木南 きなこ

【脱・非モテのすゝめ】「素直になって」と言われてもできない時には

今回は「恋人には普通に接しているつもりですが、もっと素直になってと言われて戸惑っています」といったお悩みをいただきました。人への接し方は性格や感情の表し方も関係することだからこそ難しいよね。そんな時には「恋人の前だからこそ見せる一面」を意識すると良いんじゃないかな。

 

◯質問「付き合い始めてからしばらく経った恋人に、『恋人になってしばらく経つんだし、そろそろ素直になって接してくれても良いよ』『気を遣わなくても大丈夫だよ、もっと甘えても良いんだよ』と言われて戸惑っています。彼にとって私はまだまだよそよそしさが感じられてしまうのでしょうか。私としては恋人として普通に接しているだけに、『素直になるとはどういうことか』と疑問でなりません。恋人の言う『素直になる』ためには、一体どうすれば良いでしょうか?」

 

  • 素直になることは簡単じゃない

「素直になって欲しい」「甘えて欲しい」と言われたからといって、すぐに「はいそうですか」と態度を変えられるものじゃないよね。あなた自身の性格や感情の出し方も関わってくることだし、すぐに変えられるものじゃないし。

対して、好きな恋人さんは「素直」や「甘える様子」を求めている……っていうのは、「一体どうすれば良いの?」って難しい話になっちゃうよね。私は恋人に普通に接しているつもりなのに、まだよそよそしさを感じられているのかって。

 

  • 無意識の「よそよそしさ」があるのかも

でも、ひょっとすると、あなた自身は緊張していない・普段通りに過ごしているつもりでも、恋人さんの言うとおり「無意識のうちに恋人の前だからこそ良い彼女でいようと緊張しているかもしれない」ってことも考えられるんだよね。

それに、恋人さんは決して「私の前ではこうして欲しい」って甘えることを強制するつもりじゃなくて、きっと「肩の力を抜いても嫌いにならないよ」っていう良い意味であなたに言っているように感じられるし。

だから、恋人さんはあなたに対して「もっとありのままの姿を見せてくれても、それでも私はあなたのことを嫌いにはならないから」っていうあなたを安心させたいって気持ちから、「素直になっても・甘えても大丈夫だよ」ってあなたに伝えているんじゃないかなって。

 

  • さらに素敵な関係に発展させるには

あと、これだけは覚えておいて欲しいな、無意識のうちに「良い彼女であろうと気を遣っている・緊張している」のは、決して悪いことじゃないってことを。

だって、「親しき中にも礼儀あり」って言葉があるように、恋人っていう親密な関係でも、相手を思いやったり傷つけないようにしたりするのは大切なことだから。

あなたは恋人さんのことを大切に思えられているだろうし、相手さんもそんなあなたを思って「素直になって良いよ」って言ったんだと思うよ。とっても素敵な関係だね!

でも今回お悩みをいただいたように、あなたはもしかすると相手を思うがゆえの「無意識の言動や行動」から、相手に「まだ心を許してもらってないのかな」って印象を抱かせてしまっているのでは?と不安になっていて、「一体どうすれば良いの」って戸惑っている。

じゃあ、「素直」とか「甘える様子」とかどうすれば良いの?って話になるけれど、俗に言われる「普段は見られない、恋人の前だからこそ見せる一面」から始めたら良いんじゃないかなって感じるんだよね。こういう一面を意識することで、さらに素敵な関係に発展するように思うの。

 

  • 1番身近で大切な人の前だけのあなたを意識して

「普段は見られない、恋人の前だからこそ見せる一面」の例を挙げるなら、恋人だからこそできるスキンシップを豊富にする、親しくて大切な恋人だからこそ言える話をする、感情を豊かに出してみるなどなど。

こういう「他の人には見せないけれど、恋人の前だからこそ出る一面」こそ、「素直」や「甘えた様子」なんじゃないかなって思うの。

でも、愛情表現に様々な形があるように、「恋人の前だからこそ見せる一面」にもたくさんのものがあるはずだし、例に挙げたのはその中のほんの一部のはず。

あなた自身の「恋人の前だからこそ見せる一面」は上記のどれにも該当しないことがあるかもしれないけれど、一度恋人さんの前での自分自身について「1番身近で大切な人の前だけのあなた」を意識してみてほしいんだよね。

あなたが恋人さんにどう接しているかを意識すると同時に、相手さんのこともきちんと受け止めて、それからさらに素敵な関係に繋げられたら最高じゃない。

 

  • 形から入って、気持ちが後からついて来るのもアリ

それにたとえ、恋人さんに甘えることや恋人さんの前で素直に過ごすことを「フリ」として形から入ったとしても、今まで以上の親密なコミュニケーションやスキンシップから互いに「一緒にいて居心地が良い」「そばにいると落ち着く」と思えられるのも素敵じゃない?

形から「素直」や「甘えた様子」に入ってみて、それから次第に緊張がなくなって「素直なあなた」でいられるのかもしれないし。要はフリっていう形から入って、その後から気持ちがついて来るのも全然OKってこと。

お互いのことを思いやることができている素敵な関係だから、よりいっそう最高のカップルになれるように祈ってるね。




関連記事

  1. 【脱・非モテのすゝめ】問題なのは感情的か論理的かではなく
  2. 【脱・非モテのすゝめ】好きだからこそ都合の良い女になるジレンマ
  3. 【脱・非モテのすゝめ】新たな出会いの季節だからこそ気をつけたいこ…
  4. 【脱・非モテのすゝめ】季節のイベントは恋人必須なわけじゃない
  5. 【脱・非モテのすゝめ】同情と愛情は似て非なるものだから
  6. 【脱・非モテのすゝめ】久々の恋愛でのソワソワとどう付き合うか
  7. 【脱・非モテのすゝめ】「察してほしい」は建前?隠された本音は何?…
  8. 【脱・非モテのすゝめ】恋人の過去の相手が気になる時に心掛けたいこ…
PAGE TOP