木南 きなこ

【脱・非モテのすゝめ】恋人との喧嘩を何とかしたい!どうすべき?

今回は「価値観の違う恋人との喧嘩を避けるにはどうすれば良いですか?」というご相談をいただきました。価値観が合っていれば喧嘩のリスクも最小限に抑えられるはずだけれど、価値観が完全に一緒な人はいないよね。問題は「価値観の違い」じゃなくて「価値観の違いをどう相手に伝えるか」にあると思うの。

◯質問:価値観が違う恋人と付き合うと、どうしても意見がぶつかって喧嘩になってしまいます。極力価値観が合う人と付き合った方が喧嘩が少なく済むとは分かっていますが、私の価値観と完全に一致する人なんているはずがないですし……私が相手にハッキリと物を言うタイプということもあり少しのすれ違いでもなんとかしたくて口に出してしまいます。付き合う相手が私と同じようなタイプだと派手な喧嘩になるので、喧嘩の最中だけでなくその後にもとても疲れてしまいます。私のような人間が恋人との喧嘩を避けるにはどうすればよいでしょうか?また、円満な恋愛や交際を目指すうえで意識すべきことはありますか?

 

●問題は「価値観が違うこと」にあるんじゃない

価値観が違うと、どうしても互いの意見が喧嘩というかたちでぶつかるかもしれない。それに、価値観はお互いの生まれ育った環境やそれまでの経験が大きく関わって形成されるものだろうから、「価値観が違うから変えよう」と思ってもなかなか変えられないよね。

だからこそ相手の価値観と自分自身のそれとが違ったものだとすると、受け入れる・理解するあるいは妥協するって選択肢になると思うの。

そういう「互いの価値観をどう擦り合わせていくか」の過程が喧嘩ってかたちで現れているのかなって私は読み取ったのよね。

で、あなたの場合、問題なのは恋人さんとの価値観が違うことじゃなくて、互いの意見をどうぶつけるかにあるんじゃないかなって感じたの。

 

●言い方や伝え方で受け取る側の感情が大きく変わるからこそ

あなた自身は自分のことをハッキリと物を言うタイプと自覚しているけれど、その物の言い方に問題はないと胸を張って言える?

頭ごなしに言ったり相手の意見を全然聞かなかったり……あくまでもこれは私の想像であって、決して「あなたがこういう人間に違いない」と決めつけているわけじゃないから。

ほら、あなた自身も「私にはそういう考え方は無かった」と価値観の違いを思い知ることを頭ごなしに言われたり、さも「こういう風に考えてないなんてあり得ないんですけど」と真っ向から否定するように言われたりしたらムカつかない?

少なくとも私は「そんなもん知らんがな、つーか何キレとんねん」ってカチンと来る自信がある。

何事も言い方や伝え方次第で印象や相手が抱く感情が大きく変わる。あなたが「疲れるから喧嘩はしたくない」と考えるなら、まずはあなた自身が喧嘩に発展しないような言い方・伝え方を心がけるようにしようよ。

 

●価値観なんて違って当たり前だから

価値観が全く同じなんてことはないし、むしろ違って当然のことなんだから意見がぶつかるのは仕方のないこと。その点、あなたはきちんと「私の価値観と完全に一致する人はいない」と分かってるから十分偉いよ。

だから、決してあなたの「ハッキリ言う性格」を我慢をする必要はないと思うけれど、その意見の伝え方や言い方、それに相手との意見の交わし方をどうにかするようにしようよ。

あなたはあなたの言いたいことを言ったうえで、相手の意見として冷静に受け入れたり、さらにその先の話し合いもカッとならないようにしたり。

あなた自身が相手への伝え方を今一度振り返ると同時に、相手の人のことも冷静に見てみるのも良いかもね。避けたいと思っている派手な喧嘩になる原因はどちらにあって、派手な喧嘩にならないようにするにはどうすれば良いのかを見極めるためにも。

 

●疲れるような喧嘩を避けたいのなら

まあ、これを言ってしまうと身も蓋もないんだけれど、疲れるような喧嘩を避けたいのなら……「自分とは違う相手の価値観をそれ以上でも以下でもない事実として冷静に受け止めて、それからどうしていくかを2人で考えよう」って人と付き合うのが一番なような気もするよね。

でも実際問題、出会いの場でそれを見極めるのは難しいんだよね。出会いから恋愛に発展して、それから付き合った大切なパートナーだからこそ、この価値観を分かってほしくて言いたくなるってことが生まれてくるから。

だから結局は相手がどういう人であれ、「価値観の違いから生まれる喧嘩で疲れたくない」「お互いに言い方をなんとかしようよ」っていう価値観を相手と擦り合わせないといけないような気がするよ。

その意見交換が成功するかどうかは相手の人がどんな性格かにもよるけれど、少なくともその意見を言い出すあなたはあなた自身の言い方を気をつけるようにしたいね。「自分のことは棚に上げて」と理不尽さを感じさせないためにも。

 

●まずはあなた自身の言い方や伝え方を気をつけてみて

喧嘩っていうのは価値観の違い云々以外に相手の人の性格も大きく関わることだから、喧嘩自体をなくすことは至難の業かもしれない。

けれど、「恋人との喧嘩で疲れるのはもう嫌だ」とあなたが感じているのなら、まずはあなた自身がきちんと意見を伝えながらも冷静になれるようにしよう。

話し合う両方の人間がヒートアップしちゃったらそれこそ収拾がつかなくなるし。少なくともあなた自身が冷静を保つことで、疲れるまで派手になる喧嘩を抑えてみようよ。

価値観の違いをぶつけ合うこと自体は悪いことじゃないし、それを経て互いに理解し合うことができればそれこそずっと仲良く円満な交際が続くはず。

問題は互いの価値観をどういう風に擦り合わせるのかにあるんだから、まずはあなた自身から言い方や伝え方に気をつけてみるようにしたいね。




関連記事

  1. 【脱・非モテのすゝめ】連絡が続かないのは脈ナシってわけじゃない
  2. 【脱・非モテのすゝめ】受け身のままで恋愛が成功できない訳は
  3. 【脱・非モテのすゝめ】新たな出会いの季節だからこそ気をつけたいこ…
  4. 【脱・非モテのすゝめ】好きじゃない人に告白されたらどうする?
  5. 【脱・非モテのすゝめ】異性の友情はアリ?ナシ?同性に敵視される?…
  6. 【脱・非モテのすゝめ】モテのためのメイクで周囲の目が気になる場合…
  7. 【脱・非モテのすゝめ】愛情の有無は総合的な判断でわかるから
  8. 【脱・非モテのすゝめ】愛せる幸せを台無しにしないための心構え
PAGE TOP