黒崎 ハナ

『×1女史の恋愛通信簿』人は見た目が全て…モテたくて整形した男

皆さんこんにちは!皆さんは、外見を気にしたことはあるかしら?誰だって、憧れる容姿の人がいるでしょうし、逆に自分の外見に自信があるという人もいるでしょうね。あまりに外見へのこだわりが強すぎて、整形してしまったオトコがいるの。今回は、見た目にこだわった結果整形したオトコについてお話していくわよ!では早速、見ていきましょ!

 

【口元が下品と笑われたのがキッカケ】

大学在学中に、たくさんの飲み会に参加したという男性。今は30代に突入し、製造業で夜勤と昼勤を繰り返していて、しっかり人並み以上のお給料をゲットしているみたい。大学時代のノリは今も健在で、合コンの誘いがあればひとっ跳びというチャラさよ。見た目はとっても綺麗な顔立ちで、今人気の塩顔男子ってところ。一見冷たそうな外見なんだけど、話してみたら気さくでそのギャップに女性はキュンとしてしまいそう!でもそんな彼、実は整形しているの。

「大学時代に、口元が下品と言われたことがあったんです。そこさえなければめっちゃイケメンなのにね…と女性から言われたのが本当にショックで、ずっと口元を変えたいって思ってました。でも、当時の自分には整形なんてするお金もなく、勇気もなく…。社会人になって金銭的に豊かになったら、いつか生まれ変わってやろうと密かに野望を抱いてましたよ。それで、女子からめちゃくちゃモテたらいいなと思って」

人は見た目がある程度は大事だけど、整形までして手に入れたい美しさなの?というのはちょっと疑問が残るわよね。ただ、面と向かって「口元が下品」なんて言われたら、確かにショックは受けるってことはわかるし、ツラかったでしょうね。

 

【ダブルワークで貯めたお金で整形することに】

実際に社会人になってみると、思ったほど整形資金が溜まらないことがわかった様子。整形を実現するために、彼はダブルワークをはじめたというから驚きよ。

「実際、毎日しっかり働いても整形が現実的になるほどの貯金って出来なくて。毎日の暮らしと、あとは飲みとか付き合いで無くなっていってしまうんですよ。だから、副業を始めようと思って…。会社に許可をとって、会社がOKと認めた仕事をすることにしました。夜勤の週は、朝の新聞配達と午前の郵便配達。昼勤の日はパチンコ屋の掃除のバイトをはじめたんです。副業での稼ぎは全額貯金して、それでしっかり貯めて整形しようと決めたんです。結果、1年ちょっとでかなり貯まって、やりたかった施術が受けられるようになったんです」

金額を聞いたら、なんと3ケタ。自分の身体にそんなに投資するの!とビックリしたけれど、それで彼のコンプレックスが解消されるなら安いものだったんでしょうね。会社には副業の理由を整形したいから…というのではなく、借金があるから短期間でしっかり完済したいと話をつけたんですって。ありがちな失敗から抜け出すためと会社の人の同情をかい、無事に副業をしたようね。体力的にかなりツライ期間だったと思うけど、それをしてまで貯めて整形したかった…という強い意思が感じられるわ。

 

【整形してから世界が激変。たが、後ろめたさが…】

彼が長年夢見てきた、コンプレックスが解消された世界はどうなったのかしら。

「やっぱり見た目が全てだな…と思いましたよ。整形してから出会った子は本当にすぐ落ちる。カッコイイね…ってみんなが言ってくれて、整形したかいがありましたよ。ただ、男友達は若干引きましたね。そこまでしたの?とか、その金どうしたの?とか…親御さん大丈夫なのかとか。確かに、親には会いに行きにくくなりましたし、親は絶対に気付いているのに『整形したの?』とか声をかけてくれないんですよ。自分から言ってくるのを待っているのかもしれないけど、その温度感が結構ツライんです。後ろめたさがただただ募るというか…」

女性からは格段にモテるようになったという自覚がある彼。一方で、整形してから親に会う回数が減ったこと、それに親との会話がギクシャクするようになってしまったことが気になるようね。得るものがあれば、失ったものもあるということがうかがえるわ。

 

【オトコの評価は…?】

大学生時代に言われたことがキッカケで、整形をしてしまった男。女性からモテたい、外見を磨きたい…そう願って実際に行動に移した、そんな彼の評価はこうなったわ!

・ルックス—5(整形前…3)
・根性—5
・経済力—4
・恋愛適応能力—2
・将来性—3

自分がやりたいことをやるためには、寝る時間も自由な時間も惜しんで捧げた根性のあるオトコ。それがたとえ、整形してモテたいというちょっと浮ついた野望だったとしても、行動力と根性は人一倍あるんじゃないかしら。ただ、恋愛をするためには外見を変えなきゃ…という発想に固執したのはちょっと減点ね。ありのままの自分を受け入れてくれる女性との出会いさえあれば、彼は整形をしなくても有意義な生活が出来たはず。欠点が出てくるたびに整形していたら身も心もお金も持たないわ。コンプレックスとも上手に付き合っていけるようになることが彼には必要ね。それでは次回も、お楽しみに!




関連記事

  1. 『×1女史の恋愛通信簿』盛り上げ上手“カラオケを極めたい男”
  2. 『×1女史の恋愛通信簿』品定めが疲れる…買い物にこだわる男
  3. 『×1女史の恋愛通信簿』ストレス多し?なにかと文句をつける男
  4. 『×1女史の恋愛通信簿』普通に暮らせない“潔癖症な男”
  5. 『×1女史の恋愛通信簿』超インドア“新しいPCゲームに夢中な男”…
  6. 『×1女史の恋愛通信簿』正論ばかりでウザい…本から学び過ぎる男
  7. 『×1女史の恋愛通信簿』お洒落ランチが日常“カフェ巡りが好きな男…
  8. 『×1女史の恋愛通信簿』本業に支障が…“副業にハマりすぎた男”
PAGE TOP