黒崎 ハナ

『×1女史の恋愛通信簿』モテるために女性への気遣いを徹底する男

皆さんこんにちは!気配り上手って、素敵だと思わない?なにかと気が利く人って、仕事でもプライベートでも需要があるわよね。そんな気遣いをモテるために張り切っているオトコがいたの。そこで今回は、本当は人に気を使いたくないのに、モテるため一生懸命に気遣いを徹底しているオトコについてお話ししていくわよ。努力は実るのか…早速、見ていきましょ!

 

【自分中心で生きていたら、モテないことに気付く】

自分を大事に生きてきたという彼は、その端麗な容姿から恋愛経験はそこそこ。でも、長く続かないことで悩んでいたの。好きだと言われることはあっても、ただの「好き」で終わってしまう…友人知人のように、将来を考えるような仲にはなれず、これって「モテ」てはいないということに気付いたんですって!

「彼女はすぐにできるし、女性に困ることはないという暮らしをしていました。でも、30歳を目前として結婚を視野に交際できる女性には恵まれていないということに気付きました。段々と周りは結婚を視野に交際が長期的になっているのに、自分はひどいときだと2週間とかで別れてしまう。これってモテてないよな…と気付いてから、どんな奴がしっかり結婚を視野に交際を続けられているか…に気付きました」

付き合う子には困らないけれど、人生を共にしてくれようとする女性との出会いが無いことに気付いた彼。それってモテているだけではなく、ただ単に遊び相手として選ばれているだけ…だと気付いてしまったんですって。結婚が見えてきている友人知人は、皆ある程度自分のやりたいことを我慢しながら、折り合いを付けて女性との交際を続けていると学んだ彼は、モテるために気遣いの出来るオトコを目指してみたというの。

 

【モテるためにガマンして人に合せる暮らしに…】

本当の意味でモテるためには、自分中心で過ごしてはならないという結論に至った彼は、今までとは全く変わった対応を心がけるようになったんだとか。自分がしたいことをして、食べたい料理のお店へデートをし、眠くなったら帰る…という自分本位な付き合いを見直したんですって!

「女性に気を配り、合わせる暮らしにシフトしました。女性はワガママだし、自分勝手していてちょっとムカつくけど、モテるためにはしょうがない。我慢して相手の望むデートをしたり、相手の体調に合わせてデートを見送ったり…今まででは考えられないような暮らしをして、無事に彼女が出来ました。ただ、我慢って続かないみたいで、段々と元のように自分を大事にし過ぎてしまう。結果、ケンカになり別れる…ということが続いています。『優しい人だと思ってたのに!』とか『自分買ってで最低!』とか散々言われてきましたよ」

モテるためには我慢をして、女性の要望に応えていかなければならないと考えた彼だけど、その思いとは裏腹に行動を続けることは出来なかったみたいね。一時的に女性に合わせた生活をしていても、結局交際してすぐ自分中心の暮らしに切り替わってしまうなら「アレ…?」と、釣った魚にエサはやらない的な感じで女性は幻滅してしまうでしょうね。

 

【社内での評価は上々も、交際がすぐ終わってしまう日々が続く】

ただ、彼の気遣いに会社の女性の評価は上々!今までよりも好感を得ているようで、社内での暮らしはとても華やかで楽しいものになっているというの。

「会社の女性陣からは、雰囲気良くなったよね!ととても好感触。ただ、交際に発展した女性社員とすぐ交際が終わってしまったこともあって、『熱しやすく冷めやすい』印象を持たれてしまっているかもしれないですね。社内では評価は上々も、結局将来を見据えた交際に発展は出来ず終いということです」

せっかく感じが良いと評価が上がっても、その後のフォローが成っていないと結局元と同じ…うわべだけ良いオトコを演じたところで、中身は何も変わっていない自分勝手サンなのねと気付かれ、すぐに女性陣から見切りを付けられてしまうでしょうね。

 

【モテるために気遣いを徹底するオトコの評価は…?】

気配りが足りず、女性に対する思いやりにも薄いため、せっかくの容姿でモテてもその後の交際が長続きしなかったというオトコ。モテるために女性に対して気配りを徹底したという彼の評価はこうなったわ!

・ルックス—5
・気配り度—3
・自分勝手さ—5
・恋愛適応能力—2
・将来性—3

イケメンあるあるだけど、なんかと自分の意見が通ってきたこともあって自分勝手になりがち。そこで彼は気配りしようと考えたみたいだけど、結局うわべだけの気配りで逆効果に。性格を改善しようとするなら、ただ単に付き合うまでの間の気配りを頑張るのではなく、根本的に気配りが出来るオトコに成長していく必要があるわよね。結婚を見据えた交際がしたいならば、人間的に頼れる、そして安心できるような男を目指すことが大事だと気付いてもらいたいところね。気配りを徹底するというなら、交際するまでの間頑張るというより、交際後も続けていかなければダメよ。それでは次回も、お楽しみに!




関連記事

  1. 『×1女史の恋愛通信簿』市販は嫌!“手作りスイーツに凝る男”
  2. 『×1女史の恋愛通信簿』痛いほど夢中…“インスタグラマーな男”
  3. 『×1女史の恋愛通信簿』大切だけど過剰反応…天気を気にし過ぎる男…
  4. 『×1女史の恋愛通信簿』自信欲しさに“自己啓発に凝り過ぎな男”
  5. 『×1女史の恋愛通信簿』好き過ぎて自分で釣る“魚が大好きな男”
  6. 『×1女史の恋愛通信簿』母の面影…“ぽっちゃり女子が好きな男”
  7. 『×1女史の恋愛通信簿』汚部屋にウッ…片付け出来ない“不潔な男”…
  8. 『×1女史の恋愛通信簿』優秀じゃなくていい…失敗を恐れる男
PAGE TOP