木南 きなこ

【脱・非モテのすゝめ】問題なのは感情的か論理的かではなく

今回は「論理的な考え方をするせいか、感情的な人が苦手」という方からのお悩みをいただきました。いろいろある考えの中で、食い違いが生じると喧嘩にもなりやすいよね。けれど、問題の本質は感情的・論理的ってところじゃなくて、もっと他の部分にあるんじゃないかな。

 

◯質問「『あなたは論理的すぎて疲れる』『理屈ばかりで嫌だ』と言われることが多くあります。現に、これまで付き合ってきた人と別れてしまった原因は、私の論理的すぎる部分が息苦しく感じられてしまったせいだったことが多くありました。しかし、私は女性の感情的な部分が嫌いで、どうしても論理的に感情的な部分を正したくなってしまいます。これから先の恋愛でうまく関係を築く際には、やはり論理的な考えに縛られすぎないようにしないといけないのでしょうか」

 

  • 「感情的」って言葉に先入観を持ってない?

確かに『女性は感情的に、男性は論理的に物事を考える傾向にあるから分かり合えない』みたいな説はよく言われているよね。

でも、今回のお悩みを読んで気になったのが、「感情的だから」って理由で、相手を突っぱねてないかなってこと。

先入観の一種のようなものなのかもしれないけれど、「私は論理的に物事を考えるタイプの人間だから、感情的な人とは合わない・分かり合えない」って決めつけちゃってないかなっていうのがすごく心配なんだよね。

 

  • もしかすると恋愛のチャンスが減る勿体無いことかも

もしそうならとっても勿体無いなって感じるの。だって、最初から勝手な先入観で「分かり合おう」とか「相手のことを理解しよう」って思えられないのは、もしかすると出会いから恋愛に発展しなかったとしても親交を深めるチャンスが減っちゃうんじゃないかな。

だから、まずは「感情的だから合わない」「論理的な人としか合わない」っていう考えを取っ払ってみたらどうかな。

相手の人が感情的か・論理的かで当てはめて判断するんじゃなくて「この人はこういう人だ」って認識にすることも大切じゃないかなって私は思うんだよね。

 

  • 問題なのは「感情的か・論理的か」ではなく

それにね、問題の争点になるのは「感情的か理論的か」じゃなくて、「その人のタイプが感情的にせよ論理的にせよそれぞれの考え方を武器にすること」じゃないかな

感情的にしても論理的にしても、それぞれの人の考え方にはそれぞれの性格だとか価値観だとかが大きく関係しているはず。自分には自分の考え方があるように、人にはその人の考え方があるんだもん。

でも、感情的・論理的に相手を傷つけるかどうかっていうのは別問題じゃないかな。カッとなってつい恋人に当たってしまうのも、つい理屈で相手を責めてしまうのも、感情的か理屈的かの方法が違うだけで、結局のところは関係性に打撃を与えることには変わりないし。

 

  • より良い関係に発展させようという努力

大切なのは自分が感情的か論理的か、相手が感情的か論理的かではなく、互いが互いに寄り添えられるかどうかじゃない?

考え方が違う2人が出会って恋愛をして恋人関係になるとして、その関係を続けていく中ではひょっとすると食い違うことが多いかもしれない。 「この人の考えていることは分からない」って思う場面が多くあることだって十分あるよ。

でも、だからと言って自分の理論的・感情的な考えを相手に押し付けようってするのは、ちょっと違う気がする。

たとえ自分の言い分が通ったとしても、それは自己満足でしかなくて、「より良い関係になった」ってわけじゃないもん。

互いが円満に快適に過ごせられるように寄り添ったり歩み寄ったり、時には妥協したり……そういう「良い関係を築こう」って努力がさらに素敵な関係に繋げるために大切な心構えじゃないかな。

 

  • 違う考え方だからこその良さに気付くために

そのためには、感情的に・論理的に相手を傷つけないようにしようとグッと我慢する理性が欠かせないって思うんだけど、どうかな。

相手にそれを求めるのは難しいかもしれないけれど、まずは自分自身つまりあなた自身がグッと堪える理性を保とうと努力するのはできるはず。

だから、自分自身を見つめ直して相手との接し方を変えていく中で、どういう相手と合うのか・惹かれるのかをこれから先の出会いで探していけたらいいね。

それに、考え方が全然違う人と接していると「こういう考え方・ものの見方ができるんだ」って新発見ばかりで楽しいこともあるから、「感情的な人だから合わない」っていう色眼鏡で見るのは勿体無いよ。

感情的・論理的どちらにしても、それを武器にして相手を傷つけて良いってことじゃない。そんな攻撃的な武器はしまって、相手の魅力に気付いたり自分の魅力として売り出せたりするセールスポイント的な意味での武器に一新してみたらどうかな。




関連記事

  1. 【脱・非モテのすゝめ】「察してほしい」は建前?隠された本音は何?…
  2. 【脱・非モテのすゝめ】「チャラいかどうか」はきちんと自分で見極め…
  3. 【脱・非モテのすゝめ】どう捉えるべきか悩む思わせぶりな行動への対…
  4. 【脱・非モテのすゝめ】諦めないで!デートの失敗をチャンスにするに…
  5. 【脱・非モテのすゝめ】失敗を恐れないことが成功への近道
  6. 【脱・非モテのすゝめ】好きな人のタイプを掲げるのは自由だけど
  7. 【脱・非モテのすゝめ】「社内恋愛は嫌だ」と言う人を好きになったら…
  8. 【脱・非モテのすゝめ】好きじゃない人に告白されたらどうする?
PAGE TOP