黒崎 ハナ

『×1女史の恋愛通信簿』真面目だけど重い…すぐ結婚という男

皆さんこんにちは!恋愛をする以上、いつか結婚したいと思っている人も多いんじゃないかしら。一方で、恋愛をただ楽しみたいという気持ちで異性と接し、毎日楽しく過ごしている人もいるかもしれないわね。今回は、好きになった人にすぐ結婚をにおわせてしまうちょっと重いオトコについてお話しをしていくわよ!悪い人ではない彼だけど、女性陣にはどう思われているのか、惚れっぽい彼の行く末は…?早速、一緒に見ていきましょ!

 

【いつでも本気!結婚願望が強い自覚アリ】

彼は旅行代理店で勤務している20代男性。見た目はとっても爽やかで、合コンでも人気が出る今風の顔つき。細身で慎重はそこそこ…これは女性からの評価は良いんじゃ?と皆思うでしょ?でもね、この彼が本当に困ったもので、すぐに「俺と結婚する?」って言っちゃう結構軽いヤツなの。ただのチャラ男かよ!と思うなかれ…ただひやかすために言っているのではなく、彼は本気で言っているの。

「ただ好きだから付き合うというのはちょっと感覚が違って。好きだから付き合うし、好きな相手とずっと一緒にいたいから、結婚を意識してしまうってワケです。いつでも本気だし、遊びたくて誘い文句として話しているわけではないんですよ」

結婚願望が強いという自覚があるみたいで、彼はなにかと女性との結婚生活を妄想するというのよ。恋人になったその先を早々と考えてしまう彼だからこそ、悪気はなくてもついつい結婚という言葉を口にしてしまうのかもしれないわね!女性は結婚に対しては若干ナイーブになっている人もいるし、簡単に口走って欲しくはないんだけど…彼は悪気が無いから、余計に厄介なのよね。

「自分が真剣に付き合っているんだよってことを教えたい。それに、結婚を意識している女性に対して、付き合ってみないとわからない的なことを言うのは失礼かと思って、抵抗感なく結婚という言葉を口にしていますね」

その彼にとっての善意が、世の女性の多くを傷つけているということに気付いてもらいたいところだわ!

 

【交際したからには、将来のことを考えたい…】

彼の友人知人からは結婚の約束なんてしたら恨みをかうぞ…と忠告をされているらしいんだけど、彼は全然響いていない様子。付き合って、それで長くなってきたら結婚について考える…というのが一般的だし、付き合う時点で「結婚を前提に…」という文言を聞くことって、最近だとかなり珍しいんじゃないかしら。

「将来は子どもが欲しいとか、郊外に家を建てて家族でのんびり暮らしたいって思っているんです。今は結構出張も多いんですけどね、結婚後は働き方も見直して、家庭での時間を長くとりたいなって思って。今は男は働いていれば許されるって時代ではないし、人生を楽しむためにお金が必要だから働かなければならないだけで、家族のことを一番に出来る男でいたいと思ってます。だからこそ、結婚を意識して真剣に付き合っているんだぞと伝えて良いのかなと」

女だって、将来は家庭のことを大事に暮らしていきたいと思うけれど…それを付き合う時点で前置きする必要ってある?と疑問に思うのはわたしだけかしら。なにも間違ったことは言っていないし、むしろ真面目なことばかり言っている彼。だけど、善意の塊だけど女の敵に見えるのはなぜかしらね。

 

【女性陣からは重い、キモイと不評で悩む日々】

女性のことを想い、そして将来を妄想している彼だけど、日々の業務はしっかりこなしている様子。20代の男性で、そこそこ稼げている方だと思うし、外見のスペックは上々だから女性陣からは高評価の嵐…かと思えば、気心知れた女友達からは不評らしく悩んでいたの。

「恋愛の話って、女友達ともよくするんです。自分は姉2人いることもあって、女性との会話が好きだし、落ち着くので色々な話をしちゃうんですけど女性陣の反応はヒドいですよ。好きな子できたときにした話とかすると、重いとかキモイとか…もう悪口ですよ!でも、女友達の評価が悪いからって、自分の信念を曲げてしまうのも違うかと思って、一生懸命に恋愛しているつもりなんですけどね!」

周囲の評価は気になるけれど、それで自分のやり方を曲げることはしないという徹底っぷり。結婚をすぐににおわせるということについては、女友達からも良くないと言われている様子ね。その女性陣の意見を採用してくれれば、彼も少しは恋愛が成就しそうなんだけど…。

 

【すぐ結婚という男の評価は、いかに…】

悪気はないけどついつい結婚を意識させてしまう…見た目ハイスペックな彼。真面目だし、一生懸命に恋をしているけれどつい「結婚」の二文字を漂わせてしまう…そんな彼の評価は、こうなったわ!

・ルックス—5
・妄想力—5
・経済力—4
・恋愛適応能力—2
・将来性—2

彼の決定的な問題点。それは自分の思いを伝えれば良いと思い込んでいることね。周囲の意見を聞いて、「結婚」を意識させることは相手にとって重圧にもなるということを知って欲しいと思ったわ。自分が良かれと思ってしていることも、相手にとっては迷惑だったり傷つくことだったりするわよね。彼はその「相手の心情を察すること」が足りないのよね。それでは次回も、お楽しみに!




関連記事

  1. 『×1女史の恋愛通信簿』ありがた迷惑…サプライズ好きな男
  2. 『×1女史の恋愛通信簿』インスタ映えが大事…食器に凝っている男
  3. 『×1女史の恋愛通信簿』些細なことでもイライラ…キレやすい男
  4. 『×1女史の恋愛通信簿』外食や手料理よりも“冷凍食品が大好きな男…
  5. 『×1女史の恋愛通信簿』つい集めたくなる…コレクション癖のある男…
  6. 『×1女史の恋愛通信簿』お洒落ランチが日常“カフェ巡りが好きな男…
  7. 『×1女史の恋愛通信簿』あれ?B専…“こけし顔が好きな男”
  8. 『×1女史の恋愛通信簿』焦りがあって…セミナーに参加しまくる男
PAGE TOP