ALL

【元風俗嬢が語る男と女】女性の人生を狂わせる『魔性の男』

なんとなく危険な香りのする『魔性の男』に、あなたは出会ったことがありますか?
それっぽい人には幾度となく出会ったことがある私ですが、本物の『魔性の男』には怖くて会いに行けず。今では、絶対に関わり合いたくないと思っています。
『魔性の女』についての逸話はよく耳にするけれど、『魔性の男』についてはあまり聞きません。この人に近づいたらヤバイってわかっているのに、恋に落ちてしまう。顔やスタイルは普通なのに、出会いの瞬間から強く惹きつけられる。魔性とは、そんな魅力を持った人のことを指す言葉。魔性の男に出会ったとき、自分はどうなるのか――。それを想像すると、ちょっと怖いですよね(笑)。
■No.1風俗嬢を落とした魔性の男
私が現役で働いている頃、風俗情報誌や街中の看板で大きく宣伝されている風俗嬢がいました。この業界で働いたり遊んだりしている人のほとんどが彼女のことを知っていたでしょう。他店の嬢ですし、一度も話したことはなかったのですが、「新規での指名は1年待ち」という話をお客さんから聞いたことがあります。実際、街中で彼女を見たことがあるのですが、物凄く可愛い女性でした。スタイルも良く、「どうして芸能界に入らないんだろう?」と不思議に思ったほどです。
数多の男性から求められるNo.1風俗嬢。でも、恋をすれば普通の女性になってしまうのでしょうか。彼女はホストクラブでもボーイズバーでもない、普通のショットバーに勤務する男性に恋をしたそうです。そこでいい様にあしらわれた挙句、心の病を患ってしまったのだとか。私が最後に見た彼女の姿は風俗情報誌。グラビアが掲載されていたのですが、その姿はやせ細っていて、まるで別人のようでした。それからほどなくして、彼女はこの業界から姿を消してしまいました。
■魔性の男って、どんな人?
業界No.1の女性を落とした男性として、風俗嬢の中で話題となったショットバーの店員。バーのHPにUPされている写真を見る限り、そこまでイケメンといった風ではなく、ごくごく普通の25歳・バーテンダー。だからこそ、この男性のどこに魅力が…? とみんな気になってしまい――。今思えば、この時点ですでに『魔性の男』はその魔性っぷりを発揮していたのかもしれません。
私がショットバーを訪れるよりも早く、友人と店に突撃した先輩風俗嬢。彼女によると、彼は左薬指に指輪をしていたり、ペアの片割れっぽいデザインのストラップを携帯につけていたりと、女の影がチラチラ。なのに「一人で寝たくない」とか「一人で買い物に行けないんですよ」と、寂しがり屋であることを会話の中でアピールしてくるのだそう。
女性は基本的に寂しがり屋です。この人と付き合うことが出来れば、寂しがり屋の私と一緒に寝てくれるかも? 一緒にお買い物へ行ってくれるかも? と期待しちゃう女心。また、そのお店はカウンター越しでの接客が基本なので、ほかのお客さんと話している会話が丸聞こえ。彼が仲良く話しているお客さんから、ギロッと睨まれたりすると“女としての闘争心”がむき出しになり、「負けるものか!」ってなっちゃうとか、なんとか…。
またホストクラブとは違い、指名や売り上げなんて彼には関係ありません。関係がないからこそ「純粋に私に会いたいと思って連絡をくれるのかな?」って、都合よく解釈できてしまう。男性にお金を搾取されることに慣れている風俗嬢にとって、彼からの連絡はとても甘いものだったのでしょうね。
■最後に
私は先輩風俗嬢の話を聞いて、店へ行くのは止めようと決めました。だって、当時の私には恋人がいなかったのです。寂しい女心を突かれると落ちる自信があったので、決して『魔性の男』には会うまいと判断。それは今も良い判断だったと思っています。
魔性の女や男って、夜の世界や芸能界に多く集まるイメージがあるかと思いますが、もちろん普通の会社にも存在しています。「この人、妙な魅力があるな」って思う人には必ず女きょうだいがいますね。生まれたときから無意識のうちに、女の扱いを取得しているのでしょうか。男きょうだいしかいない男性より、姉妹を持つ男性は、はるかに魔性率が高いです。
また厄介なのが、容姿や金銭の有無に関係なく「自分は女を惹きつける」という事実に気付いている点でしょうか。女に苦労していないのですから、魔性の男と風俗店で出会うことはありません。つまり、性欲が溜まれば一般の女性と“浮気”や“不倫”をしてしまうということ。『魔性の男』と結婚する女性は大変だろうな、って思わされます。
出会えるのなら出会ってみたい『魔性の男』。でも、個人的にはそういった男性とは関わらない方が幸せだと思うんですよね。幸せになりたいのなら『普通の男』が一番ですよ、きっと。



関連記事

  1. <吉あやの恋愛メンテナンス>恋愛に「駆け引き」は必要?
  2. 【現役キャバ嬢ユズキのモテ指南】髪はオンナの命!オトコにも命?
  3. 【現役キャバ嬢ユズキのモテ指南】ホメ言葉で恋の引き寄せテク
  4. <吉あやの恋愛メンテナンス>ダメンズ度★★★:危険度MAXなDV…
  5. <血液型別恋愛マスター>B型彼氏を結婚に導くには!?
  6. 《吾輩はおっさん女子である》 バカップルに羨ましさを感じるこの頃…
  7. 《おばあちゃんの恋袋 第九十二話》緑色の目の怪物〜嫉妬の功罪〜
  8. ★電脳歌人ミコトの恋の覚書 その52★身近な異性…鎌倉佐弓
PAGE TOP