黒崎 ハナ

『×1女史の恋愛通信簿』些細なことでもイライラ…キレやすい男

皆さんこんにちは!男の器って、どんなところで決まると思うかしら?わたしはね、やっぱり寛容であるかどうかだと思うの。でも、今日評価する彼はとにかくキレやすい男。そんなにイライラしていて大丈夫?と心配になっちゃうくらい、カリカリしてピリピリした男なんだけど、なぜ彼は些細なことでもイライラしてしまうのかしら。早速、チェックしていきましょ!

 

【思い通りになってきた優等生。人生楽勝だと思ってた】

親に言われるままに暮らし、勉強をし、人並み以上の生活を送ってきた彼。そんな優等生な彼とわたしの出会いは、とある会社のイベント。プレゼン上手で一目置かれている彼は、会社でもきっての出世頭。でも、なんだか周囲の女性の目線が冷たいのよね。それで聞けば彼、「キレやすい」って有名らしいの。部下に厳しく、時には上司にも噛みつくという彼…ちょっと気になっちゃって、一緒に食事でも…と誘ってみたの。ノリ気ではないような顔つきだったけどまんざらでもない感じで、その誘いに乗ってきたのよ!

彼いわく、自分は人並み以上の水準で特段苦労もせずに育ってきたと思うんですって。今まで重い通りに人生は進んでいて、人生は楽勝だと思っていたんだとか。でも、社会人になって気付いたの…人は思い通りにはならないってことに。意識次第で自分は変えられるけれど、他人は自分の思い通りにはならないってことにやっと気付けたんですって!そこから、段々と彼の歯車は狂い始めたの…思い通りいかないとイライラしてしまって、仕事ではつい周囲に怒鳴ってしまったり、あからさまに不機嫌な態度をとってキレてしまう。これって、コミュニケーション能力の欠如だと自分で悩んでいるそうよ。

「俺って、人並み以上に暮らせてきて、困ることなんてなかったんですよ。でも、実は胃の中の蛙だったって気付いたんです。思い通りにならないことだらけで、自分の意見が通らないことが当たり前の社会に段々と馴染めなくなってしまっていました。自分の主張を押し通すのは得意なので、プレゼンは任せられるし、それで何度も企画を通した実績もあって会社では重宝してもらえているけど、性格的に難ありだよな…とは自分でもわかっていて」

気付いていても、自分で自分の考え方や性格を根本から変えるのって難しいわよね。彼はキレやすい自分に気付き、周囲からの冷たい目線にも気が付いている様子よ。

 

【中でも、女性に指図されるのが大嫌い!】

彼が特にイライラしてしまうのが、女性に対してだというの。それじゃ恋愛なんて出来ないんじゃない?と心配になるんだけど…彼は、女性特有の感情論が大の苦手なんですって。

「男って、論理的な思考回路で結構過ごしているじゃないですか。でも、女性って独特ですよね…なんか、難しい。それってただの感情論でしょ?っていう根拠も実績もないような理論を、本気で正論のように押し通してしまうから怖い。女性に指図されるのはそれが理由で本当にイヤ。でも、それもどこかで女性のことを見下しているってことですよね。直さなきゃと思いつつ、つい辛く当たってしまうこと…あります」

パワハラ!とも言われてしまう怖い時代、女性を腫物扱いすることなく対等に話すべき。でも、彼の場合は女性の思考回路否定から入ってしまっているから問題よね。女性相手だと素直に話が聞けない、それでイライラしてしまう…って、ただ勝手にキレてるのと一緒!世の不特定多数の女性を批判しているようなもので、恋愛適応能力が無いに等しいということがわかったわ。

 

【ストレス発散方法を見つけようと努力している】

そんな彼、一応自分なりに改善を図ろうとしているようなの。ストレス発散方法を模索中なんですって。

「なんでも自分が正しいと思い込んでしまって、人を責めるのはやめたほうが良い…とはわかっているんです。だから、イライラしたときは一人カラオケに行ってみるとか、とにかく酒を飲むとかね、悶々と考え込むのはやめようと努力しているんですよ」

彼のコミュニケーション能力では、悩みを相談する相手もいないというのも困ったところ。イライラしてマイナスな気持ちになっているときこそ、誰かに話して広く視野を持つようにしたり、考え方の違いを冷静に分析できたりするんだけど…。

 

【すぐにキレる男の評価は、いかに】

自分は今まで人並み以上の結果を残してきたという優等生な彼。自信とは裏腹に思い通りにならないことが多く、イライラが日常的。よくキレると悪評絶えない…そんな彼の評価は、こうなったわ!

・ルックス—4
・コミュニケーション能力—1
・経済力—4
・恋愛適応能力—1
・将来性—3

見た目はキレやすいなんて見えない爽やかさで、かつ笑顔だって素敵な彼。年収は若くして4ケタ台の高収入男子だけど、やっぱり性格的なマイナスポイントが大きく足を引っ張っているといえるわ。自分の悪いところに気付けてはいるものの、改善には至っていない現状での評価がコレ。彼に必要なのは、「自分はいたって普通の男だ」という自覚と、「自分の意見が通ったらラッキー」程度に思う心の余裕ね。それでは次回も、お楽しみに!




関連記事

  1. 『×1女史の恋愛通信簿』人間も愛してほしい!動物への愛が過度な男…
  2. 『×1女史の恋愛通信簿』意外に高評価だった“折り紙が得意な男”
  3. 『×1女史の恋愛通信簿』自信欲しさに“自己啓発に凝り過ぎな男”
  4. 『×1女史の恋愛通信簿』夢は配信者?それとも…歌が好き過ぎる男
  5. 『×1女史の恋愛通信簿』人間嫌いの割に“ハムスターに目がない男”…
  6. 『×1女史の恋愛通信簿』まさに筋肉バカ!“筋力強化にこだわる男”…
  7. 『×1女史の恋愛通信簿』運動よりも恋“美ジョガーに夢中な男”
  8. 『×1女史の恋愛通信簿』離婚と言われても“競馬がやめられない男”…
PAGE TOP