木南 きなこ

【脱・非モテのすゝめ】デートで奢られたくない!どう対応すべき?

今回は「デートで奢られると貸しを作ってしまったようで苦手ですし、どういう対応をすべきなのかわかりません」というお悩みをいただきました。何かをどう感じるか・考えるかは変えられないけれど、行動や対応は意識するだけで変えられる。だから、互いに気持ち良いデートにできる対応を心掛けたいよね。

 

◯質問:「デートでは男性が支払いをすべき」という考えが一般的かもしれませんが、私はデートで奢られるのが嫌です。相手に気を遣いますし、払ってもらったぶん何か貸しを作ってしまった気がするので苦手でたまりません。かと言って、相手の人は「デートでの支払いを済ませる」を善意で行っていると思うので、全否定するのも悪い気がして一体どうすれば良いのかわかりません。極力デートでの支払いは平等に済ませたいと思っていますが、奢られたときにはどういうふうに対応すべきなのかアドバイスをいただけないでしょうか?

 

  • あなたのように考えられるのは素敵なこと

「奢ってくれて当然」って考え方が決して悪いってことじゃないけれど、デートでの支払いに関してあなたのように考えられるのはとても素敵だと思う。私がもし男だったら、「デートでのお会計は男性がすべき」って考える女性よりも、あなたのような人のほうが惹かれそうって感じるくらい。

けれど、「デートで奢られることが嫌だ」って気持ちがあるものの、その気持ちを全面に出してしまうと相手の人に悪い気がするし、お金を支払ってもらって悪い態度を取るのは失礼って感じているからこそ、「デートで奢られることへの対応」で困ってるんだよね。

出会いからすぐに奢る・奢られるって関係になると、余計にあなたは嫌な思いをするかもしれない。かと言って出会いから時間が経って親密になりつつあって、恋愛につながる過程のどこかのデートで支払いをしてもらうことであったとしても抵抗感はなくならないと思う。

どの過程でのデートであれその時々の支払いを済ませてくれた相手への対応としては、当然のことかもしれないけれどまず支払いを済ませてくれたことへの感謝を伝えるようにしたいよね。

 

  • 様々な伝え方がある!相手の男性への感謝を込めた対応

デートで相手の男性が支払いを済ませてくれた際の感謝の伝え方には様々なものがある。もちろん「支払いを済ませてくれてありがとう。ごちそうさまでした」って伝えることも表現の1つだし、それは必ず言っておきたいよね。

加えて、相手の人がそのお店を選んでくれていたとするなら「今日のお店良かったです」とか「今日のご飯とても美味しかったです」とか「今日のデートはとても楽しかったです」などなど、支払いを済ませてくれたお金に対しての感謝以外にも「デートの場を設けてくれたこと」「素敵が時間を過ごせられたこと」へのありがとうも伝えたいよね。

奢ってくれた・支払いを済ませてくれたのなら、きちんとそのことに感謝するのは一人の人間として当然のことだと思う。

加えて、お食事をしたその場所や時間の提供など、金額として見えない何かに対してのポジティブなコメントを残すようにすれば相手の人も満足してくれるはずだよ。「このお店をデートに選んだかいがあった」「楽しんでもらえて良かった」って。

 

  • 貸しを作ってしまったって気持ちが嫌なのなら

それに、奢られた・支払いをしてもらったって事実による「貸しを作ってしまった」って気持ちが嫌なのなら……その貸しをチャラにできる行動に移るようにしよう。

例えば、会計を支払ってもらった・奢ってもらったそのお店を去る後にまだ時間があるのなら「次のお店は私が払います」と2軒目を提案したり、次回デートする機会があるのなら「次のデートは私が設定して、ごちそうしますね」って言ったり。

奢られた・支払いをしてもらった事実は変えられない。その行為を否定するのは相手の人にも失礼だし、仮にお会計の際に「私のぶんまでお金を払うつもりなのかもしれない」と気付いて無理やり払おうとするのも相手の人のメンツに関わるよね。

相手の人に嫌な思いをさせたり失礼のないように済ませたりするには、やっぱりお金を払ってもらった後の行動で何とかするようにしようよ。上記で紹介した例は一部かもしれないけれど、そういう行動に移ることで相手の人の気持ちを大切にしながら次に繋げられるように思うし。

 

  • 大切なのはあなたの気持ちをどういうふうに伝えるか

「奢られるのは嫌だ」と感じるなって言うのは無理な話だよね。だって、あなた自身の価値観や考え方が大きく関わっていることだから。

物事の捉え方を変えるのは難しいけれど、あなた自身がどう思ったか・どう感じたかその気持ちを相手にどう伝えるかは変えられる。

質問に書いていることを読む限り、あなたは相手の男性に失礼な態度を取るような人じゃないと思うし、その心配はないはず。

けれど、マイナスに捉えてばかりでは勿体無いから、互いに気持ち良くデートができるような対応をすることで、出会いからデート・デートから恋愛、さらには恋人関係に繋げられるチャンスを広げていくようにしたいね。




関連記事

  1. 【脱・非モテのすゝめ】「恋人欲しい」と異性に言われる理由は2つあ…
  2. 【脱・非モテのすゝめ】モテのためのメイクで周囲の目が気になる場合…
  3. 【脱・非モテのすゝめ】同情と愛情は似て非なるものだから
  4. 【脱・非モテのすゝめ】恋人の過去の相手が気になる時に心掛けたいこ…
  5. 【脱・非モテのすゝめ】モテもテクも最初から持っているものじゃない…
  6. 【脱・非モテのすゝめ】思い出の残し方は人によって違うから
  7. 【脱・非モテのすゝめ】恋愛での失敗を何度も繰り返す人がはまる罠
  8. 【脱・非モテのすゝめ】シャイで恋愛で奥手になるのも魅力の1つ
PAGE TOP