黒崎 ハナ

『×1女史の恋愛通信簿』冷静沈着、でもモテない…常に論理的な男

皆さんこんにちは!どんなオトコがモテるのか…って考えたとき、クールなオトコってカッコイイなと思われがちよね。強くて頼れてクール、これはモテ男かと思いきや、今回紹介するオトコは非モテライフを送る30代後半よ。なぜ彼がモテないかというと、論理的過ぎること。女性にとって論理的なオトコがどう見えるのかも含め、早速見ていきましょ!

 

【映画での俳優さんに憧れて…クールさこそモテると思った】

誰もが一度は憧れる、俳優さんや女優さん。クールでカッコイイ、整った顔立ち…そんな憧れからか、クールなオトコこそモテる!と思った男性。出会いはあるものの、常にクールで論理的に振る舞っていると、段々と女性が離れていく現実を知ったというのよ。

「どんなときも冷静沈着、ピンチのときも取り乱すことなく論理的な主人公…カッコイイと思いませんか?そんな男になろうと思って、女性と関わるときもクールに徹してきました。デートの時も会話もクールな男を装っていたけれど、気付いたら女性達が去っていく。クールってモテるんじゃないの?って疑問に思うくらいです。」

俳優さんのクールさは、あくまでのその作品の中のみ。もちろん、正真正銘クールな人もいるかもしれないけれど、やはり自分をカッコ良く見せるために取り繕っている男性のほうが多いでしょうね。女性としては、その「作ってる感」がたまらなくウザく感じてしまったり、面倒くさいな…と思ったりするものよ。

「皆それぞれ笑ったりバカ言ったりして楽しんでいるのに、たまにいるクールを装う男って感じ悪いんですよ。周囲はあいつサムイーって思っているのに、本人に自覚がない。周りは自分が思っているほどカッコイイと思っていないし、むしろ心のままに過ごしている人の方が素敵だと思う」(30代女性・公務員)

男性が思い描いているクールでカッコイイ男とはかけ離れた評価をされてしまっていることが伺えるコメントよね。あくまでも映画の俳優さんはその作品の中のみ輝く存在であって、カッコ良さをはき違えるのは危険ということ!

 

【初対面の人には好印象を持ってもらえるけれど…】

実際に彼は初対面の女性からは結構いい感じでお茶してもらえるみたいなの。ただ、話をしていくにつれ、彼の論理的なウザさが露呈するみたい。友達の紹介で彼と一度デートしたことがある女性いわく、つまらないオトコだと感じたんですって!

「はじめ会ったときは見た目も良く、物腰も穏やかそうで素敵かなと思ったんですけど、話をしてみるとどんなときもノリが悪く、ただ冷静なコメントをつけてくる感じ。それバカにしてるの?って思うくらい、作ってる感のある振る舞いに萎えました。付き合いたいとは思わないし、友達に紹介したいとも思わなかったですね」(20代女性・会社員)

好印象を持ったかと思えば、話してみたら全くつまらなかったという女性。クールに徹して論理的に会話をしたところで、感情の生き物である女性の心には響かなかったということね。

 

【仕事では役立つ論理的思考。職場の女性からの評価は上々】

そんな彼だけど、仕事ではそのキャラ作りが徹底しているのかとっても評価が良いの。いつでもしっかり仕事をこなせて、信頼できると思っている人が多くて…。仕事だけの関係を割り切れば、彼はとても良いオトコだといえるわね!

「どんなプロジェクトを進めるにも、しっかり計画的にやってくれるのが好感持てます。真面目だし、反応薄いし、不愛想かもしれないけど、仕事をする上では淡々とやってくれるから嬉しい」(30代女性・会社員)

あくまでもビジネスパートナーとしては高評価ということがわかるわね。仕事だけではなく、プライベートでも充実した毎日を送ってもらいたいところよ。

 

【常に論理的なオトコの評価は、いかに…】

俳優さんのようにクールな振る舞いがカッコイイと思い込み、普段から論理的な会話を心がけているオトコ…見た目はそこそこ、本来の性格はとても気さくなんだけど…評価は、こうなったわ!

・ルックス—3
・冷静さ—5
・空気を読む力—1
・恋愛適応能力—2
・将来性—3

特別優れたルックスであるということではなく、はたまた特別経済力があるワケでもない…。彼にあるのは演技力。クールで論理的な男を演じ切る力はさすがね。ただ、それモテるオトコとして効果的かどうか…というとそうではないと気付くべき。彼には、空気を読む力が足りてないといえるわ。もっと女性の心を掴むような男を装って、会話が盛り上がるような雰囲気で接することが出来れば、彼のプライベートは仕事並に充実するはず。自分の憧れを優先するよりも、女性の反応をしっかり確認して違った自分を演出できるようになれば、きっと彼は変わるはず。せっかくの出会いをムダにしないよう、彼にはいつでも論理的というスタイルを崩してもらいたいところね。それでは次回も、お楽しみに!




関連記事

  1. 『×1女史の恋愛通信簿』女子以上の女子力“手作り弁当の男”
  2. 『×1女史の恋愛通信簿』マメさが大事“記念日祝いが必須な男”
  3. 『×1女史の恋愛通信簿』本業に支障が…“副業にハマりすぎた男”
  4. 『×1女史の恋愛通信簿』周りの目なんて関係ない“コスプレ好きな男…
  5. 『×1女史の恋愛通信簿』デートの時間も無い…習い事で忙しい男
  6. 『×1女史の恋愛通信簿』理想が高いけど…結婚したくて仕方ない男
  7. 『×1女史の恋愛通信簿』思いを口に出してしまう…独り言が多い男
  8. 『×1女史の恋愛通信簿』自分の利益が最優先…“損得で判断する男”…
PAGE TOP