木南 きなこ

【脱・非モテのすゝめ】好意を隠すことでの一長一短

今回は「意中の女性がいますが、異性としての好意を隠したまま接しています。これから先も自分を偽って接し続けるべきでしょうか?」というご相談をいただきました。うちに秘めた気持ちを隠して接するのは理由はどうであれ良いとは思うけれど、それによって思わぬ結末を迎えかねないってことも忘れないで欲しいな。

 

○質問「意中の女性がいますが、異性としての好意を隠したままでいます。友人のまま関係を続けられるようにという保険でもありますが、男として意識させてしまったがために嫌われてしまうのが嫌だというのが本音です。やはり、異性としての好意を隠し、自分を偽って接し続けるべきでしょうか?」

 

  • 紳士的なあなたはとても魅力的に映ってるんじゃないかな

相手の女性さんがどんな人なのかにもよるけれど、男としての好意を隠して紳士的な接し方をすればきっとあなたは魅力的に映るとは思う。「私だけ特別に扱ってくれている」「大事にされている」と相手の人も感じているかもしれないし。

確かに自分の好意をオープンにしてグイグイ行くのもれっきとしたアプローチの1つだけれど、その好意をどう受け取るかは相手次第なわけで裏目に出ることも十分にある。

それこそ、相手の女性さんとあなたが出会ってからどういう関係性を築いていて、女性さんが異性の好意をどういうふうに受け取る人なのかが大きく関わってるよね。

けれど、好意を隠したまま1人の友人として接するあなたは「嫌われてしまうのが嫌だ」って気持ち以上に、相手の女性さんのこともきちんと考えられているように感じるんだよね。

 

  • 素敵だからもっと自信を持って欲しい

それに「相手を不快にするかもしれない」「友人としての関係が終わってしまうかもしれない」って理由はどうであれ、相手の気持ちをきちんと考えて努力して接しているのは素敵だよ。

なんていうか、相手の女性さんのことをきちんと考えたうえで、恋愛でのエチケットをきちんと弁えられているというか。そんなあなたは十分に素敵だから自信を持って欲しいなって私は思うよ。

あなたのことも相手の女性さんのこともあまり良くわかっていない私がこんなことを言うのは、ある意味無責任かもしれないけれど、それでも今回の質問を介してあなたに抱いた感想は「素敵だからもっと自信を持って欲しい」ってことなんだよね。

 

  • 好意を隠すことではデメリットもある

好意を隠して相手に接することは、あなた自身の優しさや紳士的な部分を伝えるにはもう最高の手段かもしれない。

けれど、悪く言えばあなたと相手の女性さんの関係は、相手の人にしてみればあなたは「紳士的で優しい男友達」で、あなたにとっては相手の女性さんはいつまでも「異性として気になるけれど、女友達として接する1人」のままなんだよね。

好意を隠したうえで優しく接するのは、もちろん良いことだよ?けれど、好意を隠して友人としてずっと関係を続けていれば、ある日突然意中の女性に恋人ができて悔しい想いをすることも考えられるんだよね。

きっとそんな場合には「思い切って告白すれば良かった」って後悔しないとも限らないし、「こんなことになるのなら、一歩踏み出しておけば良かった」のような「もし○○だったら」「あの時△△していれば」って過去の自分を責めてしまうかもしれない。

 

  • 私個人の意見として考えられるケースの数々は

だから、「あなたの中に秘めている好意を隠して接することの是非」は、「相手の女性さんがあなたの好意をどう受け止める人なのか」だけじゃなくて、「彼女を取り巻く人間関係」もかなり大きく関係してくるっていうのも心に留めておいて欲しいの。

もしかしたら、相手の女性さんが「友人であるあなたに特別打ち明けることじゃない」って感じて「あなたには言っていないだけで実は気になる人がいる」ってことや、「あなたが知らないうちに出会った人と良い感じになっている」ってこともあり得る。

それに、「実はあなたのことが好きだけれど、相手の女性さんもあなたと同じように感じているから打ち明けていない」ってことも十分に考えられるよね。まあ、これらは別方向に両極端な例だけれどね。

あと、後悔のないように告白したものの悪い結果に終わってしまったせいで、これまでのような友人関係が続けられなくなってしまったなんてことも……まあ、あなたは紳士的で素敵な人だからこの可能性は低いかもしれないけれど、100%否定はできないよね。相手の女性さんがどんな人なのか私には分からないし。

あなたの不安を煽るわけじゃないよ?見ず知らずの私が客観的に考えられるケースはこうかなって並べただけで、全部が全部該当するなんて思わないでね。全部外れてるかもしれないし。

 

  • 最終的には後悔のない選択肢を

とにかく好意を隠したまま相手と接するっていうのは、良い面もあれば思いもがけない悪い面もあるってことを覚えていて欲しいんだよね。

最終的に「うちに秘めている好意を伝えるかどうか」を決められるのは、よく分かっていない私じゃなくて、好意を抱いている・当事者であって状況をよくわかっているあなた自身。これを言ってしまうと元も子もないけれど、実際のところそうなの。

でも、好意を隠すことでの良いこと・悪いことへの意見は今回書いた通りだから参考にしてくれると嬉しいな。最終的に後悔のない選択肢をピックアップして、「これでよかった」と思えられるようなそんな決断ができるように祈ってるね。




関連記事

  1. 【脱・非モテのすゝめ】元恋人との復縁で気をつけたいことは?
  2. 【脱・非モテのすゝめ】優しくする理由を見つめ直す大切さ
  3. 【脱・非モテのすゝめ】連絡が続かないのは脈ナシってわけじゃない
  4. 【脱・非モテのすゝめ】失敗を恐れないことが成功への近道
  5. 【脱・非モテのすゝめ】恋人の存在が「頑張ろう」の原動力になるのが…
  6. 【脱・非モテのすゝめ】相手の嫌なところを変えて欲しいと思うなら
  7. 【脱・非モテのすゝめ】気になる人を避ける人には特徴がある?
  8. 【脱・非モテのすゝめ】相手から理想の反応が返ってくるとは限らない…
PAGE TOP