黒崎 ハナ

『×1女史の恋愛通信簿』心優しい…ボランティア精神旺盛な男

皆さんこんにちは。頑張って勉強や仕事をして美味しいものを食べにいったり、着たかった服を買ったり…わたしたちの楽しみって、基本的にそんな感じよね。でも、今回お話ししていく男性の生き甲斐はボランティア。自分のために生きるのではなく、誰かのために生きる彼…そんな心優しい彼について、今回は評価していくわよ。早速、一緒に見ていきましょ!

 

【周囲に優しさに触れて育った幼少期】

彼が3歳の頃に父親が脳卒中で亡くしていて、お母さんとお兄さん2人との4人家族だそう。お兄さん達は中学生になって朝夕新聞配達をして、家計を支えていたというの。彼の家の事情を知っている近所のひとたちは皆優しく、たくさんの善意に本当に助けられたんですって。

「近所のパン屋さんは、売れ残ったパンをタダで譲ってくれたし、隣の家のオバサンは実家から送られてきたという精米されていない米を何十キロもゆずってくれた。それで母さんはいつも周囲に頭を下げて…。近所の人が優しいのは、母さんや死んだ父さんの人柄かな?と思ったんですよね。だから、自分も人に優しく生きようと…そして人に優しくされる人になろうと思ってました」

彼も中学生になると新聞配達をはじめ、お兄さんたちが高校を出て働き始めたころ近所の町工場のおじさんから声をかけられ「子宝に恵まれなかったから、うちの事業を継がないか」と声をかけられるまでになったというの。周囲の優しさに囲まれ、彼は愛情いっぱいで育ち、そして彼自身も愛に満ち溢れたオトコに育ったのね。

【休みの日にはボランティア三昧で過ごす】

たくさんの出会いに恵まれて、彼は今もその町工場で働いてるんだけど…稼ぎはそこまで良くなくって、まだ実家でお母さんと二人で暮らしているというの。休みの日はなにをして過ごしているのかというと、ボランティア。廃棄になりそうな食品を配る非営利組織の活動を支援する人に登録をしていて、休日はそれに参加しているというの。

「賞味期限が切れそうでもう販売できない食べ物を、小売店とかから仕入れて捨てないで施設とかに渡す活動のお手伝いをしてます。自分も子どもの頃はそういう人からの善意で食事にありつけたので、大事かなって。ボランティアだから、金銭的なメリットは一切ありません。それこそ、賞味期限が切れそうな食料を使って調理して、活動している皆で昼食を食べるくらい(笑)。それでも楽しいし、なにより感謝してもらえる」

豪雨災害があった土地に足を運ぶこともしばしば…家を手放す際の掃除の手伝いもしたことがあるという彼。なぜそこまで、身を粉にして働けるのか聞いてみたら、働いている意識はないって教えてくれたの。ここまで良く生きることが出来たら…素敵よね。

 

【海外旅行で日本と諸外国とのボランティア意識格差を知る】

彼はコツコツ貯めたお金で30歳過ぎに、お母さんの夢だった海外旅行を叶えてあげたんですって。お母さんと2人で、ヨーロッパ旅行をしたというのよ。そしたら、その国のお金持ちはボランティア活動がすごくって…資産をごっそりボランティアで寄付する流れが出来ていることを知ったの。日本では、高級な車や高額な物件に住んでいるのがステイタスで、高い腕時計を何本も持ち、宝石を買い集めるのが富豪よね。でも、そういったものへの価値よりも、慈善事業への投資が評価されて本当のセレブ認定につながるというから驚いたんですって!

「だから日本ではボランティアがあまり流行らないというか、やる人とやらない人という2分化がされてしまっているんじゃ…と思ったんです」

旅行ついでに自分が興味のあるボランティアが主流となった社会を見て、より刺激になったとい彼。会社の人にも声をかけ「うちの会社はボランティア活動積極的にしてます」というアピールもしているというの。彼の人柄は会社の体質も変えたのよ!

 

【ボランティア精神に溢れる彼の評価は…?】

幼少期の経験から、人に優しく…を根底に生きてきた彼。ボランティア活動をすることが楽しく、生き甲斐として習慣化している素晴らしい彼は、家族思いなところも特徴ね。早速、見ていきましょ!

・ルックス—3
・経済力—2
・ボランティア精神—5
・やさしさ—5
・将来性—5

人に愛される彼、就職時にも人のご縁だった彼のその人柄は、彼の武器でもあって特徴でもあるわね。ルックスはそこそこ、経済力に関してはイマイチだけど、しっかりとお金を貯めてお母さんの夢を叶えてあげる程だから、計画性もあるしやさしさに溢れた男よね。きっと、彼はこれからもそのスタンスを変えることなく、彼女が出来ても彼女のことを大切にするでしょうね。たくさんの人を愛し、優しい目を注ぎ、出来ることを協力しながら彼はたくさんの人の力になっていくことでしょう。彼みたいに皆が生きることが出来れば…それこそ世界は平和になるんじゃないかしら。そう思えるくらい、彼の生きる様は輝いているわ!それでは次回も、お楽しみに!




関連記事

  1. 『×1女史の恋愛通信簿』独身貯金無しなのに…家を買おうとする男
  2. 『×1女史の恋愛通信簿』まさに筋肉バカ!“筋力強化にこだわる男”…
  3. 『×1女史の恋愛通信簿』自己中過ぎる…自分の意見を曲げない男
  4. 『×1女史の恋愛通信簿』寸法を測る!“収納をキッチリやりたい男”…
  5. 『×1女史の恋愛通信簿』女子以上の女子力“手作り弁当の男”
  6. 『×1女史の恋愛通信簿』未練タラタラ“過去の恋愛を引きずる男”
  7. 『×1女史の恋愛通信簿』人生一度きり!最高のプロポーズをしたい男…
  8. 『×1女史の恋愛通信簿』絶対彼にはしたくない“細かすぎる男”
PAGE TOP