木南 きなこ

【脱・非モテのすゝめ】異性を紹介してもらえない…その原因は一体何?

今回は「友人に異性を紹介してもらおうと頼んでもなかなか紹介してもらえず、その原因が自分自身にあるのではないのかと不安です」といったお悩みをいただきました。良い人を紹介してもらえないのはあなた自身に原因があるかもしれないけれど、それだけじゃなくて友人さんの中にもきちんとした考えがあるからだと思うの。

 

◯質問:恋愛をしたいと思っていますが出会いに恵まれていません。友人に異性を紹介してもらおうと頼んでみても、なかなか紹介してもらえずに困っています。「もしかしたら友人にとって私は異性を紹介しづらいのかな」と不安です。それに、何が原因でどういう理由から紹介してもらえないのかが分からなくて……。異性を紹介してもらえない原因として一体どのようなものがありますか?

 

  • 友人の紹介からの恋愛は発展しやすいかもしれないけれど

友人に紹介してもらった異性との相性が良ければ、スムーズに進展して恋愛に繋がることも多いからこそ、友人に恋のキューピットになって欲しいって気持ちがあるのは分かる。「気が合う友人の紹介だったら、友人の友人なんだし仲良くなってから恋愛に発展しやすそう」って感じるもんね。

だけど、誰しもが恋人がいない友人に「良い人いるよ!紹介しようか?」と異性を紹介するとは限らないんだよね。確かに、顔がめちゃくちゃに広い人とか知り合いが多い人とかは「きっとこの人なら合うと思うんだよね」出会いの場を提供する場面も多いはず。

私はそこまで顔が広いわけじゃないからかもしれないけれど、私自身は友人に自分の友人を「良い人」として紹介したくない派の人間なんだよね。

 

  • 友人に異性を紹介したくない私個人の理由

私が友人に自身の知人や友人を「良い人」として紹介したくない、その理由として挙げられるのが、「もしも恋愛がうまくいかなかった場合、紹介した手前すごく気まずくなるから」ってのがあるんだよね。

両者ともに仲の良い人だからこそどちらかが傷ついたり凹んだりするのを見たくないって気持ちもあるし、「良い人」として紹介する責任が取れる自信がないんだよね。

なんていうか、恋愛対象として初めて出会う2人が仲の良い友人だからこそ、「良い人」として紹介したあとにその2人のフォローがうまくできる自信が持てないの。私さえ出会いの場としてオープンにしなければ出会わなかったはずの2人だからこそ、その恋愛の進展に関して自信を持つことができて出会いのチャンスを提供するほど器が大きくないっていうか。

きっと私のように考えている人もあなたの周りにいるはずだから、決して全員「この人には友人を良い異性として紹介したくない」って考えているってことじゃないと思うよ。

 

  • 「◯◯な人がタイプ」と日頃から言っていたら……

でも、あなたが日頃から「これだけは譲れない」っていう理想を口にしていれば「その理想に合う人は周りにはいないよ」と受け止められて紹介してもらえないことも十分にある。

あなたが口にしている理想と全然違う人を紹介するのは、友人を介して「良い人」を紹介されるあなたにとっても、「良い人」として紹介されるはずの友人さんにとっても、誰にとっても失礼な話だよね。

そもそも「あの子が日頃口にしてるタイプと違うから合わなさそう」「うまくいかなさそうだけど大丈夫かな」っていうふうに、恋愛の進展がうまくいく可能性が低く感じられる場合にはたとえ恋人なしの友人を知っていたとしても紹介する気にもなれないじゃない。

 

  • あなたのことをよく知る友人だからこその考えもある

それに、友人であればあなたのこれまでの恋愛を話として聞いたうえで、その内容によっては「毎回恋愛で大変な終わり方を迎えているのに、そんな人に友人を紹介するのはちょっと……」と判断されることもあるよね。あまり良い話じゃないけれど。

友人としてあなたの恋愛観や恋愛の仕方を知っているからこそ、なかなか紹介できないってことも否定はできないよね。

私が友人に「良い人」として他の友人を紹介したくない理由にも関係することだけれど、仲の良い友人だからこそ凹んだり傷ついたりするところは見たくない。

あなたのことを友人として好きだとしても、それまでの恋愛模様をそばで見ていて決して良いものだとは言えない場合には、過去の相手の人達と同じような経験を大切な友人にさせたくないもん。あなたのことは友人としては好きだけれど、私の他の友人をあなたとの恋愛で傷つけさせたくないって。

 

  • たとえ友人でも何もかも手伝ってくれるわけじゃない

あと、たとえ友人だとしても、「友人に頼りきりで自分で努力せずに恋愛を希望するのはどうなの?」って感じられるはず。自分の幸せや恋愛を人任せにしっぱなしなのは、どれだけ仲が良い友人だとしても「よし!良い異性を紹介するね!」とはならないんじゃないかな。

たとえ仲が良い友人だとしても、何でもかんでも助けてくれるってわけじゃない。「恋がしたい、恋人が欲しいって言っておきながら、あなたは何もしていないじゃない」と友人さんに思われていそうなことが万が一あったら、それはもうあなた自身が努力や行動で「友人から良い人を紹介してもらえるほどの人間」になることが大切になる気がするよ。

 

  • 異性だけじゃなく友人にも素敵だと思われることを目標に

最後のほうはかなりキツい内容になってしまったけれど、友人から良い異性を紹介してもらえないのはその友人の考え方が原因があって、決してあなた自身にその原因があるとは限らない。

だけど、もしも最後のほうの項目で思い当たる節があるのなら、少しずつ変えてけるようにしたいね。

恋愛に向かってなんらかの形で努力している様子は、異性だけじゃなくて友人の目にも素敵に映るはず。「この人にならこの人がピッタリかもしれない」と思ってもらえるような毎日を過ごせられるようにしてみたらどうかな。




関連記事

  1. 【脱・非モテのすゝめ】好きな人は元カノに未練が…もう諦めるべき?…
  2. 【脱・非モテのすゝめ】愛情の有無は総合的な判断でわかるから
  3. 【脱・非モテのすゝめ】友人以上恋人未満…私から告白しても良い?
  4. 【脱・非モテのすゝめ】恋人は「好き」の感情の延長線上にあるからこ…
  5. 【脱・非モテのすゝめ】恋愛での失敗を何度も繰り返す人がはまる罠
  6. 【脱・非モテのすゝめ】恋人の存在が「頑張ろう」の原動力になるのが…
  7. 【脱・非モテのすゝめ】卑屈になってモテるのは例外中の例外だから
  8. 【脱・非モテのすゝめ】モテのためのメイクで周囲の目が気になる場合…
PAGE TOP