木南 きなこ

【脱・非モテのすゝめ】恋人の条件で「気が合う」を重視するなら

考え方をはじめとした価値観はなかなか変えられない。恋人関係でも価値観が食い違えばトラブルの原因になることが多くなるし、だからこそ「恋人の条件」として価値観が合う・気が合う人ってのがよく挙げられるよね。だけど、悪い意味でも価値観や気が合うことも忘れないで欲しいな。

 

質問「とても気が合う異性の友人がいます。気が合いすぎると言っていいくらいにフィーリングが合うので、もしかすると恋人の関係になるのは良い相手なのかもしれないとも思っています。気が合う人が恋人だと価値観の違いから生じる食い違いや喧嘩も少なく円満な関係を築けそうですし。そういう意味でも、最近はその相手のことがとても気になっています。でも、私と相手の仕事や生活など今やこれからの生活を考えるとうまくいきそうにないかな、とも考えてしまう自分もいます。やはり、恋人の条件として良いと言われている・感じている「気が合う」を優先して一歩踏み出すべきでしょうか」

 

  • 価値観の合う・合わないが大きく関わるのは

確かに気が合う人と付き合えば、あなたの言うように価値観の食い違いや分かり合えなさから喧嘩をすることも少ないと思う。

ほら、価値観ってさ、生まれ育った環境とかそれまでの人生での経験とかで作られたものだしさ、急に変えるのは難しいじゃん。

たとえ好きな人や恋人のためとはいえ、自分の価値観を変えたり食い違う相手の価値観をすんなりと受け入れたりするのは簡単にできることじゃないし。

そりゃあ相手と話し合ったりどうするか決めたりすれば解決済みするだろうけど、そこに至るまでの過程では少なからずイライラしたり受け入れられなかったり「価値観が合っていれば抱くことが無かった感情」で疲れずに済みそうだしさ。

だから、価値観が合うかどうかってのは、かなり自分と近い存在である恋人関係を続けていく際にはかなり大きく関わるんだろうね。

 

  • 時には悪い意味でも「気が合う」ことがある

だけど、気が合うってのはこういう良い意味だけじゃなくて、時には悪い意味でも気が合っちゃうこともあるから難しいんだよね。

今回あなたが言っていることを参考に例えるなら、あなたが気が合うと感じていて惹かれる相手の人も「気が合うとは思っているけれど、これから先のことを考えると恋人としての関係はうまくいかないかもしれない」と感じていることも十分に考えられる。

気が合うっていうのは考え方が100%似ているってことではないけれど、相手も似たように感じていることが十分にあり得るよ。だからこそ、価値観の相違から揉めることも少ないんだろうしさ。

 

  • 気が合いすぎるのも考えもの?

で、こういう「悪い意味で気が合う」ってのは、仮に恋人として付き合ってからの万が一の時にも厄介になることがあるの。

例を挙げるなら、気が合いすぎると付き合ってからも「もう別れたほうがよい」って空気になると、呆気なく終わりを迎えることもあるんだよ。まあ、これは私の実体験なんだけれども(笑)。

「気が合いすぎたからこそ、呆気なく別れた相手の男性」との馴れ初めは、出会った当初に「この人とはめちゃくちゃ気が合うし、なんだか惹かれるなあ」ってぼんやり思えたことかな。

出会いを機に何度か会う度に、相手の男性の魅力もそうだけれど「そばにいる時の居心地の良さ」とか「ストレスなく過ごせられる快適さ」とか価値感が合うからこそのメリットにもどんどん高まっていっちゃってさ。

付き合えることになった時はとっても嬉しかったし、「こんなに気の合う人は他にいないだろうし、ずっとこのままそばにいるんだろうな」って思ってた。

でも、実際はそううまくいかなかったし、私と相手の双方の目まぐるしい変化から「別れた方がお互いのためだ」って感じたんだよね。

じゃあ、気が合いすぎた相手もそう感じていたらしくてね。ショックだったし悲しかったけれど、惹かれた理由の「気が合いすぎる」ってのが原因で別れるなんて思ってなかったからさ、もう笑いそうになったよ。

それほど別れたほうが良い理由も気が合いすぎるから痛いほど分かったし、分かるからこそ恋人の関係を続けようと何か努力したり話し合ったり……そういうこともしようとは思えなかった。

 

  • 価値観が違うからこそ良いこともある

私の過去の話が長くなっちゃったね、ごめんなさい。結局何を言いたいのかっていうと、「価値観が合うのは良いことなのかも知れないけれど、決して良い意味だけで価値観が合うことはない」ってことかな。これは「価値観が違うからこそ良いこともある」って言えるのかもしれないね。

ほら、価値観が違っていたら食い違いも起こるかもしらないけれど、その食い違いや何らかの物事を乗り越えていく際には、分かり合えないんだからと互いに話し合っていこうって気持ちになれるはずだし、私はそう思えた。

「考え方が違うんだから私なりの考えをとりあえず言ってみよう」、「私はこう思うんだけど相手はどう考えてるんだろう」ってなふうに、互いが違う価値観だからこそ言わなきゃわからないってところもあったからね。

 

  • 恋愛のきっかけとしての「気が合うかも」くらいが良いかも

だから、気が合うのは恋人関係で確かにメリットが多いけれど、もしも恋人の条件として「気が合う」を重視するのなら、時には関係を続けていく際には思いもよらない悪いかたちでも現すことも肝に銘じておきたいよね。

それに「価値観が合う」と思って惹かれた相手のことを知れば知るほど価値観が違うことに気付いたとしても、「価値観が違う」ってだけで嫌いにはならないはず。

だから、「価値観が合う人でないとダメ」ってなふうにゴリゴリの条件として凝り固めるんじゃなくて、「価値観が合うかも」っていうのはあくまでも恋愛のきっかけ程度にしておくのが良いかも知れないって感じるよ。まあ、私の過去の経験からこういう価値観が生まれたんだろうけどね(笑)




関連記事

  1. 【脱・非モテのすゝめ】「もう一度会いたい」のチャンスへと活かすに…
  2. 【脱・非モテのすゝめ】好きな人は元カノに未練が…もう諦めるべき?…
  3. 【脱・非モテのすゝめ】どう捉えるべきか悩む思わせぶりな行動への対…
  4. 【脱・非モテのすゝめ】好きじゃない人に告白されたらどうする?
  5. 【脱・非モテのすゝめ】相手から理想の反応が返ってくるとは限らない…
  6. 【脱・非モテのすゝめ】好きな人と時間が合わない時に心掛けたいこと…
  7. 【脱・非モテのすゝめ】シャイで恋愛で奥手になるのも魅力の1つ
  8. 【脱・非モテのすゝめ】誠実さは時に自身を縛る枷(かせ)になる?
PAGE TOP