黒崎 ハナ

『×1女史の恋愛通信簿』安心感を得るために…資格取得に励む男

皆さんこんにちは。皆さんは、なにか資格を持っているかしら?資格が無くても仕事は出来る一方で、資格があったらよかったのにな…と思うような職種もあるわよね。今回は、そんな“資格”を熱心に取得するのが趣味だという男性を評価していくわよ!努力家?はたまた自分に自信が無さすぎクン?どんな評価になるかしら。早速一緒にみていきましょう!

 

【空いた時間を有意義に使いたいと考えて…】

親に言われるまま進学したという彼、今は立派な社会人。彼とわたしの出会いは高校のとき…先輩後輩という仲で、とってもニコニコいつも話してくれるのが印象的な男性だったわ。人となりが良くって結構モテていた印象がある彼だけど、優柔不断なのと無趣味だというのがイヤだったというの。大学生になった彼が始めたのが趣味探し。スポーツやら音楽やら色々やってみたり、サークルに参加してワイワイやったりするのもいいかなと思ったけれど、根が真面目な彼はなにか有意義に時間を使いたいと思うようになったんだとか!

「友達とつるんで、若いうちしか出来ないことして過ごすのもいいと思う。でも、なんか違うな~と思って。もっとこう…有意義な過ごし方というか、生涯役に立つようなことに時間を使えないかなと思ってたところでテレビドラマの再放送があってさ。正社員よりも働ける派遣社員の人の話で…資格をたっくさん持ってて、なんかすごいな!と感化されて…。自分でその人みたいに、資格を色々な種類とって、生涯にわたって活用していけたらと思ってから資格取得を目指すようになったんだ」

わたしもそのドラマを見ていたからわかるけど、確かに興味をそそられる内容だったわね!資格を持っていると出来ることの幅が広がるんだということがわかって、資格っていいなと思ったものよ。でも、だからといって自分がそうやってたくさん資格を取ろうとは思わなかったわね…!

 

【資格取得が趣味と履歴書に書いて、就活を制した!】

彼はそれから空き時間を利用して資格取得に臨んだというの。まずは、独学ですぐに受験が出来るような資格に挑んだんですって。秘書検定、簿記、パソコン関連の資格…受験料とガイドブック的なものを買うお金くらいしかコストはかからず、本当に資格を一気に3つもとったというのよ。それで楽しくなってきた彼は、もっと難しい資格取得に挑み始めたの。

「まずは気象予報士。難しいって聞くし、持っていたらお天気アプリとかの開発とか維持管理に関われるかもしれないと思って。理系だったしさほど抵抗感はなく買ってきたテキストで勉強をして、1年くらいで受験して無事に合格したんだよね。あとは、乗り物系とかね。免許合宿みたいなものにも参加して、普通免許から大型免許、フォークリフトの免許講習にも参加したよ。一番難しかったのが電気工事士の資格。あれは実技試験もあったので、普段使い慣れない工具とかで練習する必要があったから…工業高校出身の友達に声をかけて、色々教えてもらって。テキストで見るだけと違って実技試験がめちゃ緊張したけど、無事合格したときはとっても嬉しかった!」

段々と資格取得のための費用が必要になってきて、アルバイトで家庭教師をやっていた彼。バイトで稼いだお金で様々な資格を取り、合格をすることで自分自身に自信をつけていっていたみたい。“良い生き方”というか、本当に時間を有意義に使えていてスゴイわよね。

そして履歴書の有資格欄を埋め尽くすほどの資格を大学生活で取得し、採用担当者に驚かれ…無事に第一志望の企業に入社できたというのよ。

 

【女性陣からは根暗だと呆れられる日々だが…】

就職してからも、彼の趣味は資格取得。休みの日は家にこもって勉強をし、友達との付き合いは最小限にしているんだとか。今は彼女が欲しいとは思っていなくて、今は自分のために資格をたくさんとって知識を増やしていきたいというの。

「今、恋愛をしたところで多分デートとかに時間を費やせないと思って。資格の試験日は年何回とか決まっているし、それを逃せばまた来年まで待たなければならないものだってあるから…『わたしと資格どっちが大事なの』とか言われても困るからね(笑)」

職場の女性陣からは根暗だとか、変人だとか散々言われているみたいだけど、実際に資格をたくさん持っていることをブログに書いて副収入を少しだけれど得て充実しているみたい。

 

【資格取得に熱心な彼の評価は、いかに…】

有意義に時間を過ごしたいと思って、資格取得に励む男性。まだまだ若いのに、女性関係の充実よりも自分の保持資格の充実を図っているというちょっと変わった男性よ。そんな真面目な彼の評価は、こうなったわ!

・ルックス—3
・経済力—3
・計画性—5
・資格取得への努力—5
・将来性—5

目立った欠点が見当たらない彼だけど、あえて挙げるとしたら“自分を中心に生きている”ということかしら。人って、自分のために頑張れるのには限界があると思うの。恋人とか家族のために頑張ろう…と思うと、人ってもっと成長できるのよね。だから彼は今、自分のために生きているから、きっといつか伸び悩むと思うの。そのときはしっかりと周囲を見て、恋愛をして、自分以上に大切な人と出会って…より自分の力を高めていってほしいわね。頑張り屋さんの彼ならきっと、素敵な彼女に恵まれることでしょう。それでは次回も、お楽しみに!




関連記事

  1. 『×1女史の恋愛通信簿』コスパ悪ッ!…ご当地グルメに凝る男
  2. 『×1女史の恋愛通信簿』欲深い? …自由に生きたい夢みがち男
  3. 『×1女史の恋愛通信簿』周りの目なんて関係ない“コスプレ好きな男…
  4. 『×1女史の恋愛通信簿』普段はもちろん、夜も…“香りにこだわる男…
  5. 『×1女史の恋愛通信簿』お洒落ランチが日常“カフェ巡りが好きな男…
  6. 『×1女史の恋愛通信簿』サプリ必須!…健康に気を遣い過ぎる男
  7. 『×1女史の恋愛通信簿』あれ?B専…“こけし顔が好きな男”
  8. 『×1女史の恋愛通信簿』オシャレ度MAX…インテリアにこだわる男…
PAGE TOP