくらいで、なにも特別人が出入りする会社ではないし、仕事がはじまればほぼほぼパソコンとにらめっこ。それで会話さえままならなくなってきて、女性社員からは笑われるし…。モテな過ぎて、なにがモテなのかも不明…って感じですよ」

俺、モテるから!みたいな勘違いオトコよりはよっぽど好感が持てるのですが、どことなくこじらせてる感のある彼。女性と普通に会話をすることさえ緊張して、まともに出来なくなってしまったというから可哀想よね。それで彼は一念発起して、モテるための努力を始めることにしたんですって。

 

【モテるために出来る努力は、なんでもやる!】

職場は男性が8割、女性が2割程度だという彼。そもそも、同じ部署に女性は1人しかおらず、勤務中は会話もせずパソコンに向かう日々で、コミュニケーション能力が欠如してしまったという自覚はある様子。彼は、モテるための努力として、様々なセミナーに参加したり、本を読んだりしたみたいよ!

「モテるためにはどうしたら良いか考えたんです。自分なりに。そしたら、まずは人並みに女性と話しが出来るようにならないとダメなんじゃないかな…と思ったんですよ。それで、まず相手を不快にさせない会話術って内容のセミナーを受けにいきました。あと、退屈させない話し方講座とかね、とにかく会話が出来るようになるために、本も何冊か読みました。モテるために出来る努力はなんでもやろうと思って」

努力の方向性が正しいかどうかは別として、自分の欠点を把握して、改善するために時間も労力も使っているということは意識高いわよね!モテるために…とはいっても、彼がしているのは人間として根本の部分のような気がしてならないわ。彼はそこから、様々な講座に参加するようになり、それってモテのため!?って笑っちゃうようなものにまで参加していたのよ。

「女性の口説き方講座とか、モテる部屋作りのためのセミナーとか、今はたくさんあるんですよ!モテたい男のためのオンラインセミナーとかもね、月額1000円くらいで受講できるんです。漠然とモテたいって思っていたけど、より具体的にモテるってどういうことなのか…と考えるようになりました」

そもそも、モテるとは何?という哲学的なことまで意識するようになった彼。そんな努力の結果は、どうなのかしら。

 

【職場で女性が優しく接してくれるようになった気がする】

彼は変化を感じているというの。その変化とは、職場の女性が優しく接してくれるようになったということ。

「今まで、用事がある時だけ話しかけられて、それ以外は話かけられたことは無かったです。こっちも、あまり挨拶もしなかったし、目を見て話すことが無かったのも悪かったんですよね。最近は、職場の女性も業務連絡ついでに少し雑談をしたり、挨拶を普通にかわしたり出来るようになりました。これが普通であって、これはモテているワケではないのですが…それでも、前進していると感じているんです」

職場の女性陣は、会話どころか挨拶さえもできなかった冴えない男性とは絡みたくないと思って、業務連絡のみ…手短に用を済ませようとしていたのでしょうね。彼の努力は、モテに直結しているワケではないけれど、人として成長していることだけは間違いない事実ね!

 

【モテた過ぎて必死なオトコの評価は、いかに…】

恋愛から遠ざかり過ぎて、女性と関わることが全く出来なくなっていた彼…モテるために彼なりに欠点を克服しようと努力をしてきたみたいよ。そんな彼の評価は、こうなったわ!

・ルックス—2
・努力—5
・経済力—4
・恋愛適応能力—2
・将来性—5

意外にも高評価の嵐となったの。それは、彼が自分のことを客観的に見ることが出来ているから。自分の欠点って中々見えないものよね。でも彼は、しっかりとそこをわきまえている。かつ改善しようと一生懸命に努力をしているんだから、適応能力があるし、伸びしろもあると感じたわ!努力し始めたのはモテたいという不純な動機だとしても、彼は変わる努力をしているということに代わりないものね。これからもっとイイ男になって、素敵な出会いに恵まれますように!それでは次回も、お楽しみに!




関連記事

  1. 『×1女史の恋愛通信簿』意識高すぎ!女性よりも美容に詳しい男
  2. 『×1女史の恋愛通信簿』優しすぎるせい?…人に軽く見られがちな男…
  3. 『×1女史の恋愛通信簿』つい集めたくなる…コレクション癖のある男…
  4. 『×1女史の恋愛通信簿』寸法を測る!“収納をキッチリやりたい男”…
  5. 『×1女史の恋愛通信簿』女子力の高い“スイーツ好きな男”
  6. 『×1女史の恋愛通信簿』普段はもちろん、夜も…“サバゲー好きな男…
  7. 『×1女史の恋愛通信簿』時間があれば毎日でも…洗車が好き過ぎる男…
  8. 『×1女史の恋愛通信簿』資格まで取得した“野菜にこだわる男”
PAGE TOP