木南 きなこ

【脱・非モテのすゝめ】新たな出会いの季節だからこそ気をつけたいこと

今回は「新生活をはじめとした出会いの季節で、新しい出会いから恋愛へと進めるうえで気をつけるべきポイントはありますか?」といったご相談をいただきました。新生活は特に恋愛への意欲も高まる季節。でも、そんなときだからこそ恋愛に対する接し方に気をつけたいよね。

 

◯質問:新生活を機に生活環境が代わり、新たな出会いや恋愛を探していますがなかなかうまくいきません。周りでは新しい恋人ができたり、出会いから恋愛に発展しつつあったりしているので私自身焦りを感じています。出会いの季節とも言える春も過ぎ去ろうとしている今ではありますが、新しい出会いから恋愛へと進めるうえで何か気をつけるべきポイントはありますか?

 

  • 環境の変化は新たな恋愛のチャンスだけれど

環境が変わって新たな出会いに恵まれる春の季節は、確かに新たな恋愛のスタートには良い時期なのかもしれない。

春は出会いの季節とも言われているからこそ、初めて出会った人に対して普段以上に「この人良いかも」と惹かれちゃうよね。

でも、春が出会いの季節だからといって、無理に出会いや恋愛を求めなくても良いんじゃないかな。

 

  • 恋人がいるからこそ得られる願望を叶えるには

恋人がいなければ、新生活を機に心機一転で恋愛に励みたくなる気持ちは十分に分かるよ。だけれど、周りの雰囲気や友人・知人の近況報告を受けて、焦って恋愛をするのはちょっと違うんじゃないかなって思うんだよね。

だってほら、恋人が欲しいって言っても、ただ単に恋人という存在がいれば良いってわけじゃないじゃん。互いに愛し合えて、尊重し合えて、そばにいるだけで幸せを実感できる、そんな人と素敵な時間を過ごしたり思い出を増やしたりしたいわけで。

そういう「恋人がいるからこそ得られる願望」を叶えるためには、もちろん恋人って存在は必要だよ。だけれど、出会いの季節だから・春だからって雰囲気に流されて何となく付き合い始めた恋人関係で、そういう特別な気持ちになれるかな?って疑問があるんだよね。

 

  • 恋人ができたその先にどんな感情を抱くのか

もちろん、自身を取り巻く環境の変化それこそ新生活を機に、新たな出会いに恵まれてそこから発展する恋愛もあるはず。そうした恋愛を経て、最高にハッピーな恋人関係になる可能性も十分にあるよ。

「新生活=新しい恋愛や恋人に巡り会える季節」だと思い込んだり過信したり、あるいは周りの雰囲気に流されて出会いや恋愛を求めたのなら……確かに「恋人っていう存在」とは巡り会えるかもしれない。

でも、躍起になって求めた恋人や恋愛をいざ実際に得たら、「思っていたのとは違う」「幸せそうな知人・友人とは全然違う」と絶対に虚しくならない、と否定できないのが事実なんだよね。もしかすると「新生活の熱に浮かされて、無理に恋愛を求めるんじゃなかった」と後悔する可能性だって無きにしもあらずだし。

「新生活=新しい恋愛や恋人に巡り会える季節」ってことで焦ったり流されたりした結果、恋人ができたとしてもその恋人って存在に期待していたいろんな願望が叶えられるとは限らないってことは覚えておいてほしい。

 

  • 時には慎重に恋愛と対峙してみて

何が言いたいかっていうと、出会いの季節だから・新生活が始まったから・周りでも新しい恋愛が始まりつつあるから……そういう理由から焦りを覚えて恋愛をするのは、素敵な恋愛に繋がることもあれば「こんなはずじゃなかったのに」って結果になることもあるってことを胸に留めておいてほしいの。

「恋愛を頑張ろう」っていう気持ちはとても素敵なことだし、そのエネルギーこそが新しい恋愛や出会いに繋げるために必要な原動力なんだし。

でも、時にはあえて慎重になって恋愛と対峙することも素敵な恋愛には必要だと思うよ。あなたが恋愛や恋人に対して抱く理想や願望が大きければ大きいほど、周りの雰囲気やその時の勢いに流された結果得た恋愛・恋人に抱く「こんなはずじゃなかったのに」って感情は膨らむはずだから。

 

  • 「する恋」じゃなくて「落ちる恋」だと良いね

「恋はするものじゃなくて落ちるもの」ってよく言われている言葉があるよね。「新生活=新しい恋愛や出会いの季節」って言葉に囚われて、「恋愛をしなくちゃ、恋人を作らなくちゃ」って焦りから無理に恋愛をしてもそれは決して「落ちる恋」じゃなくて「する恋」だと思うの。

新生活をきっかけに恋愛に対する原動力が高まるのはもちろん良いことだけれど、躍起になったり焦ったりして幸せを感じられるはずの恋愛で虚しさや後悔を抱いてしまったら本末転倒な気がしない?それを避けるためにも、慎重になって出会いや恋愛に接してみたらどうかな?

恋愛で無理をするんじゃなくて自然体でいることで、あなたが無理をしなくても居心地が良いと思えられる、あなたに合った素敵な人との恋愛や出会いのチャンスが広がると思うから。




関連記事

  1. 【脱・非モテのすゝめ】好意を隠すことでの一長一短
  2. 【脱・非モテのすゝめ】受け身のままで恋愛が成功できない訳は
  3. 【脱・非モテのすゝめ】「もう一度会いたい」のチャンスへと活かすに…
  4. 【脱・非モテのすゝめ】肝心なのは愛し方じゃなくて受け取り方
  5. 【脱・非モテのすゝめ】愛情の有無は総合的な判断でわかるから
  6. 【脱・非モテのすゝめ】異性を紹介してもらえない…その原因は一体何…
  7. 【脱・非モテのすゝめ】卑屈になってモテるのは例外中の例外だから
  8. 【脱・非モテのすゝめ】我慢がさらなる我慢を呼ぶ恐れがあるからこそ…
PAGE TOP