木南 きなこ

【脱・非モテのすゝめ】受け身のままで恋愛が成功できない訳は

今回は「恋愛では積極的になれず受け身です。好きな相手の人が思い描く理想のタイプに近付けるというアプローチをするものの、恋愛で報われない」というお悩みをいただきました。好きな相手の理想像に近付けると「恋が叶う可能性」が高まるようにも思うけれど、決してそうじゃないから恋愛は難しいんだよね。

 

◯質問:自分からアプローチできるだけの勇気がないので、どうしても恋愛では受け身になってしまいます。そんな私は、好きな人のタイプを知ってはそれに応じた自分に変身し、相手の人にとっての「理想の恋人像」へと近づくことが私なりのアプローチ方法になっています。しかし、どれだけ相手の理想像に近づいたり相手の意に沿ったりしても、相手に振り向いてもらえずに失恋することがほとんどです。「このままのアプローチ方法では本当に恋愛で報われることがないのでは?」と不安に感じています。受け身な私が恋を実らせるにはどうすればよいでしょうか?

 

  • 好きな相手の人が思い描く理想像に近付けていったとしても

好きな人が思い描いている「理想の恋人像」に近付けることができたのなら、それだけ相手は私に好意を寄せてくれる可能性が高くなるのかもしれない……きっとあなたはこういうふうに考えているんじゃないかな。

こうして自分から積極的にアプローチするだけの勇気がない代わりに、こうしてあなたなりのアプローチ方法を行えられているのは良いことだと思う。

受け身になって相手の意に沿っていれば、相手の人が思い描いている「理想的な恋人像」に近づくかもしれない。でもね、「理想的な恋人像」に限りなく近付いたとしても恋人になれるのとはまた別の話なんだよね。

だってさ、考えてみて?たとえあなたが好きな人のタイプとか好みの異性とかについてサーチして、あなた自身をそれに近付けていったとしても、それで相手の人があなたに好意を抱くかどうかはわからないんだもの。

だから、まずは「自分自身を好きな人の理想像に近付けていく≠相手がこちらに好意を抱く」ってことは胸に留めておいてほしい。

 

  • 受け身のままだとこんなリスクも否定できない

あなたの受け身な姿勢を知って一番気になったのが、そのままのアプローチ方法を続けていると「好きな人の意見がないと何もできないタイプになるんじゃないか」ってことなんだよね。

あなたのアプローチ方法はあくまでも「好きな人の意見」がベースにある。出会いから恋愛感情が芽生えて気になった相手の人の「こういう人が好き」「こうだったら良いのにな」って意見を気にして流されてばかりだと、そのうち「相手の意見がないと何のアプローチもできない」って状態に陥ることも否定できなくなってしまうんじゃないかな。それがとても心配なんだよね。

あなた自身にもきちんとあなただけの素敵な部分や良いところがあるはずなのに、何もかもを相手の意見に寄せていってしまうと「あなただからこその魅力」が失われちゃうんじゃないかなって。

 

  • 受け身の延長線上に待ち構えているポジションは

それに、好きな人の言う事ばかり聞いている状態の延長線上には、いわゆる「都合の良い異性」ってポジションが待ち構えているような気もするの。

今回の質問文からこういうポジションの経験があるかどうかはわからないよ。でも、一度この状態にハマってしまって「私のことをどう思っているの?」って台詞を言うのはもう受け身も受け身、相手の出方を伺っているだけ受け身の最骨頂とも言えるんじゃないかな。

これは本当に避けたいポジション。いつまでも受け身でいても主導権が相手にあるだけで、相手が何らかのアクションを起こさない限り、恋愛の結末やその後の行く末が変わらないんだよね。

これが悪いって否定する気持ちはないんだけどね。でも「恋愛で報われたい」「出会って素敵だと感じた人とハッピーエンドを迎えたい」って気持ちがあるのなら、受け身でいつづけるのはおすすめできないの。

だって、ずっと受け身な姿勢を続けるのは何もかもの主導権を好きな相手に委ねるのはギャンブル過ぎるからね。受け身のままで恋愛が成功できない理由は、相手に何もかもを委ねているってのも大きく関わっているようにも思うし。

 

  • 自分の手で恋愛の結末を変えられるだけの勇気を

すぐに受け身の姿勢から抜け出すのは難しいはず。それができれば苦労しないはずだから。でも、少しずつで良いから勇気を出して、積極性を身につけるようにしようよ。

受け身の姿勢を続けていても、主導権や恋愛の進展それに交際に発展するかどうかの関係性が相手次第であることが多くなっちゃう、あなたがこれまでに経験してきたように。

それならいっそのこと、あなた自身の手で好きな人との人間関係を発展していけるだけの積極性を身につけて、これまでとは違うルートへと繋げられるようにしたほうが建設的なように思うんだよね。

だから、少しずつで良いから積極性を身につけていって、ゆくゆくは自分の手で出会いや恋愛の結末を変えられるほどのアプローチができるように今日から意識を変えてみようよ。

最初の一歩を踏み出すのには勇気がいるかもしれないけれど、あとで振り返って見た時に「あの時にあの一言を伝える勇気を振り絞って良かった」ときっと感じられるはずだよ。




関連記事

  1. 【脱・非モテのすゝめ】「素直になって」と言われてもできない時には…
  2. 【脱・非モテのすゝめ】恋人の存在が「頑張ろう」の原動力になるのが…
  3. 【脱・非モテのすゝめ】遠距離恋愛でも2人の距離が近くにあれば
  4. 【脱・非モテのすゝめ】「察する」能力は自分自身のための防衛本能
  5. 【脱・非モテのすゝめ】恋人は「好き」の感情の延長線上にあるからこ…
  6. 【脱・非モテのすゝめ】恋人だとしても他人には変わりないけれど
  7. 【脱・非モテのすゝめ】デートで奢られたくない!どう対応すべき?
  8. 【脱・非モテのすゝめ】「恋人欲しい」と異性に言われる理由は2つあ…
PAGE TOP