黒崎 ハナ

『×1女史の恋愛通信簿』羨むにも程がある…他人に嫉妬しすぎる男

皆さんこんにちは。皆さんは、自分以外の誰かを羨ましいと思ったことはありますか?筆者は何度か経験があります。きっと皆さんも、一度は人を羨ましく思ったことがあると思います。そこで今回は、羨むにも程があるくらい、そしてリスペクトの域を超えて他人に嫉妬してしまう困ったオトコについてお話ししていくわよ。一体どんな評価になるかしら。早速、一緒に見ていきましょ!

 

【他人に嫉妬するようになったのは学生時代だった】

彼と私の出会いは、タイムマネジメントを学ぶセミナの会場で。意見交換の自由時間になったときに、やけに一生懸命に話を仕切っている男性がいるから、気になって声をかけたの。聞けば、自動車工業で勤務する一工員さんで、平社員で、タイムマネジメントなんて仕事にはほぼ必要ない職種だっていうの。その分、自分が知識を付けておけば、これからもし出世したとしても大丈夫だと思い、かたっぱしから自己啓発セミナ関連を受講しまくっているんですって。成長したいという気持ち、素晴らしけどなぜそういった休日の過ごし方を選んでいるのかと聞くと「SNSで友人にそういう人がいて、羨ましく思ったから」なんだとか。

彼は、人がより素晴らしい休日を送っていると、自分の休日が台無しになったような感覚に襲われるというの。その感覚は学生時代からあるらしくって、彼は部活動などなにもせずに家でゲーム三昧していたらしいんだけど、そのときに親から「時間をもっと有意義に使いなさい。○○くんは…」と、他の人と比べられた経験があるというの。それで、人と比べて、人よりも素敵な時間を過ごさないと気が済まなくなってしまったみたい。学生時代に何気なく親から言われたことで、他人をリスペクトするようになるというよりも歪んだ方向に進んでしまい、嫉妬心を燃やしてしまうようになってしまった…ちょっと性格に癖があるオトコになってしまったのよ。

 

【恋愛でも嫉妬は絶えない。嫉妬が原因の別れも】

嫉妬といえば、やっぱり恋愛。自分が好きになった子が、他の男のことを素敵だと思い、恋に落ちる…。自分の努力ではどうにもならないことも多く、もどかしい思いが相手男性への嫉妬につながることが多いと思うの。もちろん彼も同じ。だから、彼女がいる男そのものに敵対心を感じるんだとか。

「彼女とデートだから休むとか、親に挨拶に行くから休むとか…リア充アピールして有給消化するやつ許せないです。むかつきます。もっといい男がいると思う。好きになった子をなんとか射止めて、付き合い始めたら、今度は彼女の男友達が気になってしまう。俺がいるんだし、男と連絡とる必要なんてあるのか?と思って…それでケンカになって、別れてしまった経験があるんです。どうして気持ちが伝わらないのか…俺はただ、彼女のことを大事に思っていただけなのに」

それこそが重く、男友達との縁切りを彼女に求めるところは筋違い。でも、そこに気付かず、自分の気持ちだけで動いてしまう傾向があるようで、相手からは迷惑がられたり自分勝手だね…と言われたりして冷たい反応をされてしまうんだとか!わたしも彼みたいなオトコは、はっきり言って面倒ね。自分で付き合う人くらい選べるし、男友達に対して嫉妬されたところでどうにもならない。そんなことで嫉妬されても困るから、もういっそ面倒だからお別れしましょ!となるに決まっているわ!

 

【嫉妬の対象は人間だけではなくなってしまった】

彼の嫉妬の対象は、もはや人間だけではなくなってしまっているんだとか。

「ペットに対してすごく嫉妬するようになりました。気になる子がいて、その子が犬を飼っているようなんですけど、犬が羨ましすぎて、なんか憎たらしく思う。四六時中一緒にいていいなぁと思うあまり、可愛いと思えなくなってしまって」

人間だけに留まらず、嫉妬はペットにも!もうここまでいってしまうと、なにも出来ないしなにも飼えなくなってしまう。彼には、根本から意識を変えてもらわないと無理そうね。

 

【嫉妬しすぎる困った彼の評価は、いかに…】

学生時代から嫉妬心が強く、羨むどころか憎たらしく思うようになってしまったという心が曲がってしまった彼。早速チェックしていくわよ!

・ルックス—3
・経済力—3
・向上心—5
・自分愛—5
・将来性—2

彼の唯一の良いところは、自分のことは大切に思えていること。周囲の人や物を羨むあまり、「俺なんて…」と投げやりにはなっていないという部分が救えるわ。あとは、自分よりも良い環境にいる人や物に対して、ただ嫉妬するだけではなく「どうしてそうしているんだろう」とか「なぜそんな良い思いが出来ているのか」といった過程に着目してみるのが重要ね。自分が羨ましく思うポジションにいる人は、どうやったそこにたどり着いているのかを学んで、自分の成長につなげていく必要があるわ。ただ単に、嫉妬ばかりして成長しないようでは、彼女をつくるのは難しいでしょうね。それでは次回も、お楽しみに!




関連記事

  1. 『×1女史の恋愛通信簿』伸びしろが無い…起業がゴールだった男
  2. 『×1女史の恋愛通信簿』信じていいの?“愛の言葉を頻繁に言う男”…
  3. 『×1女史の恋愛通信簿』婚活のために“カクテル作りを習得した男”…
  4. 『×1女史の恋愛通信簿』好き過ぎて自分で釣る“魚が大好きな男”
  5. 『×1女史の恋愛通信簿』市販は嫌!“手作りスイーツに凝る男”
  6. 『×1女史の恋愛通信簿』責任感の欠落した“仕事を休みたがる男”
  7. 『×1女史の恋愛通信簿』思いを口に出してしまう…独り言が多い男
  8. 『×1女史の恋愛通信簿』女好き過ぎる!“浮気癖がなおらない男”
PAGE TOP