木南 きなこ

【脱・非モテのすゝめ】好きだからこそ都合の良い女になるジレンマ

今回は「好きな人に嫌われたくない一心でいろいろとしている自分が都合の良い女になった気がする」というお悩みをいただきました。確かに嫌われたくないって気持ちから何でも言うことを聞きそうになるけれど、いっそのこと振り回すくらいの気持ちのほうがうまくいったりするんだよね。

 

◯質問「好きな男性がいます。その人に振り向いて欲しい気持ちから頼まれたことは断らずにいると、なんだか都合の良い女になった気がしてなりません。このままだと到底本命の人になれさなさそうで、でも嫌われたくない気持ちもあって……どうすれば良いのか分かりません。」

 

  • 好きな人に嫌われたくない気持ち、分かるよ

好きな人に嫌われたくない気持ち、分かるよ。だって、相手のことが好きなぶん、嫌われたときのショックたるや!もう嫌われてしまったら何もかもが終わってしまうような気さえするよね。

嫌われたくないから、自分自身を相手の理想へと近づける。嫌われたくないから、相手の言うことを何でも聞く。でも「嫌われたくないから◯◯する」ってうちは、なかなか相手がこちらに好意を向けてくれないんだよね。ほんと、恋愛のこういうところが嫌になるよね。

というか、「嫌われたくないから◯◯する」って必死で振り向いてもらおうと試行錯誤しているうちは、どんどん相手が遠くに行ってしまいそうな気もしない?私はしたんだよね。

私自身を相手の理想へと近づければ近づけるほど、やっぱり私はあの人と結ばれないような気がするって気持ちばかりが込み上げてきて。「結ばれなくても良いからそばにいたい」と思ってしまっていたら、それこそ私は都合の良い女になっていたと思う。

けれど、少なくともあなたは「今のままだとダメかもしれない」って踏みとどまっているわけだから、ぜんぜん都合の良い女だとは思わないよ。

 

  • 好きな人への見方が変わった瞬間

私もね、昔は「好きな人に嫌われたくない!」って気持ちでいろいろと努力したりイメチェンしたりしたんだよ。それに、相手の言うことは聞いたね、嫌われたくないから。

でも何でもかんでも言うことを聞いていると、「この人なら何を言っても大丈夫とナメられてるかもしれない」って心配する私自身がいることに気付いてさ。

「好きだと思っていた、好意を寄せていた相手がそんな人間なはずがない」って気持ちがある一方で、「この人は私の好意をうまく利用してるだけじゃないの?」って疑う私もいたんだよ。

私自身を好きな人の理想へと近づけていっても一向に振り向いてもらえないやるせなさもあったよ。でも、それ以上に「利用されているかもしれない」って一瞬でも相手に嫌な気持ちを抱いてしまったらもうだめだったね。

好きで言うことを聞いていたのに、いつの間にか「私自身の中でキラキラと輝いていた人」は「人の好意を利用しているかもしれない人間味溢れる人物」の恐れがあるかもって気付いた時には、「このままじゃダメだ」って。相手の言うことを聞くばかりの恋愛は決して幸せじゃないってハッとさせられたよ、この時に。

 

  • 私は「対等な恋愛」をしたかった

「惚れた弱み」じゃないけれど、好きな人を好きであるうちは相手の言うことを聞いたり相手の理想へと近づけていったりしたと思う。あなたは現在進行形でそうしているのかもしれない。

この関係ってさ、本当相手のことを好きになった私たちが下にいて、いつまでも好きな人を追いかける構図でしかないんだよね。相手が振り向いてくれるかどうか分からない。

「もしかすると振り向いてくれるかもしれない」「いつか私のことを好きになってくれるかもしれない」っていうメイビーが好きな人から離れさせてくれない。

でも、仮にこの恋愛が無事成就したところで相手が好きになったのは「何でも言うことを聞いてくれる私」「理想に近づけてくれる私」であって、決して「私自身」じゃないと思ったらもう「こんな恋愛やってらんねえわ」って思ったよ。

恋愛をするのならそのままの自分を愛して欲しくない?言いたいことを言い合える仲が良くない?「惚れた弱みを握られた上下関係な恋愛」じゃなくて「対等な恋愛」が良くない?もう一人の私が言ってくることは全てイエスだったから、私は「都合の良い女」一歩手前で踏みとどまれたんだよね。

あなたはどう?自分自身に問いかけてみてどう思う?やっぱり対等な恋愛をしたくない?

 

  • 我慢をして都合の良い女になるくらいなら

対等な恋愛だけが幸せの形じゃないって分かってる。だけど、私は対等な恋愛がしたかった。都合の良い女にはなりたくないって思っているあなたも私と同じようなタイプの人間じゃないかな?

だとすると、繋げていくには嫌われることを恐れずに言いたいことはきちんと言ったり、断りたい時には断ったりする姿勢も大切だと思う。

嫌われたら全てが終わるってわけじゃないんだよね。一度の食い違いで何もかもダメになる関係って、むしろその程度だったって考えられるし。

今まで言うことを聞いていたぶん、今から振り回すくらいの気持ちのほうが相手を振り向かせられることもあるよ。何ていうのかな、ギャップを突くっていうのかな。

我慢をして都合の良い女になるくらいなら、いっそのこと少しわがままになって本命を目指すほうが良い気がするよ。確かに好きな人に嫌われるのは怖いけれど、怯えてばかりでは前には進めないってことを覚えておいてほしいな。




関連記事

  1. 【脱・非モテのすゝめ】同情と愛情は似て非なるものだから
  2. 【脱・非モテのすゝめ】肝心なのは愛し方じゃなくて受け取り方
  3. 【脱・非モテのすゝめ】「もう一度会いたい」のチャンスへと活かすに…
  4. 【脱・非モテのすゝめ】過去の恋愛に囚われない自分になるには
  5. 【脱・非モテのすゝめ】恋愛での失敗を何度も繰り返す人がはまる罠
  6. 【脱・非モテのすゝめ】どう捉えるべきか悩む思わせぶりな行動への対…
  7. 【脱・非モテのすゝめ】好きな人・恋人がモテる人ならどうすべき?
  8. 【脱・非モテのすゝめ】素敵な恋愛を「探す」前に意識しておきたいこ…
PAGE TOP