木南 きなこ

【脱・非モテのすゝめ】肝心なのは愛し方じゃなくて受け取り方

今回は「最近付き合い始めた相手と愛情表現に違いがあるようで、どうすればよいのかわからない」というお悩みをいただきました。愛情表現にはいろんな種類があるだろうけれど、それと同じように「愛情表現の受け止め方」にも人によっての違いがあるんじゃないかな。

 

◯質問:私は割と自分から積極的にスキンシップをするタイプです。誰彼にもスキンシップをするわけではなくて、当たり前からもしれませんが恋人にしかグイグイ行きません。しかし、最近付き合い始めた恋人がそういうグイグイとくるスキンシップが嫌いみたいで、私がそうしようとするとスッと避けます。私なりの愛情表現なのにも関わらずそれ否定されたようでショックです。恋人のことは好きですし付き合い続けていきたいと考えていますが、愛情表現の違いという壁に早くも立ち塞がられたようで困っています。どうすれば良いでしょうか?

 

  • 様々なかたちがある愛情表現だからこそ

愛情表現にはいろんな種類があると思う。言葉やスキンシップで伝えたり甘えたり、逆にそのような行動には移さないものの些細な動作で愛情を伝えることだってある。

あなたの場合は「積極的にスキンシップをする」っていうのが愛情表現なんだよね。私はあなたの愛情表現を否定しないけれど、恋人さんはその表現方法をどう受け止めているかっていうのが肝心な部分なんだよね。

付き合い始めたてだからこそグイグイくるあなたの愛情表現に照れくささを感じて、その照れ隠しとしてスキンシップを避けていることも考えられる。

ただ、それ以外の理由も十分に考えられるんだよね、あなたが「恋人にしか積極的にスキンシップを取らない」ってことを踏まえると。

だってほら、出会いから恋愛に至った途中には「強めのスキンシップ」をしなかったのなら、なおさら付き合い始めてからの変わりようにちょっとは驚いてるんじゃないかなとも思うし。

 

  • あなた自身の愛情表現が恋人さんに合っているかどうか

愛情表現には様々なかたちがあると思う。それこし多くの出会いや恋愛の数だけ愛情の表し方は違うんじゃないかな。

でもね、どんな愛情表現でどれだけ多くの愛情を伝えたとしても、受け手が相手の愛情表現の方法を「善し」としない限りうまく愛情が伝わらないんだよね。要は、自分自身の愛情表現の方法が相手に合っているかどうかが肝心になるんじゃないかなって。

恋人さんが照れ隠しとしてスキンシップを避けているのなら可愛い話だけれど、もしも仮に「スキンシップはやめて欲しい」「スキンシップをあまりしない人だと思っていたのに」と感じていたのなら……あなたの表現情報から愛情を感じるどころの話じゃないよね。

「嫌だと感じるスキンシップをやめてとは言えなさそうだし、避けるか我慢しないといけない」「スキンシップの程度を和らげて欲しい」「こんなにグイグイこられるのは得意じゃない」などなど、どんどん嫌な感情ばかりが相手さんの心の中に蓄積していくことも否定できなくなるから。

 

  • 相手の人の受け止め方を踏まえた愛情表現を

愛情表現はどういうかたちであれ、「自身の愛情を相手に伝える手段」としてはかなり大切だよ。やっぱり言ったり行動したりしなくちゃわからないだろうし。

でも、相手の人が何をどう受け止めるかもきちんと踏まえたコミュニケーション・愛情表現も心がけなきゃね。

愛情表現は互いの気持ちを確かめ合ったり安心したり、それに互いの愛情を伝えあうことで幸せな気持ちを膨らませていく素敵なものだと思うの。その愛情表現が原因で互いの気持ちがすれ違っていくのは残念じゃない?

だから、あなたと恋人さんとの間で「恋人さんはスキンシップが苦手なタイプなのか、そうじゃなくてただ単に照れ隠しで避けているだけなのか」を確認したり、「どういう愛情表現なら良いのか」を探したりしたいよね。

 

  • ただ愛情表現の方法と受け止め方に差があるだけだから

ただ気をつけてほしいのが、あなたの愛情表現が相手の人に合っていなかったとしても、それは「愛情表現の方法・受け止め方の相性が悪いだけの話。それ以上でも以下でもない」ってこと。

あなた自身や相手の人を否定するわけでもなければ、2人の関係が悪いわけでもない、たまたま愛情表現やその受け止め方にズレがあるって話なのよね。

だからあなた自身や恋人さんを責めたり否定したりはしないでほしいの。それをしちゃうと本当に互いの気持ちが離れていきかねなさそうだから。

 

  • 互いが満たされる愛情表現を見つけるために

深刻に考えずに「愛情表現の方法と受け止め方にズレがあるだけの話だから、それを擦り合わせていけば良い」ってポジティブになってみて。

「これが駄目ならこうしよう」「これが苦手そうだから別の方法で」とか模索したり、「これは大丈夫そうだから続けよう」と合っている方法を続けるようにしたり……そういうコミュニケーションの方法を探すことでさらに親密な関係に繋がることだってあるし。

あなたと恋人さんとの両方に合った愛情表現がすぐに見つかるかどうかはわからない。でも、相手の人もあなたも満たされるようなそんな愛情表現の方法をいつか見つけられると良いね。




関連記事

  1. 【脱・非モテのすゝめ】恋人との喧嘩を何とかしたい!どうすべき?
  2. 【脱・非モテのすゝめ】「察してほしい」は建前?隠された本音は何?…
  3. 【脱・非モテのすゝめ】浮気をされて別れても前向きでいて欲しい理由…
  4. 【脱・非モテのすゝめ】好きな人の趣味が理解できないのなら
  5. 【脱・非モテのすゝめ】恋人の条件で「気が合う」を重視するなら
  6. 【脱・非モテのすゝめ】一目惚れしやすいのは悪いことじゃない
  7. 【脱・非モテのすゝめ】本気で大切だからこそ出てくる台詞もある
  8. 【脱・非モテのすゝめ】シャイで恋愛で奥手になるのも魅力の1つ
PAGE TOP