黒崎 ハナ

『×1女史の恋愛通信簿』オシャレ度MAX…インテリアにこだわる男

皆さんこんにちは。オシャレに毎日暮らしたいと思うけれど、実際のところそうはいかないものよね。オシャレな家具や家電に憧れても、実際生活しにくくなったら辛いし…結局、安くて丈夫なインテリアが部屋を占拠してしまっている方多いんじゃないかしら。今回は、オシャレにそして暮らしやすくにこだわったインテリアにこだわる男について話していくわよ。早速、一緒に見ていきましょ!

 

【物で溢れかえっていた実家がイヤだった幼少期】

彼とわたしの出会いは、とある雑誌の特集記事。オシャレに豊かに、そして賢く暮らすというテーマのもので、彼の部屋が取り上げられていたの。それで彼に色々と話しを聞くことが出来たんだけど…彼がオシャレなインテリアに凝りはじめたには、育った環境が大きく影響をしたみたい。

「兄貴3人と妹1人の5人兄弟で、母さんは近所の高校の食堂で働いていて、父さんは自動車整備士。共働きだったけど、生活は苦しかったんじゃないかと思います。だって、兄貴の服を当たり前に与えられるし、習い事は一切させてもらえなかった。だけど家の中は物で溢れかえっていて…。とにかく散らかってて、足の踏み場もないくらいだったんですよ。ずっと思ってました…一人暮らしを始めたら、絶対にオシャレな部屋で過ごそう、暮らそうって」

5人兄弟で揉まれて育った男性。お金がないわりに、物がたくさんあった…そんな暮らしに嫌気がさし、社会人になったら絶対にオシャレに暮らそうと決めていたそうよ。その夢は実現されて、今彼はオシャレな1LDKのマンション住まい。物が溢れる様子もなく、整理整頓されていてとっても綺麗よ。

 

【一人暮らし開始時は、ミニマリストだった】

彼が実家を出て、会社の近くのアパートで暮らしたときは、今でいう“ミニマリスト”

だったというの。

「気に入っている服数着と、靴は2足。冷蔵庫と電子レンジくらいかな…物は持たずに実家を出ました。物を持っていくと、それを片付ける必要があるでしょう。だからこそ、物を持たない暮らしをしようと思って!最近はミニマリストなんて言われて流行っているけど、自分の場合は生きていくための知恵として…ですね!」

物が片付けられない性格なのでは…とも思っていたという彼は、あまり物を持たずに実家を出たというの。そして、アパートで買ったのは布団一式くらいだというから驚きよ!物をもたずに引っ越しをして、お金を使わない生活に慣れていった彼は、月6万円も貯金をする生活になっていたんですって!そして去年、2LDKのマンションを若くして購入したの。彼は貯めたお金で買ったマンションで、次々に夢を叶えていくの…そう、彼はオシャレなインテリアを集めはじめるのよ。

 

【厳選したものだけ買う生活で、自然に出費が少なくなった】

お気に入りの雑貨屋さんでインテリアを厳選し、時には特別に発注してつくってもらったものもあるんですって。それだけこだわったのは、自分にピッタリの家具が欲しかったから。オシャレなだけでもダメだし、使いにくいものは長く使い続けられないというところを気にしてインテリアを選んでいた彼。オシャレでかつ、使いやすさにこだわった彼のセンス…素晴らしいわよね!

「買い足し買い足し…ってしてる人の家は、大概散らかっていると思うんです。後から付け足してインテリアを買うもんじゃないというのが持論。最初にもう全体のキャパは決まっているんだから、あとはその要領をどう賢く使うか。大型家具はもう買い足さないことを前提に、質の良いものを選びました。そして、収納だって限られているんだから、物を増やさないという意識も自然とつきましたよ。それで結局、貯めたお金で素敵な住まいを確保できていますし、浪費もないなぁと思います」

厳選された物だけを購入し、家に保管する物の量を徹底的に決めてしまったことから、自然と出費が減る…素晴らしい好循環よね!それで結果、彼はまた貯金を続けられているというから、本当に見習いたいくらいよ。

 

【賢くオシャレに暮らす、インテリア好きの彼の評価は…】

暮らしやすさはもちろん維持したまま、よりオシャレに暮らすためにインテリアにこだわりを持っている…。オシャレさはそのままに、お金も貯まりやすいという夢のような暮らしを実現している彼について、早速チェックしていきましょ!

・ルックス—3
・経済力—5
・節約能力—5
・センス—5
・将来性—5

高評価となったワケ、それは彼の合理的な思考回路と行動よ。幼少期に得た気付きを大人になった今、改善して暮らしている…自然と節約できて、かつ洗練された空間で過ごすことが出来ているなんて理想系よね!彼の行動力もさることながら、それを維持し続けるという基本的な生活力が育っているオトコだというのもポイントが高いわよね。彼はまだ彼女がいないみたいだから、完璧な彼にしっかりとついていける女性がきっとこれからたくさん現れるはず!それでは次回も、お楽しみに!




関連記事

  1. 『×1女史の恋愛通信簿』自信欲しさに“自己啓発に凝り過ぎな男”
  2. 『×1女史の恋愛通信簿』子供好き?…赤ちゃんを抱っこしたがる男
  3. 『×1女史の恋愛通信簿』デートの時間も無い…習い事で忙しい男
  4. 『×1女史の恋愛通信簿』意識高すぎ!女性よりも美容に詳しい男
  5. 『×1女史の恋愛通信簿』優秀じゃなくていい…失敗を恐れる男
  6. 『×1女史の恋愛通信簿』自分の利益が最優先…“損得で判断する男”…
  7. 『×1女史の恋愛通信簿』責任感の欠落した“仕事を休みたがる男”
  8. 『×1女史の恋愛通信簿』いくら使った?…コレクション癖のある男
PAGE TOP