木南 きなこ

【脱・非モテのすゝめ】モテもテクも最初から持っているものじゃない

今回は「異性へのアプローチの仕方が分からず、魅力的な異性として見せるにはどういう努力が必要ですか?」という質問をいただきました。私個人の意見だけれど、出会いや恋愛での場面でどうするかっていう「傾向と対策」を練ることが大切だと思うんだよね。

 

質問「異性へのアプローチの仕方が分かりません。どういう場面でどういう方法が良いのか、と知人の女性に聞いてみても「その場の雰囲気による」「アプローチでも文脈を読まないと相手を不快にすることがある」とぼんやりとしたアドバイスで切り捨てられています。確かにそうなのかもしれませんが、今ひとつ掴みきれません。魅力的な異性として見せるには、どういう努力が必要でしょうか」

 

  • 空気や雰囲気を読める人は素敵だけれど

あなたの女友達さんの言っていることも一理あるんだよね。確かに、空気とか文脈だとかをなんとなく察せられて、その場にピッタリなアクションに移せられる人は男女問わず素敵なんだもん。

けれど、空気とか文脈とか、息を吸って吐くように読めたら苦労しないよ!って感じだよね。

まず言えるのは、モテもテクも最初から兼ね備えてる人は少ないってことかな、私個人の意見だけどね。みんなそれなりに回数を重ねてモテたりテクニックを身に着けているんじゃないかなって思うんだよね。

 

  • 恋愛の場面で強く活かせられるものを生まれ持った人でさえ

美人な人や格好いい人がモテるのは、生まれ持った魅力以外にもそういう生まれ持ったもののお陰で言い寄ってくる人が数多くいて、その人達とのやり取りや関係を築く際の何かがさらなるモテ男・モテ女への礎になってるんだと思うよ。

そりゃあ、好意を持っている相手とそうでない相手と比較すると、前者のほうがイージーモードに決まってるよ。「好意を持っている」っていうのがある種のアドバンテージになって、何をしても喜ばれるというか歓迎されるというか、好意がある受け手の受け取り方がイージーモードなんだもん。

そういう生まれ持ったものが恵まれている人は、そのお陰で出会いとか恋愛とかの場面でモテやテクを磨くそもそもの試行回数が多いってのも強いんじゃないかな。「こういう態度を取ればこうなることが多い」「こんな時にはこうすれば良い」ってなふうな傾向と対策が立てられやすいし、次へと活かせるんだもん。

あと、試行回数を経なくても勘で空気や文脈を読める人もいる。たぶん、育った環境や生まれ持ったセンスでなんとなく雰囲気や空気を読めるんだろうけど、どっちにしろこういう「生まれ持った何か」が出会いだとか恋愛だとかの場面で強く活かされる人は良いよね、本当羨ましいよ。

 

  • 羨ましく思う・嫉妬するくらいなら一歩踏み出そう

そんな生まれ持ったものが強い人たちと対抗するには、やっぱり「中身で勝負する」か「自分なりにあれやこれやな試行回数を経て、傾向と対策を立てる」ことこそがあなたの言う努力に当てはまるかなって思う。

生まれ持ったものに恵まれている人は、そのお陰でモテたり出会いに恵まれたりするんだろうけれど、そういう経験する場・傾向と対策を立てられる場が多いからこそ相乗効果でどんどんモテていくというか……なんだろう、本当恵まれている人は恋愛がイージーなんだろうね(笑)

ナチュラルボーンでなんとなくモテやテクをこなせられる人がいるのは事実だけれど、ただただそういう人たちを羨ましく思ったり、何だよ畜生って嫉妬したりするよりは、自分なりに努力するほうが良いかなって感じるんだよね。

確かに、生まれ持った何かが恋愛の場面で強く活かせられる人は、それまでの人生や環境でモテやテクを実践してきた経験や実績が強いはず。

でも、あなた自身がこれから先の出会いや恋愛の場で何かしらの試行回数を重ねない限りは、ああいう人たちとはかけ離れていくだけのような気がするし。ほら、始めないと成功する確率はゼロだけれど、始めてみるとその確率は決してゼロじゃないっていうか。

 

  • 自分だけの自分に合った「恋愛での傾向と対策」を

「お前はそこまで美人じゃないから、せめて家事は何でもできるようになれ。あと無愛想じゃなくて愛嬌のある人間になれ」って親に言われて育った私が言うのもなんだけれど、テクニックだけは努力でなんとかなるよ!

それこそナチュラルボーンで恋愛の場面に強い人が周りにいればその人を参考にしたり、過去の恋愛での反省や経験を次に活かしたり……。

恋愛や出会い方は人の数だけ様々なあり方が存在するから、全てが全てに当てはまるってことはないだろうけれど、自分の性格や行動のパターンを踏まえて自分だけの『恋愛での傾向と対策』を作ってみない?

そのためには一歩踏み出す勇気が必要だけどね。ぼんやりとした回答になったような気がしないでもないけれど、臆せず一歩を踏み出して慣れることも大切だと思う。

恋愛や出会い方は人の数だけ様々なあり方が存在するからこそ、自分の性格や考え方に合った「恋愛での傾向と対策」を考えてみようよ。自分自身を見つめ合うと同時に、その場の相手の人のこともしっかりと向き合えられて、チャンスが増えるような気がするよ。




関連記事

  1. 【脱・非モテのすゝめ】モテテクを実践するという意気込みじゃなくて…
  2. 【脱・非モテのすゝめ】恋人だとしても他人には変わりないけれど
  3. 【脱・非モテのすゝめ】愛せる幸せを台無しにしないための心構え
  4. 【脱・非モテのすゝめ】「察してほしい」は建前?隠された本音は何?…
  5. 【脱・非モテのすゝめ】失敗を恐れないことが成功への近道
  6. 【脱・非モテのすゝめ】好きな人は元カノに未練が…もう諦めるべき?…
  7. 【脱・非モテのすゝめ】すれ違いを乗り越えた先にあるものは
  8. 【脱・非モテのすゝめ】恋愛での失敗を何度も繰り返す人がはまる罠
PAGE TOP